ドラマ見逃し|35歳の少女の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2020年10月〜12月まで柴咲コウ主演で放送のドラマ「35歳の少女」

心は10歳、体は35歳。

ある少女が25年ぶりに目を覚ましたところから物語は始まります。

脚本は「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」などの話題作を出している、遊川和彦さんです。

ドラマ「35歳の少女」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluの無料期間を利用すると、ドラマ「35歳の少女」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「35歳の少女」の見逃し動画を無料視聴できる方法

ドラマ「35歳の少女」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluは通常月額1026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:hulu)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「35歳の少女」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「35歳の少女」に出演している柴咲コウの出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「35歳の少女」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「35歳の少女」の見逃し動画まとめ

ドラマ「35歳の少女」は、huluで全話無料視聴できます

(画像引用元:hulu)

huluは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話見逃し10月10日放送
「25年ぶりに帰ってきた娘は、35歳の子供だった…。」
1995年。不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女・望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な”今”を生きていた…。ただ一人、母親だけは娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」1話のネタバレ
新築の一軒家を購入したばかりの今村一家は、幸せに過ごしていました。

10歳の娘・望美は、両親に買い物を頼まれて元気に出かけます。

自転車に乗って坂道を走っていると、いきなり自転車ごと崖から飛ばされてしまいました。

実は、自転車のブレーキが故障していたのです。

それから月日は流れ、25年後…病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)は35歳になっていました。

彼女は自転車事故に遭ったあと、長い間眠り続けていたのです。母親である多恵(鈴木保奈美)は、ずっと娘の看病にあたっていました。

その結果、奇跡的に意識を取り戻します。けれども、望美は「現在」に戸惑いを隠せません。

明るく笑顔の多かった母親は、とても静かな人に変化しています。

自慢したくなるほど恰好よく見えていた父親・進次(田中哲司)は、冴えないおじさんです。

また、可愛いと愛でていた妹の愛美(橋本愛)は、ツンツンとした大人の女性になっていました。

中身は10歳のままである望美は、急激な変化に対応することができず、声を出すことができません。

しかしながら、身体は健康なので退院することが決定し、25年ぶりに家へと帰るのですが…。

ドラマ「35歳の少女」1話の感想
橋本愛さんが演じる刺々しい妹の役が、ぴったりだな~と思いました。橋本さんは不機嫌そうな人物を務めるのがとても似合っています。そして田中哲司さんがパッとしないお父さんと表現されていて、そうなのかな…?と思いました。今でも恰好良く見えますが、昔が本当にイケメンだったのかもしれません。鈴木保奈美さんは真顔でも笑顔でも、美人です。また、主役の柴咲コウさんは声を出せない状態を演じるのが上手だな~と思いました。柴咲さんの見た目で心が10歳になると、可愛いなと不謹慎にも感じてしまいました。しかし実際なってみると本人は大変ですよね…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話見逃し10月17日放送
「結人の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を現実受け入れようと決意した望美。しかし、家族はそれぞれに人生の行き詰まりを感じていて…。」
望美(柴咲コウ)は、元・初恋相手の結人(坂口健太郎)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したものの、変わり果てた世界にまだ馴染めない。眠っている間に生理が始まり大人の体になっていることにも改めてショックを受ける。多恵たえ(鈴木保奈美)は自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう望美を急かし、子供っぽい言動を諌める。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」2話のネタバレ
自転車事故の夢を見て望美(柴咲コウ)は目を覚まします。

するとシーツについた血を見て、生理と知らず死ぬと勘違いしてしまうのです。

そんな望美に対して、早く大人になるように多恵(鈴木保奈美)はあれしない、これしないと口うるさく叱ります。

そんな多恵と洋服を買いにデパートに行くと、望美の服や食事の好みも変わっていません。

一方、愛美(橋本愛)は元彼で上司の相沢(細田善彦)が後輩の藤子(大友花恋)と本気で交際していることに頭を抱えていました。

さらに進次(田中哲司)は再婚相手である加奈(富田靖子)の連れ子・達也(竜星涼)が、ブラック会社に勤めてから引きこもっていることに悩んでいたのです。

家族がそれぞれの場所で悩んでいて、そんな家族を見て望美が原因で家族が離れてしまったと思い心を痛めてしまいます。

そんな中、相沢の気持ちを取り戻したい愛美は結人(坂口健太郎)に頼んで、恋人のふりをしてほしいと依頼をしましたのです。

ドラマ「35歳の少女」2話の感想
それにしても柴咲コウの10歳の演技がわざとらしくなく、自然でかつ10歳に見える絶妙な演技で感動します。でも自分自身が25年眠っていて、目が覚めたら自分が原因で家族がバラバラになってると思うと心が痛みます。ラジカセの昔の音声聞いている時は本当なんか悲しくなりました。家族それぞれに悩みがあって、そこを望美のひたむきさでどうにかつながっていくのかな?そして愛美のの歪んだ恋愛感には確かにちょっと重たい…にしても、坂口健太郎のひげ似合い過ぎててカッコよ過ぎ!みんないい人だもんって純粋に信じる望美を見て、なんだか考えさせられました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話見逃し10月24日放送
「自分のせいで多恵が父や妹と衝突するのを悲しく思う望美。結人に助けを求めに行くと、偶然にも代行業を手伝うことになる…。」
望美(柴咲コウ)は、家族に成長宣言したため、努力するが、うまくいかない。昔から教えることが得意だった元教師の結人(坂口健太郎)に勉強を見て欲しいと思う望美。しかし、娘が結人と近づくことをよく思わない多恵(鈴木保奈美)は、学習塾に通わせようとするが、望美はついていけない。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」3話のネタバレ
望美は成長しようと勉強やできることを増やそうと頑張ります。

そこで多恵(鈴木保奈美)は塾に通わせるため、体験入学をさせます。

塾の先生から望美がいると他の子が落ち着いて勉強できないから、こないで欲しいと連絡が入りました。

望美のせいじゃない、「お母さんのせいよ」という母親に申し訳なさが募る一方だったのです。

そんな時、妹の愛美は元彼との鬱憤を晴らしたく、結人に愚痴聞き代行を依頼することになります。

仕事の契約が取れたのも自分のおかげなのに、お礼の一つもないことに怒りを募らせ、お酒を飲み過ぎてしまうのでした。

そして望美はやっぱり結人に勉強を教えてもらいたいと図書館に行きます。

すると次の仕事であるリア充代行のスタッフにキャンセルが出たとのことで、望美がいきたいというのでしょうがなく会場に連れていくことに。

するとお酒を飲み過ぎて、泥酔した望美を家に連れて帰ることになった結人は、娘を二日連続で同じことにしてしまったことを多恵に指摘されました。

その様子を見て、結人はたまらずもっと望美のことを知るように言い返します。

そして翌日、監視カメラをつけ望美の行動を監視し始めるのでした。

ドラマ「35歳の少女」3話の感想
母親のやってることが酷すぎる…でも自分の娘を大事に思うからこその愛情なのかなとか思いながら。でもここまで縛られてしまったら、逆効果すぎる。望美の真っ直ぐな、思ったことをすぐ口にするところ面白いな〜リア充代行のおじさんに「本当の友達じゃないから、写真は取らない」と言った時は笑えた。そして「こんな人ママじゃない!」って言ってしまったと結人に相談した時に、成長したいなら自分で考えろって言った言葉は先生っぽいなとか思ってしまった。最後の望美の手紙は感動したな〜
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話見逃し10月31日放送
「望美はなぜか多恵のことを鬱陶しく感じ始める。そんな心と体が噛み合わない望美を、新たなトラブルが待ち構えていた…。」
のぞみ(柴咲コウ)は、多恵たえ(鈴木保奈美)のことをなぜか鬱陶しく感じ始めていた。そんなこととはつゆ知らず、朝から望美の好物を用意して娘にベッタリする多恵だが……。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」4話のネタバレ
望美は少しずつ母親の多恵のことを面倒に、うっとうしく感じていた。

そんな気持ちでいることは知らず、朝から望美の好きなオムライスを振舞うなど、これまでできなかった娘との時間を楽しもうとしている。

一方、愛美(橋本愛)は泥酔して熱唱した動画が社内で出回ってしまい、プロジェクトから外されることに。

しかも、その動画を流したのが藤子(大友花恋)だということがわかった。

その頃、進次(田中哲司)はアナログ対応な営業にうんざりされ、早期退職を進められるのだった。

妻は、引きこもりの達也(竜星涼)のことで頭がいっぱいで、早期退職の件を相談できずにいた。

そんな中、望美は結人(坂口健太郎)が家庭教師にきてくれることを心待ちにしており、勉強がスムーズに進み中学生の内容に進むことができました。

そんな望美は現在の中学生の会話を聞いて、共感してしまう。

さらには自分の行動にいちいち口出ししてくる母親や、父親のどうしようもなく情けない姿に、これまで知らなかった”反抗期”特有のイライラを感じる望美。

そしてそれはトラブルへと繋がり、中学生に利用されていることに気づかず、タバコを買いに行かされ警察に連れていかれてしまう。

警察からの釈放には父親が来てくれた。

家に帰りたくない望美は、父親の家にいきたいとわがままを言って行くことに。

そこではニートの息子に怖がっているかっこ悪い父親を見てしまう。

翌日、中学生の友達から助けて欲しいと求められた望美は、母親の静止を振り切って助けに行くことにする。

友達はパパ活トラブルに巻き込まれていて、そこを守ろうとして今度は望美が連れていかれそうになってしまう。

すると、そこを命がけで守ろうとしたのは母親だった。

気まずい空気の中、望美はまだまだ素直になれずにいた。

そのまま思ってもない言葉をかけてしまう。そんな姿を見て泣き出す母親。

しかしその泣いた理由は悲しいからではなく、見ることができなかったかもしれない反抗期を見ることができた喜びを感じていたのだという。

その母親の気持ちが分かったとき、望美の反抗期は終わった。

翌日、結人が教師をやめた理由を望美は聞く。

初めて担任ができたクラスでいじめがあり、その生徒が自殺したことで自分自身を追い込んでいたことを明らかにする。

ドラマ「35歳の少女」4話の感想
家族それぞれに世代の悩みがあって、なんだか人間の弱いところが垣間見える。お母さんは、娘を大事にしているあまりの過保護。お父さんは、はっきりとしたことを家族に言えずもじもじしていて、職場からはアナログ人間扱いされる。姉は仕事はバリバリできるのに、恋愛にのめり込んで引っ張られる。それぞれに社会問題も含めながら、遊川さんの脚本って面白いなって思います。まっすぐで素直な望美がどれだけ人を動かすことができるのか、話の展開が楽しみです。一番面白かったのは、引きこもりニートにストレートにはっきり物を言うところ。視聴者の気持ちを代弁してる気がしました。まだニートさんとお話ししたいと言う望美に吹き出してしまいました。反抗期のシーンもよかったですね。見ることができなかったかもしれない、反抗期を見ることができた喜びって他の家族とは全然違う感じ方なんだろうな。トンボはまっすぐにしか飛ばない、その話もよかったですね〜。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話見逃し11月7日放送
「子供時代を懐かしく感じ始める望美。急速に大人びて来た思春期のような望美と結人の関係を、多恵は不安げに見守るが…。」
のぞみ(柴咲コウ)は子供時代の記憶を懐かしく感じ始めていた。多恵(鈴木保奈美)は、急速に大人びて来た思春期のような望美と、家庭教師の結人(坂口健太郎)の関係を不安げに見守るが……。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」5話のネタバレ
望美(柴咲コウ)は夢で見る子供の頃のことを懐かしく思う自分に気づき、少しずつ見た目の自分に近づいていると感じていました。

そんな様子を見て、多恵(鈴木保奈美)は結人(坂口健太郎)との関係が急速に大人びたものにならないか心配に思うのです。

一方愛美(橋本愛)は職場に不満を抱えつつ、困ったときだけ自分に頼ってくる元彼を見て思いを全く立ちきれず、結人へ恋人代行を頼んでは愚痴を聞いてもらっていました。

そんな愛美に結人は、グラフィックデザイナーを目指したらいいと優しい言葉をかけてくれ、嬉しくなってきてハグしてもらっているところを望美に見られてしまったのです。

そこから一緒に飲むことになった姉妹は、いいたいことを言い合っては喧嘩になってしまうのでした。

そして進次(田中哲司)は、加奈(富田靖子)が達也(竜星涼)に殴られていることに気づきました。

達也の誕生日に、整形費用100万円を渡すつもりだと言われ困惑してしまうのでした。

そんな中望美は、結人への気持ちが抑えきれず家族のみんなに付き合っていると「フライング交際宣言」をしては、みんな反対されます。

結人も結人で代行業を辞めない姿を見て、自分自身を誤魔化して生きて卑怯だと望美は言ってしまうのでした。

その言葉で頭にきた結人は、望美を押し倒しキスをしようとして、現実は違うと言い放ち部屋を後にします。

ドラマ「35歳の少女」5話の感想
少しずつ大人になってるって感じる演技、やっぱり柴咲コウってすごいな。だからって子供らしさも残しながら、喋り方の演技って難しいのにここまで演じられるのってすごいな。それにしても家族は家族でそれぞれに問題抱えすぎでしょ?まなちゃんも、お父さんもそれぞれに抱えすぎててなんか胸に刺さる。雄人君も少しずつ変わっている気がするし、でも現実は甘くないってところでちゃんと刺してくるのがこのドラマの面白いところ。ちゃんと現実も突きつけてくれるから、このドラマなんかスッと入ってくる気がするんだよね。非現実的な設定だけど、だから面白いのかな?ゆうと君に近づこうと頑張ってる望美が一番可愛いな。


結人くん代行業辞めれたね〜、望美の一生懸命なところがすごく響く回だったな。こんなにもたくさんの大人を動かせる望美の力って本当すごいな。望美のストレートな言葉、素直な言葉って本当大きいな。それに対して、ママか結人か選びなさいって言葉重たかったな。ママもいつかは変わってくれるのかな?母親の覚悟の大きさは確かに感じたけど。これからはそこが話の大きなポイントになるのかな?

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話見逃し11月14日放送
「多恵の元を離れ結人との「幼い同棲」を始める望美は、家族の幸せを心から願うあまり、思いがけない行動に出る…。」
望美のぞみ(柴咲コウ)は、初めて多恵たえ(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人ゆうと(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」6話のネタバレ
望美(柴咲コウ)はついに結人(坂口健太郎)とついに同棲を始め、結人は代行業をやめ、教師になろうと頑張り始めます。

望美は早くアナウンサーになりたいと言っていますが難しいとはなかなか言い出せない結人はスーツを買ってあげます。

一方仕事を辞めた愛美(橋本愛)は昔の夢であるグラフィックデザイナーを目指しますがトラブルなどが発生して難航してしまします。

また、酒のトラブルで会社を首になってしまった父の進次(田中哲司)は行き場を亡くし時岡家を訪問し、望美が結人と出て行ったことを知ります。

そんな時4人が集まり、多恵が4人で暮らそうと提案しますが望美が反発、家族はみんなアナウンサーになれないと言い切ってしまいます。

その時愛美が望美に「死んでくれればよかった」と言ってしまい、進次が頬を叩き、バラバラになってしまいます。

そして望美が行方不明に、結人は電話で「アナウンサーになれると思う?」と聴かれ難しいと思うと答えます。

望美はみんなのためを思ってしたことが 家族を苦しめていると泣きます。

ドラマ「35歳の少女」6話の感想
望美の心の成長がとても感じ取れていいのですが、経験が追い付いていない感じがします。やはり人生経験が足りていないのかなと思います。しかしそれは時間でしか解決できない問題で、すぐに直すことは難しい。そんな望美の状態に気付いて優しくしていた結人は本当に大人だし幸せになってほしいと心から思います。ただ、最後の絶対に君から離れないという台詞を聴いてしまうと、これから先何か大波乱がまっているのではないかと勘ぐってしまいますね。是非みんな幸せに終わってほしいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話見逃し11月21日放送
「喧嘩別れした家族が内心気になりつつも、結人のために生きようと決めた望美。望美は結人に両親に挨拶させてほしいと頼むが…。」
望美のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」7話のネタバレ
望美(柴咲コウ)は喧嘩してしまった家族のことを気にしつつも、これからは結人(坂口健太郎)と二人で生きようと決めます。

そこで望美が両親に挨拶させてほしいと頼むと、結人は家族とは縁を切ったと歯切れが悪そうな様子。

一方デザイナーの仕事が見つからない愛美(橋本愛)は相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)の結婚の話を聞いてしまい、自分のどうしようもない現状とあいまって暴れてしまいます。

また普通の人生を歩むために洋食屋でアルバイトを始めた望美に、多恵(鈴木保奈美)は「結人が望美の気持ちを受け止められなくなる」と心配をしていました。

その後、望美はバイト中、理不尽な要求をする客を叱ってしまい洋食屋をクビになってしまいます。

そんな時多恵の家に4人が集まり、多恵は家を売ると言い出します。

結人は自分の理想さえ無視すれば教師になれるというと、望美は夢を捨てるなと責めてしまいます。

そして望美は自分の為だけに生きていくと言い、荷物をまとめて出て行ってしまいます。

ドラマ「35歳の少女」7話の感想
望美が成長していくにつれ理想と現実がから回ってしまい周りも巻き込んで悪い方へ向かっている気がします。そしてその理想を結人に勝手に託してしまい勝手に幻滅しているように見え、だいぶ勝手やってるように見えてしまいます。みんな理想には届かないけどなんとか誤魔化しながら頑張っているんだということにはやく気付いて欲しいですね。やっと同棲が始まってうまくいくかなと思ってた矢先に破局!?って感じなのでなんとか思い直してほしいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話見逃し11月28日放送
「望美は家族と結人の前から姿を消し、連絡もつかない状態に。結人は手掛かりを求めて、愛美に連絡するが…。」
望美のぞみ(柴咲コウ)は家族と結人ゆうと(坂口健太郎)の前から姿を消し、連絡もつかない状態になっていた……。望美を探しながらも再び教師として働き始めた結人は、クラスで浮いている生徒の力になりたいものの、成績第一の教育方針に馴染めずにいた。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」8話のネタバレ
望美を探しつつまた教師として働き始めた結人(坂口健太郎)だったが、クラスで孤立している子に寄り添いたいと思うが、成績第一の教育方針とうまく折り合いがつかなくなっていました。

また望美(柴咲コウ)は、前に結人がやっていた恋人代行の仕事を始めており、またyoutubeで「時間を無駄にしている人は私に時間を売ってください」と話している動画のURLから進次(田中哲司)は行方不明の望美の居場所を突き止めて尋ねます。

一方今村家ではいまだに進次と加奈(富田靖子)の離婚危機が続いており、進次がカレーを作り一緒に食べようと誘いますがいまだに口をきいてくれません。

そんな時進次は望美のアドバイスで加奈に手紙を書き、本心をさらけ出します。

そして離婚届に署名すると、加奈は閉じこもっていた部屋から出てきて仲直りします。

よりを戻したい結人は忘れ物を届けに望美の元を訪れます。

結婚式を挙げた夢の話をすると望美は笑い、「さよならを言うために出会ったの」と言い放ちます。

その後望美のもとに多恵が訪れます。

しかし望美は「家族からはのけものにされるが、動画を見た人は自分に共感してくれる。母は自分のために頑張っただけ。これからは自分のためにだけ生きていく。」と言います。

すると多恵は「じゃあ一緒に死のう。こんな娘にするために看病していたわけでない、自分の生き方はまちがっていた。」と言い、望美を窓から突き落とそうとします。

その時ドスッと音がして・・・

ドラマ「35歳の少女」8話の感想
登場人物がたくさんいますが、全員が理想と現実の間で苦しんでいるんだなぁというのが顕著にわかる話だったかなと思います。また視聴者としても耳が痛くなるような話が多く生々しい人間関係を見ているようでした。ただそんな中でも結人が前向きに進みだしてくれたり、進次と加奈がついによりを戻したりと明るい展開も数個あって安心しました。望美と多恵が今後どうなるのかが気になりますが、二人とも前を向いて生きていけるようになればと心から思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話見逃し12月05日放送
「多恵が倒れたことに衝撃を受けつつも、愛美と進次に任せて病院を後にする望美。それぞれの歪んだ時計の針が動き始める…。」
望美のぞみ(柴咲コウ)は多恵たえ(鈴木保奈美)が倒れたことに衝撃を受けつつも心を閉ざしたまま、危険な状態の母を愛美まなみ(橋本愛)と進次しんじ(田中哲司)に任せて病院を後にする。(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」9話のネタバレ
多恵(鈴木保奈美)は、くも膜下出血と心不全を同時に引き起こし、植物状態になってしまいます。

愛美(橋本愛)と進次(田中哲司)は急いで駆けつけますが、望美(柴咲コウ)は冷ややかな態度を変えません。

「動画配信をするから」と言い残し、病院から出て行ってしまいます。

事態を知った結人(坂口健太郎)は、自分のせいだと落ち込みますが、「何があっても多恵はそうした」と進次に言われるのでした。

多恵の看病は愛美によって行われ、涙を流しながら「絶対に大丈夫だから」と、眠った母に語り掛けます。

今村家は、進次の爆発によって、達也(竜星涼)と加奈(富田靖子)が閉じた心を開くようになりました。

結人は自分の父親の死を知り、ラジカセを持って図書館に行きます。

そして、25年前の自分(鎌田英怜奈)の幻想に悩まされている望美に会い、「奇跡を起こすのはお前だろ!」と本心を告げるのです。

こうして心を取り戻した望美は、愛美と進次と一緒に、多恵の最後を見守ることができました…。

葬式後、家族3人ですき焼きパーティーを開き、全員が亡き多恵に想いを馳せます。

ドラマ「35歳の少女」9話の感想
このドラマの登場人物は皆「自分は今、何の為に生きているんだろう?」と日々苦悩し、他人に八つ当たりするような悲しい生活を送っている印象があります。しかし今話で起きた多恵の死をきっかけに、変化が訪れるのではないか?と思いました。死を通じて、というのが悲しいですが、近しい人が亡くなるとそれだけの影響を受けるのでしょう。愛美は強がりなので、9話目にしてやっと母への積もり積もった想いを聞けた気がします。悲しい回でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話見逃し12月12日放送
(引用元:日本テレビ公式サイト)

ドラマ「35歳の少女」10話のネタバレ
〜準備中〜
ドラマ「35歳の少女」10話の感想
〜準備中〜
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、huluなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「35歳の少女」の概要

1995年に不慮の事故に遭い長い眠りについた10歳の少女・今村望美。2020年に目覚めるものの、心は10歳だが体は35歳となり、すべてが変わった世界に戸惑いながらも生きていく成長物語。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「35歳の少女」の出演者、放送情報

今村望美:柴咲コウ
広瀬結人:坂口健太郎
時岡愛美:橋本愛
今村達也:竜星涼
相沢秀男:細田善彦
林田藤子:大友花恋
今村加奈:富田靖子
今村進次:田中哲司
時岡多恵:鈴木保奈美

制作:日本テレビ

放送:2020年

ドラマ「35歳の少女」の見どころ

ある自転車事故で女の子は寝たきりとなってしまい…家族はバラバラになってしまいます。

母親だけがその少女の奇跡を信じ、献身的に看病をしていると、25年の時を経て少女が目を覚ますのです。

心は10歳、体は35歳という難しい役柄を柴咲コウがどう演じるのか見ものです。

また25年という歳月はそれぞれの登場人物にも、変化がありました。

これまでに斬新な視点から私たちにメッセージを送り続けている遊川和彦先生は、なにを伝えたいのか?

この少女、この家族の結末はどのように展開されるのか?

きっと現代の私たちは考えさせられる、そんなドラマになること間違いなしです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「35歳の少女」の感想

40代男性
遊川和彦さん、なんて面白い設定で社会問題に切り込んでいくのか楽しみですね!しかもめちゃめちゃ久々の柴咲コウさんの主演。これは実力派女優さんなだけに、さらに期待が高まります。その脇を固める俳優陣も、坂口健太郎さん始めベテラン俳優の名がずらっと。これは家族揃って見たくなるドラマになるのかなと期待しています。
20代女性
坂口健太郎さんが、デコ出し&口ヒゲの大人の男の色気全開で出演している!色白であどけない俳優さんだったところから、もう大人の演技まで…このドラマ見逃せないですね!それにしても35歳の高校生とか、35歳の少女とか何故、35歳なんだろう。ドラマをよく見てる世代なのかな?
50代男性
柴咲コウさん、全然年を取らないですね!なんか久々のドラマ主演な気がしますが、以前と変わらぬ美貌で今回の「35歳の少女」というドラマが楽しみでなりません。設定は遊川先生だからこそ、さすがだな〜と思いながら…それにしてもどんなラストが待ち受けるのか?この家族は元に戻れるのか?初恋だった恋の行方は?気になることがたくさんで、早く1話をみたいです!!
20代女性
ママもパパもまなちゃんも悪くないから!みんないい人だから!純粋に笑う望美に感動する。こんなに真っ直ぐに、そして素直に…少しずつ結人君との関係も変わってきて、家族の繋がりも変わってきて、本当の意味で家族ってなんだろうと考えさせられるドラマです。何より柴咲コウさんの、10歳の演技が素晴らしくて違和感なくて女優さんってすごいな〜って思いました、。2話の豆腐をみんなで食べるシーンは感動しました。
30代女性
ちょっとずつ、望美に引かれていってるような結人を見てると、なんか過保護のカホコの時の二人を見てるみたい。最後はこの二人がくっつくんだろうな〜とか思うけど、望美がどこまで成長するかとかも楽しみだな!望美の真っ直ぐな意見とか聞くと心が痛い。大人になるってなんなんだろう?ってことも考えさせられるな。

まとめ

以上、柴咲コウ主演のドラマ「35歳の少女」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

一度はバラバラになってしまった家族。

果たして望美はこの現実を受け入れ、この家族の過ぎた時間を取り戻す事ができるのでしょうか?

huluで35歳の少女の動画は全話無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴