ドラマ|小さな巨人の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2017年4月〜6月まで長谷川博己主演で放送のドラマ「小さな巨人」

ドラマ「小さな巨人」は、警視庁対所轄を描いた警察エンターテインメントドラマ!

警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを克明に描いた作品となっています。

ドラマ「小さな巨人」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「小さな巨人」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「小さな巨人」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「小さな巨人」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「小さな巨人」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「小さな巨人」に出演している主演・長谷川博己の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「小さな巨人」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「小さな巨人」の動画まとめ

ドラマ「小さな巨人」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「新警察ヒーロー誕生 敵は味方のフリをする 裏切り上司を倒せ!!」
将来を有望視されている警視庁捜査一課強行班1係長の香坂。ある日、飲酒状態での取り調べが原因で、所轄への異動を命じられてしまう。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」1話のネタバレ
警視庁捜査一課強行班1係長、香坂(長谷川博己)は今年に入り、もう三度の事件解決をしていた。

署長の三笠(春風亭昇太)と祝勝会をしているところへ、現捜査一課長・小野田(香川照之)がやって来た。

三笠と小野田は捜査についての理論が異なるものの、どちらも香坂のことは評価している。

高坂は会食後、中田隆一の取り調べの際に隆一の車に傷をつけてしまった。

そして翌日、ニュースサイトの大手であるゴーンバンクに、昨夜の香坂の一件が記事になってしまった。

香坂は監察官の柳沢(手塚とおる)に問いただされ黙秘するもの飲酒の件が明かになり、警察への信頼を失墜させたとして所轄への異動が言い渡される。

そんなところへ、ゴーンバンク社の社長である中田和正(桂文枝)の誘拐事件が起こり、身代金が要求された。

高坂は所轄での捜査が今までとは異なることに戸惑ってしまう。

高坂の手元には、所轄刑事しか残されていなかった。

彼はこのピンチを乗り切り、捜査一課に戻ることは出来るのか?!

ドラマ「小さな巨人」1話の感想
警察内でも、派閥や権力争いはあると思います。そして三笠と小野田のように、捜査に対する考え方が違うこともあるでしょう。今回の香坂の起こしたことは、所轄へとばされるほどの事だったのか?と思います。大手のニュースサイトに記事が掲載されたことは、運が悪かったとしか言いようがありません。それにしても、そのニュースサイトがゴーンバンクで、誘拐された社長がIT企業のゴーンバンク社というのは、何かつながりがあるのでしょうか?捜査一課での事件解決のように上手く事を進めるのは、所轄では難しそうです。香坂にとっては不利な状況です。さぁ、どんな手を使うのか見ものです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「15分拡大スペシャル所轄と警視庁の戦い!!敵の敵は味方か!?」
中田和正誘拐事件にはまだ裏があると感じた香坂。渡部と共に風見京子の自殺を調べるが、新たな情報は得られないでいた。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」2話のネタバレ
香坂は所轄の刑事として、捜査一課長の小野田(香川照之)と戦うことを決意、宣言した。

そして、ゴーンバンク社社長の中田和正(桂文枝)が誘拐された事件には、まだ何か明らかになっていないことがあると考えた。

香坂は渡部(安田顕)と共に、風見京子(富永沙織)の自殺について調べをすすめるために、現場のビルに向かった。

そのビルは、ナカタエレクトロニクスのものだった。

そしてその会社は京子の元交際相手である、中田の息子の隆一(加藤晴彦)が経営していた。

また、ビルに設置された防犯カメラは、ゴーンバンク社の新開発カメラだった。

香坂は、ビルの防犯管理担当の菜穂(吉田羊)から話を聞き新たな情報をつかもうとするが、収穫を得ることはできなかった。

その後、小野田からの命令でタッグを組んでいる山田(岡田将生)に、ある頼み事をする。

ドラマ「小さな巨人」2話の感想
香坂の所轄刑事としての覚悟ができたようです。所轄には所轄のやり方があると思います。それはいいのですが、警察内部でも腹の探りあいをしている様子には呆れてしまいます。小野田が香坂と山田を共に捜査するように指示をしたのは、香坂の行動を監視するためなのでしょうか?前回の放送では、かつての部下である山田に釘をさされたり、今回は共に行動させられたりと香坂のプライドに傷がつきそうです。それに香坂たちは事件解決という戦いだけでなく、警察内部の見えない敵とも戦わないといけないなんて大変です。しかし、今わかっていること以上の闇が、警察内部に存在しているかもしれません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「警察に裏切り者が!あの上司に一喝!!」
小野田は、所轄との合同捜査本部を設置。一方、香坂は、事件の最重要人物・隆一のアリバイ証言者との関係に着目する。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」3話のネタバレ
風見京子(富永沙織)を殺害した真犯人の捜査を続けていた香坂(長谷川博己)と渡部(安田顕)。

山田(岡田将生)の助力もあり、2人は池沢菜穂(吉田羊)から犯人を聞き出そうとしていました。

しかし、菜穂が供述を一転させてしまったため、捜査一課と所轄は深い痛手を負ってしまいます。

そんな中、事件を解決するためならなんでも使うと覚悟を決めた小野田(香川照之)は所轄との合同捜査本部を設置しました。

この事件の最重要人物である隆一(加藤晴彦)は、バーのオーナーである山本アリサ(佐々木希)の証言によってアリバイが成立していました。

しかし、香坂はアリサの写真を見た瞬間、左遷させられた一件の時、隆一とアリサが一緒にいたことを思い出します。

二人の関係次第ではアリバイを崩せると考えた香坂は、指示に従わずに捜査を始めます。

一課に合流した中村(竜星涼)から情報をもらい、アリサの店に訪れるが…。

ドラマ「小さな巨人」3話の感想
長谷川博己さんと安田顕さんという、個性派俳優さんのコンビがなんともいえぬ面白さを生み出していました。長谷川さんはどんな役を演じても容姿からは想像もつかないほどの深い印象を残してくれます。そして知的で一度やると決めたら突っ走る感じが、長谷川さん本人のキャラクターともかぶって見ていて違和感が全くありませんでした。また脇を固める俳優陣たちも全員が主役級で圧巻の演技を見せてくれました。特に今回は吉田羊さん、岡田将生さんの演技に魅了されてしまいました。ありとあらゆる役をこなしてきた2人の新たな一面が見られました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「捜査一課長を逮捕!?上司との直接対決!」
小野田が警察の情報をゴーンバンク社に流していると悟った香坂は、渡部ら芝署員とともに証拠を押さえるために、一計を案じる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」4話のネタバレ
香坂(長谷川博己)は山田(岡田将生)と手を組んで、風見京子(富永沙織)殺人事件の真相を突き止めようとします。

2人はこの事件の鍵となる人物である山本アリサ(佐々木希)の身柄を押さえようしますが、寸前の所で取り逃がしてしまいました。

香坂は警察の情報が外部に流れていることから警察内部に誰か内通者がいることに気が付きます。

それは小野田(香川照之)であると悟った香坂は、そっちがその気ならこっちもと、供述を変えた菜穂(吉田羊)の一件を新聞社にリークしました。

リークすることで、その記事を見た中田(桂文枝)が憤慨し、小野田と接触する様子を押さえることができると考えたからです。

中田と小野田は予想通りの行動を見せてくれました。

チャンスは一度きりしかありません。

香坂は渡部(安田顕)ら芝署員とともに中田と小野田が会合する店に潜入します。

ドラマ「小さな巨人」4話の感想
懲戒処分覚悟で新聞社にリークをする香坂の判断がとてもかっこよかったです。普通の人には絶対にできないことだと思います。自分の身を削ってでも、真実を突き止めようとする姿勢に感動しました。そして香坂の行動には色々と裏があり、その頭のキレる様子もかっこよかったです。小野田が怪しいと思っていたので、署長に食ってかかる展開には驚きました。署長の言うセリフから闇を感じ、香坂がこれからどう戦っていくのかとても楽しみになりました。事件は解決したのでよかったですが、まだまだ立ちはだかる壁は厚そうなので目が離せない展開になりそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「さよなら所轄・芝署最終決戦!犯人逮捕」
アリサが警察に提出した京子のUSB。香坂ら芝署員は端の欠けたUSBの破片を探すも、現場にも鑑識の報告にも見当たらず・・・。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」5話のネタバレ
香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は、裏切り者を暴き出すために策をしかけた。

罠を張ったのだ。

現れた人物はなんと、三笠署長(春風亭昇太)だった。

しかし確固たる証拠となるものがなく、逮捕することができない。

真相を明らかにしようとする2人に、小野田捜査一課長から釘を刺される。

「所轄トップに内通者がいる場合、操作情報も洩れてしまう恐れがある。所轄は指示があるまで待機」

大人しく待機していられず、芝署では渡部(安田顕)や署員と資料をもう一度見直した。

すると、とある事実が見えてくる。

自首をしていたアリサ(佐々木希)は、隆一(加藤晴彦)から預かっていたUSBを警察に提出していたのだ。

そのUSBは風見京子(富永沙織)のものであると判明。

形も曲がっていて、端も割れていた。

転落した衝撃で破損してしまったと予想し、その欠片を探しに現場を探し回るが、証拠は何も出ない。

鑑識からもそれらしき報告はなかった。

しかし、三笠の部下として長年働いていた高坂は、ある可能性をあげる。

三笠は、鑑識が入る前に証拠となるものを持ち去ったのではないか。

確かめるために香坂は捜査に取りかかる。

ドラマ「小さな巨人」5話の感想
ハラハラドキドキしました!三笠署長が裏切っているとは思ってもいなかったので、びっくりしました!署長室で証拠を探しているときは自分も息を潜めてどきどきしていました。三笠署長が署長室に入ろうとしたときはもう心臓が止まりそうなくらいびくびくしました!とってもこわかったです。小野田課長ナイス!それにしても、何事も無かったかのように部屋を戻せるの才能だと思います。みんなで証拠を探すシーンはなんだか感動しちゃいました。早く早く早くってテレビの前で焦りながら応援しました。真相が、中田も三笠署長もゲスくて腹が立ちました~今週も解決出来て良かったです!かっこよかった!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「豊洲署編スタート!警察官逮捕と隠ぺい」
豊洲署に異動となった香坂は、失踪者・横沢裕一の捜査で早明学園を訪れ、新人時代に世話になった富永と久々の再会を果たす。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」6話のネタバレ
新聞社に捜査情報を漏らしたことへの処分として、豊洲署にとばされた香坂(長谷川博己)は、横沢亜美(中村アン)から夫の裕一(井上芳雄)を探してほしいとの相談をうける。

裕一は早明学園で経理課長として働いていたが、突然失踪してしまったのだ。

早明学園専務の富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長の肩書きをもっていた。

また小野田(香川照之)とも深い関わりがあり、香坂の父で敦史(木場勝己)を所轄に追いやった人物でもあった。

香坂は、山田(岡田将生)や祐里(芳根京子)と早明学園を訪れ、富永と再会しさらに理事長の金崎玲子(和田アキ子)を紹介された。

裕一の失踪について富永と金崎から話を聞く香坂に、彼らは裕一が横領していたが、公はしたくないので示談にすると言う。

しかしこの裕一の失踪事件は、これだけではなかった。

この先、警察の根幹を揺さぶる大事件へと繋がっていく。

ドラマ「小さな巨人」6話の感想
この、早明学園って怪しい匂いがプンプンします。警察の天下り先として富永が専務に就いている時点でもうアウト~!その富永は小野田や香坂の父の異動にも深く関わっている人物なので、今回香坂が学園を訪ね富永と再会するのは因縁のようなものを感じます。実際に、香坂自身も若い新人の頃に世話になっていたとか…。それはそうと、富永演じる梅沢富美男の演技の上手さよ~。やっぱり貫禄あります。裕一の失踪事件の行方はというと…まさかふたりの口から横領の話が出るとは思いませんでした!濡れ衣ではないのか?!もしそうだったら、失踪ではなく拉致とかされている可能性もある…今頃口封じされていたりして。と、色々考えてしまいました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「100%の証拠より200%の覚悟の戦」
元捜査二課の刑事・江口が殺害され、山田が容疑者として拘束された。一方、香坂は、ある有力な情報を手に入れる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」7話のネタバレ
早明学園の不正を暴くため身分を偽って潜入捜査をしていた元捜査二課の刑事、江口(ユースケ・サンタマリア)は「証拠もつかんだし、失踪した裕一の居場所もわかった」と山田(岡田将生)に伝えた後、何者かに殺害された。

そして山田は重要参考人として、逮捕されてしまった。

山田は事情聴取のなかで、自分が行った時には既に江口は倒れており、自分も背後から殴られたと話した。

そしてそれを裏づける物証も発見されていた。

捜査一課長の小野田(香川照之)は、江口殺害は横領がバレて焦った横沢裕一によるものだと考えた。

一方で、釈放された山田は香坂(長谷川博己)に、ある事実を打ち明けた。

山田の父の勲は、早明学園専務の富永(梅沢富美男)と土地売買を巡っての癒着関係だという。

香坂は独自の調べで、早明学園のロッカー室で発見したペンが富永のものだとわかった。

ドラマ「小さな巨人」7話の感想
とうとうユースケ・サンタマリアが殺されてしまった~、身分を隠して潜入捜査をしていたとわかった段階でそんな予感はしていましたが…。短い出演でした、チーン…。そしてなんと、山田が逮捕されてしまうという事態に!犯行現場にいたことがまずかったよねぇ。呼び出されたというのも証拠がないし…。でも警察も短絡すぎやしませんか~?第一、山田には江口を殺す動機がないでしょうに!まぁまぁ、香坂のお陰で釈放されるからホッと一安心しましたけど。それはそうと、釈放された山田が香坂に語った事実には驚きました!自分の父親と富永の土地売買を巡る癒着…、あちこち癒着しすぎてどこがくっついてるかわからなくなるのでは?!(笑)
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「最終決戦!腹黒上司との戦いに勝利せよ」
富永専務が釈放され、捜査一課は横沢が犯人として捜査を再開。香坂は横沢が事件の鍵を握っているとにらみ、一課に協力する。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」8話のネタバレ
香坂(長谷川博己)は、事件捜査に追われていた。

ある日、殺人事件が勃発。

被害者は、元捜査二課の江口警部(ユースケ・サンタマリア)。

江口を殺害したのは、早明学園の富永専務(梅沢富美男)。

既に、確証がついているのだ。

だが、なぜか小野田捜査一課長(香川照之)は任意同行を決意した。

そこで、小野田はまさかの行動に出た。

なんと富永を釈放してしまったのだ。

その理由は、富永側から新たな証拠が提出されたから。

現場には証拠が残されていた。

この証拠からも横沢(井上芳雄)が犯人だと言われている。

ここで、捜査一課の藤倉(駿河太郎)らは証拠も踏まえてさらに詳しく捜査を再開。

香坂ら所轄のメンバーも捜査に加わり、事件は佳境を迎えていた。

横沢は妻の亜美(中村アン)に接触する可能性が高いと見た。

そこで、祐里(芳根京子)が見張り役を担うことになる。

彼女は、亜美から信頼を寄せられていたからだ。

そんな中、遂に横沢から亜美に連絡が入った。

ドラマ「小さな巨人」8話の感想
藤倉は、小野田一課長の味方のフリをして敵に回ったというわけでしたね。私は、香坂に感情移入して観ていたのですが。粋な敵は味方のフリをする行動だと思いました。今回は、山田の正義について、もっと知りたいと思わせられる8話。また、香坂の父親の過去も気になりました。冒頭では、横沢の証拠映像が見つかりましたね。それで、難なくあっさり釈放された富永(梅沢富美男さん)ですが、今でも香坂の父親と関係を持っていそうでした。富永も香坂の父親に対し敵は味方のフリをする行動をとってそうです。さて、どんな気持ちがあり、今も繋がりを保っているんでしょうか?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「最終回前・共犯者はあの上司!?逆転劇だ」
山田と共犯の疑いがあるとして香坂は自宅謹慎を言い渡される。一方、姿を消した山田は内閣官房副長官の父・勲の家に乗り込む。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」9話のネタバレ
江口(ユースケ・サンタマリア)の殺害容疑で、横沢裕一(井上芳雄)を捕まえた。

しかしその矢先、山田(岡田将生)が横沢を連れて、警察署から行方をくらます。

香坂(長谷川博己)は横沢逮捕にあたって沢山動いたのだが、山田と協力関係にあると疑いをかけられ、自宅謹慎に。

肩を落として帰宅した香取を待っていたのは、まさかの横沢と山田だった。

理解ができない状況に怒りを見せる香取だが、山田がそれを宥めて、横沢の話を聞くことにする。

事件のあった日、横沢と江口は約束をしていたのだが、集合場所に着くと彼が倒れていたと言う。

そしてすぐに何者かが近づいてくる足音が聞こえて、身を潜めていると富永(梅沢富美男)がやって来た。

富永は亡くなった江口の下に、横沢の毛髪を仕込み、電話を掛ける。

「横沢に罪を被せた」と言うのを聞いた横沢。

富永は元警察官であり、内部との繋がりがある。

いざという時のために、江口が渡してくれた連絡先に電話を掛けると、山田が応答したというのだった。

ドラマ「小さな巨人」9話の感想
複雑だな~と思いました。香取も帰ったら犯人と部下がいるなんてびっくりですね。そして山田と香取の父親同士の関係について明かされました。警察も人間関係で色々大変なんだなと分かります。犯人候補にあがった2人がすごかったですね~。和田アキ子さんと梅沢富美男さんです。メインキャストも濃厚な感じなので、容疑者役も豪華になるんですね。圧が凄い刑事ドラマだな~と思います。ストーリーうんぬんではなく、役者さん本人の存在感によって強い印象が残る作品です。次回が最終回となります。どんな結末を迎えるのでしょうか。楽しみですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「最終対決!犯人逮捕捜査一課長を倒すとき学園の隠蔽と癒着は?涙の結末」
早明学園の裏帳簿に載っていたのが父だと知り、がくぜんとする香坂。山田も逮捕され絶体絶命の中、藤倉がある事実を発見する。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「小さな巨人」10話のネタバレ
元捜査二課の刑事だった江口(ユースケ・サンタマリア)が殺された事件の捜査は続いていた。

事件の真相を追い求めて奔走していた豊洲署員の香坂(長谷川博己)たちは、事件の鍵に近づいていた。

そんなとき、この殺人事件の鍵となる横沢裕一(井上芳雄)の身柄が操作一課の小野田課長に確保されてしまう。

それどころか、早明学園の裏帳簿まで、小野田捜査一課長(香川照之)達にに奪われてしまったのだ。

17年前の事件とこの事件が関係していると考えている小野田を香坂は問い詰めた。

金崎玲子(和田アキ子)から17年前に賄賂を受け取った人物の名前が、裏帳簿に記されていた。

そして、その人物は、父親である敦史(木場勝己)だと打ち明けられたのである。

驚愕の事実に愕然としている暇も無く、留置場に収監されてしまう。

さらに山田(岡田将生)までもが逮捕されてしまう。完全に身動きがとれない状況に追い込まれてしまった。

だが、富永専務(梅沢富美男)が、事件の夜に電話をしていた相手を藤倉(駿河太郎)が調べ上げると…。

ドラマ「小さな巨人」10話の感想
全体的には、微妙なところもありましたが、面白いストーリーでした。「それ有り得ないでしょ!」って思わずツッコミを入れてしまうところも有りましたが、それコミで楽しめます。(笑)日曜劇場と言うこともあり、どうしても半沢直樹レベルを期待するとちょっと残念になった印象でしたが、それでもハラハラした展開などがあり、楽しめました。色々なシーンで、この台詞を流行らせたいんだろうなって感じましたが、セリフはどれも微妙でした。一番印象に残ったのは、香川照之さんの前髪!(笑)あんなに印象が変わるとは思いませんでした。そしてラストに見せてくれた涙も素敵でしたね。脚本を豪華な俳優陣がしっかりカバーしてくれていた印象でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「小さな巨人」の概要

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。(引用元:公式サイト)

ドラマ「小さな巨人」の出演者、放送情報

香坂 真一郎:長谷川博己
山田 春彦:岡田将生
三島 祐里:芳根京子
渡部 久志:安田顕
三笠 洋平:春風亭昇太
小野田 義信:香川照之
須藤 文香:神野三鈴
藤倉 良一: 駿河太郎
片山 昭三:神尾佑
柳沢 肇:手塚とおる
松岡 航平:高橋光臣
香坂 敦史:木場勝己
山本 アリサ:佐々木希
中田 和正:桂文枝
五十嵐 仁:堀尾正明
中田 隆一:加藤晴彦
池沢 菜穂:吉田羊
風見 康夫:長江英和
風見 京子:富永沙織
小野田 ゆかり:吉沢梨絵
佐川 勇人: 好井まさお
富永 拓三:梅沢富美男
金崎 玲子: 和田アキ子
横沢 裕一:井上芳雄
横沢 亜美:中村アン
矢部 貴志(江口 和夫):ユースケ・サンタマリア
松山 義則:髙橋洋
山田 勲:高橋英樹

原作(脚本): 丑尾健太郎、成瀬活雄

主題歌:平井堅「ノンフィクション」

制作:TBS

放送:2018年

ドラマ「小さな巨人」の見どころ

ドラマ「小さな巨人」は、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメントドラマ。

警視庁と所轄の確執を描いたシリアスな作品となっています。

今までにはない「リアルな警察の姿」そして「人」を描いています。

「第40回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞に選ばれた長谷川博己が、日曜劇場で初の主演を務め話題に。

ヒロインとして警察官たちの人事を握る新人職員「三島祐里」役には今が旬の若手女優・芳根京子が演じます。

主演を固める豪華キャスト陣にも注目ですよ。

己の正義を信じる刑事たちの警察内部の戦いを描いた作品。

所轄に左遷させられた、エリート刑事がたどり着く本当の正義とは・・・?

大注目の俳優たちが集結した、珠玉の作品ぜひおすすめです!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「小さな巨人」の感想

40代男性
警察ドラマということで事件を解決していくだけのいわゆる刑事ドラマとは違い、警察内部での奮闘が描かれているのが新鮮でした。毎話ラストのどんでん返し続きで面白いです。最後の最後まで誰が味方か敵か分からないお話の構成はとても良かったと思います。出ている俳優さんも比較的若手の方から大御所、はたまた落語家さんなど幅広く、またストーリーも明瞭で視聴者層選ばずどの世代でも楽しめると思います。
50代男性
数多くある刑事ドラマの中でも上位に来る作品だと思いました。いわゆる警視庁本庁と所轄の確執、警察組織内部の縦社会の戦いといういわばお約束とも言える題材なのだが、それでも今作は非常に面白く素晴らしいと感じたドラマでした。香坂真一郎を演じた長谷川博己サン、小野田義信演じた香川照之サン、ただ単に演技が凄いと言う事ではなくて、観ていて本当に引き込まれる力を物凄く感じました。
30代女性
長谷川博己、香川照之、この2人の力は役者にとって持っていなくてはならない必要なモノ、それはすなわち感性を持っている人だと思います。他のキャストの配役にもそれぞれ良さや色があり、それにこの2人の力も加わって、近年稀にみる傑作を生み出したのではないかと思いますね。そんな素晴らしい素敵な刑事ドラマでした。毎回視聴者をハラハラさせ感情を揺さぶる感じも良かったです。

まとめ

以上、長谷川博己主演のドラマ「小さな巨人」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

エリート刑事として活躍していた主人公は、ある日、所轄へと左遷が決定してしまいます。

その中でも信念を曲げず、正義を貫く男たちの奮闘劇が見どころです。

U-NEXTで小さな巨人の動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴