ドラマ|あいくるしいの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2005年4月〜6月まで市原隼人主演で放送のドラマ「あいくるしい」

ドラマ「あいくるしい」は、家族の絆を描いた本格派ホームヒューマンドラマ。

ごく普通の7人家族が、お互いを思いやり成長していく姿を描いています!

ドラマ「あいくるしい」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「あいくるしい」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「あいくるしい」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「あいくるしい」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「あいくるしい」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「あいくるしい」と同じ家族愛が描かれたヒューマンドラマ

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「あいくるしい」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「あいくるしい」の動画まとめ

ドラマ「あいくるしい」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「はじめて流した涙」
でも自然が残る山間の町に暮らす真柴家の7人家族。父・徹生(竹中直人)、長女・みちる(綾瀬はるか)、長男・豪(市原隼人)、次男・幌(神木隆之介)、次女・唄(松本梨菜)、母・由美(原田美枝子)、そして、祖父・明示(杉浦直樹)。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」1話のネタバレ
今でも自然が多く残る山々に囲まれた町に暮らす真柴家は、父・徹生(竹中直人)、長女・みちる(綾瀬はるか)、長男・豪(市原隼人)、次男・幌(神木隆之介)、次女・唄(松本梨奈)、母・由美(原田三枝子)、祖父・明示(杉浦直樹)の7人家族。

ある日、母・由美が体調を崩し入院することとなった。入院することになった母に代わり、真柴家では、家事はみちるが行い、豪は由美の入院費を稼ぐためにアルバイトに励むことに。

6人は由美がいなくなったことに苦労しながらも、力を合わせて仲良く暮らしていた。

しかし、突然入院するはずの由美が家に帰ってくる。突然の由美の帰宅に子供たちは大喜びするが、由美の帰宅を知った徹生は、血相を変えて由美を病院に連れ戻す。

それは由美の病状は外出が許されないまでに悪化していたためであった。

由美の病状を知った子供たちは落ち込み・・・。

ドラマ「あいくるしい」1話の感想
田舎町に住む家族の温かい絆を感じるお話。見ているこっちも温かい気持ちになる。涙あり、笑いありでとても良い話だった。登場人物みんながほっこりするような人物像で、心が洗われる気がします。特に神木くん!神木君の幼少期がとっても可愛い。メインのキャスト以外の人物やナレーションも全て温かくて素敵。最近ではなくなった近所づきあいもいいなあと思った。さらに、マイケルジャクソンの曲もぴったり。頭にメロディーが残ってます。忘れがちな家族同士の思いやり、家族の大切さを感じることができるお話でした!またぜひともみたいです!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「炎の兄弟愛」
(市原隼人)がアルバイト先で出会った少女・奈々(志保)は、何かと豪に付きまとう。そして、「1日で大金が入るバイトがある」と言って、ある頼みごとをする。生意気な奈々にムッとしていた豪だったが、…。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」2話のネタバレ
奈々(志保)は豪(市原隼人)のアルバイト先で出会った少女である。

なにかと豪に付いてまわる奈々。

豪はある時「大金を1日だけで稼げる仕事がある」と、奈々から頼み事を持ちかけられる。

豪は奈々の態度に憤りを感じていたが、自身の家族について泣きながら話す奈々の姿に心を動かされて、その頼み事を引き受けることを決めた。

みちる(綾瀬はるか)は、お見舞いのために由美(原田美枝子)が連れ戻された病院へ行き、そこで病院のインターンをする淳一(小栗旬)に出会い、母の病状について話を聞こうとする。

はっきりと病状を言わないままで淳一はみちるのことを励まそうとするが、淳一と同じインターン生である政希(田中幸太朗)にたまたま出くわし、政希から由美が助からないということ聞いてしまったみちるはショックを受けて逃げ出してしまう。

ドラマ「あいくるしい」2話の感想
登場人物が多く、演じるのも有名な役者さんばかりで豪華だなという印象を受けました。家族それぞれにストーリーがあり、一つの家族ながらも色々な愛があって人生は十人十色で各々にドラマがあることを感じました。特に神木隆之介くんは子役時代のものですが、相変わらずさすがだなと感嘆するばかりです。お母さんが早々に亡くなってしまい展開が早いなと感じましたが、そのお母さんが亡くなってしまうあたりの展開には涙せずにいられませんでした。特にお父さんの姿に心が揺さぶられました。終わり方もきれいで良いホームドラマであると感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「母親の命の言葉」
由美(原田美枝子)の病気が心配な豪(市原隼人)は、由美の病気を治せる医者を探すため上京。病院を訪ね歩く豪だったが・・・。>一方、幌(神木隆之介)は、転校生の愁(本郷奏多)に、友達になるための条件をつきつけられる。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」3話のネタバレ
由美(原田美枝子)の病気を治せる医者を探すため、豪(市原隼人)は東京の病院を巡ることを決意し、上京した。

勝手についてきた奈々(志保)と病院を回る日々を過ごすが、なかなかいい返事をもらえずにいた。

一方その頃、幌(神木隆之介)は転校してきた愁(本郷奏多)に友達になろうと彼にしつこく言い寄る。

それにうんざりとした愁はある山の頂上に生息する蝶を捕まえてきたらなってもいい、と条件を言い渡した。

幌はそれを受け入れ、妹の唄(松本梨菜)を引きつれ山に向かう。

しかし山に登るにつれて天候が悪化し、唄はしゃがんで立ち止まってしまう。

そんな妹を置いて幌は山を登り続けたが、ついに幌は足を滑らせて数メートルの崖を転落してしまう。

「お母さん」とつぶやき、幌はうずくまってしまうのだった。

その頃、愁の友達になる条件について知ったみちる(綾瀬はるか)は愁の元へ向かうのだった。

ドラマ「あいくるしい」3話の感想
歌うことが多い家族だな、と思っていましたが最初のナレーションで歌う理由が明らかにされました。少しでも気分を明るくするために歌っていたのですね。自分たちで少しでも鼓舞して由美の病気に立ち向かおうとしている彼らの姿が少し痛々しく、少しでもいい方向にいけばいいと願わずにはいられませんでした。しかし、それは無慈悲な現実に打ちのめされてしまいました。まさか、由美の主治医が日本で一番だったとは。治療のために海外にいくのも視野にいれていくのでしょうか。絶望的な大人たちとは対照的に子ども達は前を向いて進もうという姿が描かれていたのかなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「妻が夫に愛される理由〜その時子供達は泣いた」
「生きるために子供たちのいる家に戻る」と言って由美(原田美枝子)が病院から戻ってきた。そして、由美はみちる(綾瀬はるか)が大学に合格したことを家族みんなに告げる。由美の病気もあり、大学進学を諦めていたみちるは戸惑いを隠せない。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」4話のネタバレ
自宅療養に切り替えた由美(原田美枝子)が家に戻ってきた。

病状の深刻さを知っている豪(市原隼人)は複雑な心中だったが、「生きるために帰ってきた」という明示(杉浦直樹)の言葉を聞き入れるのだった。

久々の家族団らんの中、みちる(綾瀬はるか)が大学に合格したことを由美が家族に告げた。

家族の状況から進学を半ば諦めていたみちるは由美の言葉に困惑するが、由美は「家族のことを心配せず進学して」と言い、彼女の東京行きが決まったのだった。

一方その頃、聖子(後藤果萌)は母親が浮気しているのではないかと疑い、そのことを幌(神木隆之介)達「虹色の戦士」の面々に相談した。

聖子の母親の浮気現場を押さえようと、戦士の子ども達は尾行を開始したのだった。

また豪(市原隼人)はガソリンスタンドでバイト中、不審なワンボックスカーに遭遇する。

その中に乗っていた少女がした手話らしき仕草が気になり、手話のわかるみちるに連絡をとるのだった。

ドラマ「あいくるしい」4話の感想
今回のテーマが「浮気」らしいのですが、子ども達にはまだ早い話題なのではと思いながら見ていました。子ども達なりに懸命に尾行しつつ、置いていかれている姿は笑ってはいけないけれどちょっと微笑ましかったです。しかし、聖子は結局別の方法で母親の浮気相手にたどり着き、かつ相手に「君のママが誘ってきた」と言われてしまう無情な展開になってしまいました。そしてお父さんも浮気を疑っていたんですね。やりきれないなと思いつつも、それもまた家族なんですよね。このドラマは家族のそれぞれの立場の考えや行動を明確に描いてくれるので、自分だったらと考える時間が増えました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「家族最期の思い出〜僕達は母さんから生まれた」
由美(原田美枝子)は、子供たちと徹生(竹中直人)を見守って欲しいと義父・明示(杉浦直樹)に遺言を託すかのように頼む。村祭りの日、豪(市原隼人)は元ボクサーの竜一(萩原聖人)にボクシングを教えて欲しいと頼み込む。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」5話のネタバレ
由美(原田美枝子)は最後の時間で子ども達に沢山愛を伝えようと、子ども達と話す時間を個々に作っていた。

それと同時に、義父・明示(杉浦直樹)に子ども達の今後について相談するのだった。

幌(神木隆之介)は一見、元気にふるまう母親が実はかなり無理をしていることに気が付き、母が心配で村祭りに行くことも拒否した。

そんな幌の様子に気が付いた由美は、病魔に蝕まれた体に鞭をうって浴衣を着て幌を祭りに誘うのだった。

村祭りの会場では豪(市原隼人)が竜一(萩原聖人)にボクシングを教えてほしいと頼み込んでいた。

気がのらない竜一は豪を挑発して喧嘩を吹っ掛けるが、そこに現れたほのか(沢尻エリカ)を怪我させてしまうのだった。

一方その頃、幌と唄(松本梨菜)と祭りを楽しんだ由美は帰宅し、唄を寝かしつけた。

寝息を立てる唄に「ごめんね」と謝りながら、由美は静かに目を閉じた。

そんな母を起こしにきた幌は、由美が息を引き取ったことに気が付き、その場に立ち尽くすのだった。

ドラマ「あいくるしい」5話の感想
由美、まさか、と声が出ず涙がこぼれました。話の冒頭から、子ども達を抱きしめ、諭し、幸せそうに微笑む由美と子どもたちの姿をみて「この時間がこのまま止まればいいのに」と何度も思いました。しかし、このドラマは「現実は無情」というのを伝えようとしているのか、そんな優しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。由美はかなり無理していたんですよね。そしてそれを知ってしまった幌。キッチンで苦しそうにしている由美の姿を見た幌はどんな気持ちだったか想像するだけで私も苦しくなってしまいました。そしてそんな由美を看取ることになってしまったのも幌でした。ただただ幌の心が心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「さよならのバトン」
祭りの夜、唄(松本梨菜)を寝かしつけていた由美(原田美枝子)は、そのまま静かに息を引き取った。あまりにも突然すぎる由美の死に、呆然とする真柴家の子供たち。 そして、徹夫(竹中直人)は姿を消してしまう。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」6話のネタバレ
祭りの夜、由美(原田美枝子)が亡くなった。

幌(神木隆之介)が最後を看取り、その後真柴家の人々にその訃報が伝わった。

あまりにも突然の出来事に受け入れられない面々だったが、とくに夫であった徹夫(竹中直人)はショックのあまり家に入ることができなくなってしまった。

さらに家の屋根に登って呆然とし続けるのだった。

一方、そんな父に代わって通夜をしきるのはみちる(綾瀬はるか)だった。

妹の唄(松本梨菜)には「バトンの受け渡しをしたんだ」と母の死を伝え、通夜に訪れた客の相手をし忙しなく働いた。

気丈にふるまい、涙もみせない彼女の姿に豪(市原隼人)は「悲しんでないのか」とやり場のない自分の悲しみをぶつけてしまうのだった。

その頃、通夜に姿を見せない徹夫の元に幌が訪れ、生前に由美が好きだった歌を演奏して由美を送ろうと提案するのだった。

ドラマ「あいくるしい」6話の感想
前回の話から、今回はどうなるんだろうと思っていましたが想像以上に真柴家の面々がショックを受けていて、観ている私もショックを受けてしまいました。明示や徹夫はある程度覚悟していたと思っていたんですが、どうやらそれでも大切な人が突然いなくなることは耐えがたい試練となって襲ってきたようでした。そんな中、一人で堂々と母親の代わりを務めるみちるの姿に「姉としての強さ」のようなものを感じました。ただ、彼女のように気丈にふるまっている間は大丈夫でも、落ち着いたころに母の死に直面して心がボロボロになってしまわないか心配です。真柴家の面々ならきっと大丈夫と信じたいですが、どうなっていくのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「家族のチーム力」
父親として必死に頑張る徹生(竹中直人)を見て、みちる(綾瀬はるか)や豪(市原隼人)たちも心を動かされる。そんな中、大伴(塚地武雅)の告げ口から、男とコソコソ付き合っていると徹生に怒鳴られたみちるは、紹介できない正直な気持ちを告げる。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」7話のネタバレ
一人欠けた真柴家はどこか暗いものの、どうにか明るく楽しく振舞おうと徹生(竹中直人)をはじめ、それぞれ前を向いて生きようとしていた。

ある日、幌(神木隆之介)は紺色のビー玉を落としてしまう。

それを拾ったのは、クラスの乱暴者の章司(中屋力)だった。

帰してという幌に対し、返さないどころか他のメンバーのビー玉すら奪おうとする。

章司の様子から何か事情があるのではと考えた戦士たちは彼に尋ねると、母親の手術が近いことがわかる。

幌たちは章司のためにビー玉に願いを込めて彼に貸すのだった。

一方その頃、大伴(塚地武雅)の言葉によってみちる(綾瀬はるか)と矢口(小栗旬)が付き合っていることが徹生に露呈する。

親にも言えずこそこそ付き合うなんてとみちるを非難する徹生だったが、みちるは「紹介できない」と正直な気持ちをこぼすのだった。

しかし矢口は違い、自分の父親にみちると会ってほしいと告げていたのであった。

ドラマ「あいくるしい」7話の感想
少しづつ日常に戻ってきた真柴家ですが、やはりどこか暗さが残りますね。それだけ由美の存在がこの家には必要だったんだなと思いました。彼女からバトンを受け継いだみちるは由美とはまた違った形で真柴家を照らしていくのでしょうか。しかしそんな彼女も一人のうら若き乙女です。矢口の存在が父親に露呈すると、「紹介しにくい」というのです。お母さんはともかく、お父さんって何かと恋人の存在を紹介しにくいんですよね。あれは何なのでしょうか。真柴家も例外ではなかったようです。これからこの二人の関係はどうなっていくんでしょうか。そして虹色の戦士も思いがけない形でメンバーが増えましたね。この子たちにはその優しさをもったままで成長してほしいものです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「恋におちる家族」
徹生(竹中直人)は、ふらりと入ったドライブインの定食屋で、1人の女性店員を見て驚く。店員・園子(原田美枝子)は由美に生き写しだった。 その頃、みちる(綾瀬はるか)は、付き合い始めた淳一(小栗旬)のマンションで女性と鉢合わせしてしまう。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」8話のネタバレ
偶然入った定食屋で、亡き妻・由美(原田美枝子)にそっくりな女性店員・園子(原田美枝子)を見つけてしまった徹生(竹中直人)。

妻の面影を追って定食屋に通い詰め、ストーカー扱いを受けてしまう。

そんな時、みちる(綾瀬はるか)は矢口(小栗旬)に父親の決めた婚約者とマンションの入り口で鉢合わせてしまう。
それがきっかけとなり、みちるは失恋のショックを受けてしまう。

姉の失恋に、そして矢口の行動に怒りを覚えた豪(市原隼人)は矢口を問い詰めようとするが、どこか冷静な徹生がそれを諫めるのだった。

一方その頃、幌は不登校の女子生徒へ手紙を届けに向かっていた。

「白馬の王子様を待っている」といい学校へこない未来(大後寿々花)を楽しませようと、幌は白馬の王子の格好をして「学校へいこう」というのだった。

幌の行動に笑みを浮かべる未来だったが、学校への誘いには首を横に振るだけだった。

ドラマ「あいくるしい」8話の感想
まさかの由美にそっくりさんがこんなタイミングで登場するとは思わず、原田さん演じる園子が登場したときに「うそ!?」と声をあげてしまいました。そしてそんな園子に亡き妻の面影を追いかけて通い詰めてしまう徹生ですが、気持ちはわかってしまう分、彼を責めるのはできないですよね。唄ちゃんもお母さんと思ってしまっている節ありますし、どうなるのでしょうか。そして幌が甘酸っぱい初恋モードになっている間に戦士のメンバーは色々おきていました。愁は「怪物」と恐れてる人がきたり、聖子は両親が離婚したり、まさかこの一話にこんなに詰め込まれるとはおもっていなかったので目が離せない回でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「家族の崩壊」
徹生(竹中直人)に連れられ定食屋へ行った唄(松本梨菜)は、由美にそっくりの顔をした園子(原田美枝子)を見て本当の母親と勘違いしてしまう。そんな唄と徹生の様子がおかしいと感じていたみちる(綾瀬はるか)は…。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」9話のネタバレ
亡き由美(原田美枝子)にそっくりな店員・園子(原田美枝子)を母親と勘違いする唄(松本梨菜)、そしてそのまま足しげく通う徹生(竹中直人)。

二人の様子を怪しんだみちる(綾瀬はるか)は園子の存在を知り、激怒する。

徹生に二度と会わないように責め、母親と勘違いしている唄にもみちるは厳しく責めてしまう。

徹生はそれに逆切れし、唄は家出をしてしまい、状況を知らない豪(市原隼人)はみちるを慰めようとするが見当違いなことを言ってしまい、みちるを泣かせてしまう。

家出した唄は園子の元にいることがわかり、何もしらない豪が迎えにいった。

そして園子を知り、呆然と立ち尽くしてしまうのだった。

一方その頃、幌(神木隆之助)は初めての恋に浮かれ、相手である未来(大後寿々花)に赤い靴をプレゼントした。

車椅子での生活を余儀なくされていた彼女はそのプレゼントに対し「何もわかってない」と怒りを露わにするのだった。

ドラマ「あいくるしい」9話の感想
真柴家の中でも由美の死に対する向き合い方が二パターンにわかれていたんだなと思いました。徹生や唄のように諦めきれず、園子の中に由美の影を追ってしまうもの、方やみちるや豪、幌のように由美がいない世界に向き合って前を向いている者。後者のほうが正しいとは思います、けれど最愛の人を失った徹生や幼い唄にとってはそれは難しいことですよね。みちるの怒りはわかるし、二人の気持ちがわかるからこそつらかっただろうなと思います。仕方ないんですが、みちるがそういう役割を積極的に負わなければいけないのが真柴家の現状なんでしょう。そして初恋に浮かれる幌ですが、なかなか酷なことをしましたね。このまま未来との関係は終わってしまうのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「愛してるのサイン」
由美に生き写しの園子(原田美枝子)の出現で、真柴家はギクシャクしはじめた。雰囲気を察した豪(市原隼人)は、この状態を何とかするため家族会議を開くことを提案する。そして、園子にも家族会議に出て欲しいと頼み込む。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」10話のネタバレ
園子(原田美枝子)が現れたことにより、真柴家はバラバラになりつつあった。

このままではいけないと考えた豪(市原隼人)は家族会議を開くことを提案する。

そして家族には内緒で園子にも家族会議に来てくれるように頼み、ある作戦を実行しようとするのだった。

一方その頃、みちる(綾瀬はるか)は淳一(小栗旬)と会って婚約者と別れて留学することを告げられていた。

淳一の言葉を呑み込めないみちるだったが、そんな二人の会話を遮るように淳一の携帯に聖子(後藤果萌)の父親・原沢(浅野和之)が自殺を図った連絡がはいる。

その後、豪が間に入って家族会議が始まると家族はそれぞれ思いの丈を話した。

その矢先、真柴家に園子が訪れる。

園子の登場に戸惑う面々だったが、たばこを吸って悪態をつく彼女の様子に怒りを覚えて園子を追い出してしまう。
追い出された園子を追い、豪も家を出るのだった。

ドラマ「あいくるしい」10話の感想
豪が思った以上に切れ者で驚きました。作戦とか立てるの苦手なタイプかと思いきや、真柴家の平穏を取り戻すためにがっつり計画をたててきましたね。成功したのは園子のおかげですが、こんな悪役買ってでてくれるなんて、園子さんってとってもいい人ですよね。彼女なにも関係ないのに。ただ由美に顔が似ていただけってだけで。でもそれだけ真柴家の状態は見ていられなかったのでしょう。そしてこの家族会議で幌だけのけ者状態になってしまいましたが、幌くんは初恋の相手・未来ちゃんのことで頭がいっぱいの様子でした。それにしても謎をとくってどうするのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「なみだのバトン」
家族の絆を取り戻したい真柴家は、由美(原田美枝子)の墓の前で誓いを立て、それぞれの行動にでる。中川(萩原聖人)からボクシングを教わっていた豪(市原隼人)は、同じ高校生とスパーリングをする事に。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」11話のネタバレ
園子(原田美枝子)の熱演により、家族の絆を取り戻した真柴家は由美(原田美枝子)の墓前でそれぞれ誓いを立てた。

豪(市原隼人)はボクシングにせいを出し、幌(神木隆之介)は思いを寄せる未来(大後寿々花)から出された謎をとくため戦士たちと奔走する。

未来のなぞなぞが星座に準えたものと気が付いた幌は、未来が本当は「みき」という名であり歩けないのではなく歩かない理由を知った。

彼女の辛い過去に自分を重ね、未来の心に寄り添うことによって彼女を励ますのだった。
こうして虹色の戦士は7人になった。

しかし、メンバーの人一人である聖子(後藤果萌)が街を出る日がすぐそこに迫っていたのだった。

一方、みちる(綾瀬はるか)は園子の元へと向かい、騒動について謝罪し徹生(竹中直人)にまた会って欲しいと頼むのだった。

園子はその頼みを快く引き受け、微笑むのだった。

真柴家の人々はそれぞれの道を開きつつ、家族として新たな一歩を踏み出したのだった。

ドラマ「あいくるしい」11話の感想
終わってしまった、さみしいな、と思うドラマでした。もっと続いてほしいような、ここで終わってほっとしたような、不思議な気持ちです。いろんなことがあった真柴家の人々ですが、一貫して明示さんは穏やかでみんなを支えていたなと思いました。こんな人になれればと思いました。この作品に出てきた登場人物たち全員に言えることですが、みんなそれぞれ痛みを抱えつつも、人に優しくあろうと懸命に生きているんですよね。一所懸命生きて、辛いことがあってを止めてしまうことがあっても明日がまたやってくるのです。「人と生きる」ことを丁寧に優しく描かれたドラマでした。みれてよかったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「あいくるしい」の概要

でも自然が残る山間の町に暮らす真柴家の7人家族。父・徹生(竹中直人)、長女・みちる(綾瀬はるか)、長男・豪(市原隼人)、次男・幌(神木隆之介)、次女・唄(松本梨菜)、母・由美(原田美枝子)、そして、祖父・明示(杉浦直樹)。(引用元:Paravi)

ドラマ「あいくるしい」の出演者、放送情報

真柴 豪:市原隼人
真柴 みちる:綾瀬はるか
真柴 幌:神木隆之介
真柴 唄:松本梨菜
真柴 由美:原田美枝子
真柴 徹生:竹中直人
真柴 明示:杉浦直樹

主題歌:Michael Jackson 「ベンのテーマ」

制作:TBS

放送:2005年

ドラマ「あいくるしい」の見どころ

ドラマ「あいくるしい」は、家族の絆をストレートに描いたヒューマンホームドラマ。

8年ぶりに脚本家・野島伸司が家族愛をテーマに手掛けた作品となります。

山間の田舎町に生活する家族の思いを丁寧に描いた作品。

主演は、幅広い年齢層から人気のある市原隼人。

周りを取り囲む豪華俳優陣も作品を盛り上げています。

天文台の管理人をしている祖父が説く、人生のアドバイスの一言一言にも注目ですよ。

母親が入院したことで、家族が団結し力を合わせて生きていく様子が見どころ。

さらに陰で支えてくれる友達によって成長していく姿を丁寧に描いていくストーリーとなっています。

感動間違いなしの作品、おすすめです!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「あいくるしい」の感想

30代男性
家族で見ていた懐かしいドラマです。大人になっても大活躍の神木龍之介くんですが、小さい頃は本当に天使です。メンバーが豪華でびっくりですよ!!お勧めです。兎に角 神木くん 本郷くん 武井くんとその筋の方々には有名な子役さんの共演!涙涙の連続で自分があいくるしいの世界の住人みたいに思えてしまいました。隆之介くんは、「大人にしたくない子役」の一人です。
30代女性
「自分も真柴家の家族だったら、毎日が楽しいだろうなぁ・・・。」と思ってみてました。野島伸司という人は、子供や青年の純粋で残酷で、不安定な心理描写がうまい脚本家だと思っていたら、それだけではありませんでした。このドラマでは、家族愛、夫婦愛、色々な人間愛がちりばめられています。特に印象的だったのが、おじいちゃんと、涙が出ないのが悩みだという幌との会話。その台詞と、幌役の神木隆之介くんの笑顔がたまらないですね。
40代男性
すごくいい言葉がたくさんあって感動しました。キャストも豪華です。とくに神木隆之介くんの演技はすばらしかった!幌を演じていて悩んでいるシーンや喜んでいるシーンなど、どれもあいくるしかったです。すごく幌に合っていました。おすすめの作品です。このドラマは、劇的な展開よりも、全体的に淡々とした、でも決して無機質にならない、ただ ほのぼのしているのでもない、凛とした愛みたいなもので覆われていると思います。

まとめ

以上、市原隼人主演のドラマ「あいくるしい」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

大家族が織りなす家族愛を描いたドラマ「あいくるしい」。

心温まるストーリーや涙が止まらない感動のストーリーなど、見応えのある作品となっています!

あいくるしいの動画はParaviで全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴