ドラマ|女帝の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2007年7月〜9月まで加藤ローサ主演で放送のドラマ「女帝」

映画化もされた、倉科遼原作の漫画をドラマ化。

新人ホステスの主人公・彩香が「銀座の女帝」にのし上がっていく過程を描いた作品です。

ドラマ「女帝」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「女帝」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「女帝」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「女帝」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「女帝」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「女帝」に出演している加藤ローサの出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「女帝」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「女帝」の動画まとめ

ドラマ「女帝」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話
熊本県の進学校に通う立花彩香は母・麻里子と2人暮らし。貧しいながらも明るく育ち、生徒会副会長も務める優等生だ。ボーイフレンドの杉野謙一とは冗談を言いあう間柄だったが、これに同級生の北條梨奈が嫉妬する。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」1話のネタバレ
熊本で生まれ育った立花彩香(加藤ローサ)は、進学校に通っている頭の良い女子高生だ。

母親の麻里子(かとうかず子)はスナックを経営しており、そんな母親と2人で生活している。

決して豊かな生活ではないが、彩香は前向きで賢い子に成長した。

現在は、学校で生徒会に所属しており、役職は副会長だ。

優秀な生徒として学内での有名な彼女には、杉野謙一(斉藤祥太)という気兼ねなく話せる関係の、彼氏がいる。

しかし、そんな2人に嫉妬している生徒がいた。 同級生の北條梨奈(酒井彩名)だ。

梨奈は、勉学だけでなく学校生活も充実している彩香に対して、ライバル意識を抱いている。

また、理由はそれだけではない。

地域で権力を持つ父親の元で生まれた謙一と、由緒正しい家系に生まれた梨奈は、親の言いつけで婚約者だったのだ。

彩香は直接「私と謙一は、あんたと生きている世界が違う」と明らかさまに下に見ている発言をぶつけてくる。

そして、彩香の母親に職業を悪用して、客と寝ているというとんでもない嘘を吐くのだった。

ドラマ「女帝」1話の感想
高校生にして壮絶な人生を送っている主人公を応援したくなりますね。進学校で良い成績を残して、愛し合っている彼氏がいるのにも関わらず、八つ当たりでしかない酷い嫌がせをされた上に、唯一の肉親である母親を亡くしてしまうという…。婚約者がいるのに、彼女を作ってしまう謙一もどうかと思いますが、彼は戦略結婚には納得していない訳であって…。梨奈はやり過ぎだと思いますが、彼女も沢山傷付けてきたはずです。親のせいでこのような事態になって悲しいですね。1話かからして、物凄いドロドロの愛憎劇を繰り広げていきそうな雰囲気があります。彩香はホステスとしてどんな苦労を送っていくのでしょうか…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話
女帝への階段を上るべく、彩香は「エレガンス」にやってきた客で「ミナミの妖怪」こと美濃村達吉に、「3回、店に通ってください。その間に社長に喜んでもらえるホステスになります」と持ちかけた。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」2話のネタバレ
彩香(加藤ローサ)は、”ミナミの妖怪”と呼ばれる美濃村(泉谷しげる)を自分の客にすると決意。

美奈(中島知子)や麗子(小沢真珠)に失敗した場合は店をやめるとまで宣言する。

翌日、綾香は同僚の美樹(前田愛)にもらったドレスをリメイクしてピンクの豪華なドレスに仕上げた。

麗子の嫌がらせで引き裂かれてしまうが、それをスリットに見立てて着こなす彩香を見て、美濃村は息を飲んだ。

美濃村の貧しかった過去を直人(松田翔太)から聞いた彩香は、美濃村に自分の生い立ちを打ち明け、人間同士の付き合いを求める。

彩香を呼び出し関係を持った美濃村は、彩香のお金ではなく一流のホステスになりたいという決意を聞いて、心を動かされた。

そして彩香をミナミで一番のホステスに育ててやる、と宣言するのだった。

美濃村とともに同伴出勤する彩香に嫉妬する麗子たち。

そんな中、人気作家の大沢謙吾(豊原功補)が来店し、麗子は彩香と二人で大沢の席につくことになった。

大沢の小説をほめちぎる麗子と作品の変化を指摘する彩香。

彩香の言葉に考え込んだ大沢を見て、麗子は勝ち誇った笑みを浮かべていたが、翌日来店した大沢が指名したのは彩香だった。

ドラマ「女帝」2話の感想
ホステスのどろどろした世界が単純明快に描かれていて面白い。加藤ローサのきれいな顔立ちながら初々しいかわいさは、他のホステスたちの嫉妬の的だろう。成り上がりの美濃村やイケメン作家の大沢など、男性陣のキャラもわかりやすくてよいと思った。お金のために仕方なくホステスをやっている人もいれば、その中で勝ち上がって一流のホステスを目指すという目標をもってやっている人もいる。いずれ美濃村のような富豪から資金援助を受けて、高級クラブのママとして店を開けるのだろうと先が読めそうなところもいい。麗子のような嫉妬心に燃えるホステスが今後どう顧客をつかんでいくのかも気になった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話
大阪・ミナミの高級クラブ「エレガンス」のナンバー2ホステスにまで成長した彩香は、自分を敵視しているナンバー1ホステス・麗子から、「今まできついことを言ってごめんなさい」と謝罪され驚いてしまう。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」3話のネタバレ
立花彩香(加藤ローサ)は、”女帝”を目指して、大阪ミナミでホステスとして奮闘している。

ついに高級クラブ「エレガンス」で、トップ2にまで躍進した。

彩香の勢いには、トップにいる麗子(小沢真珠)からも嫉妬を買うほどだった。

しかし彼女は、今回彩香が店で2番手になったことを知ると、突然これまで冷たくあたってきたことを謝ってくる。

そして、彩香が接客をし始めると、必ずヘルプに回ってくれるようになった。

けれども、麗子が親切になり始めた途端に、彩香についていた客たちが来店しなくなる。

営業の連絡を入れてみても、全員何らかの理由をつけて、良い返事を貰うことはできない。

この状況に、彩香は不信感を抱く。 やがて、麗子が身体を使って誘惑し、彩香の客を奪っていると聞かされる。

エレガンスのママ(中島知子)は、そんな麗子の行いを注意する。

麗子は、自身のプライドを傷付けられたことにより、店を辞めてとある行動に出る…。

ドラマ「女帝」3話の感想
麗子、嫉妬に駆られて手段を選ばなくなっています。彩香に出会う前から、こうして客をとっていたのかもしれません。麗子の勢いが止まることはないと察した周りから、場所を変えろと促される彩香…。大物の客やヤクザにも麗子はヤバい奴だと認識されているなんて、麗子こそもっと大きなところに行った方が良いんじゃないの?と思いますが…。舞台が大阪ミナミから異動することはないと思っていたので、この展開には驚きました。でも考えてみると、タイトルが「女帝」というくらいなので、人口の多い東京でトップに立たなきゃダメなのかも。女帝になるまでを描くストーリーですもんね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話
女帝を目指して水商売の世界の頂点、東京・銀座にやってきた彩香は、高級クラブ「アマン」に勤める。東京での新生活をスタートさせたそんな彩香のもとに、作家の大沢謙吾が客としてやってきた。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」4話のネタバレ
自分を1人で育ててくれた母親、そして自分を陥れた権力に屈することなく、女帝になるという道を選んだ立花彩香(加藤ローサ)。

大阪のミナミでホステスをしていたところ、同僚に酷い虐めを受ける。

そんな彩香に対して、太客の美濃村(泉谷しげる)は「銀座に行け」という助言をくれた。

そして、舞台は東京へと移る…。 彩香は銀座にあるクラブ「アマン」に勤務することが決まった。

店の雰囲気はとても良いが、ただ現在ナンバーワンに就いている薫(金子さやか)は、彩香のホステスとしての才能を察していた。

なぜならば、有名作家の大沢(豊原功補)がわざわざ彩香を指名するため来店しに来たのだ。

アマンのママ・弘美(東ちづる)は、銀座でトップに君臨しているホステスの佐和(かたせ梨乃)のバースデーパーティーに彩香を誘った。

参加した彩香は、佐和のオーラに圧倒される…。

ドラマ「女帝」4話の感想
場所を移したものの、またもや1位のホステスに目をつけられてしまった彩香。店でトップになるには、それくらい負けず嫌いじゃなきゃダメなのかな~と思います。かたせ梨乃さんは確かにオーラがやばそうです!かたせさんを前にすると、女帝になるのを普通の人だったら諦めてしまうんじゃないかなーと感じるくらいの迫力がありました。彩香はどんどんキレイになっている気がします。田舎出身ってかんじはしないです。銀座に合う雰囲気が出てきていると思います。そして直人が刺殺された!?という驚きのニュースが入りましたが、生きてました。良かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話
藤村佐和の店、クラブ「佐和」を訪ね、そこで死んだと思っていた初恋の相手・伊達直人と対面した彩香は混乱する。直人は佐和の店の「黒服」として働いていた。彩香はなぜ連絡をくれなかったのかと問い詰めるが…。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」5話のネタバレ
直人(松田翔太)が黒服として店にやってきた。

ヤクザの一員だった直人は、銀座の女帝・佐和(かたせ梨乃)の口利きで黒服として雇ってくれたのだった。

ある日、「佐和」の店でホステスたちが一斉に辞めてしまい、閉店か引退を考える佐和だったが、店の復活に向けて直人は彩香(加藤ローサ)を引き抜きたいと弘美(東ちづる)と相談する。

彩香の成長のために、弘美は彩香を佐和に預けることにする。

佐和の店は、大阪から美樹(前田愛)もやってきて、ホステス5名で再会した。

その中には、銀座の魔女と呼ばれるエリ(滝沢沙織)もいた。

しばらくして、彩香の頼みで作家の大沢(豊原功補)が映画プロデューサー・高須(春田純一)を連れて来店した。

高須は大沢と彩香の仲を話題作りとしてリークしたが、それが功を奏し、店には客が来るようになった。

スキャンダルにより大沢はアメリカに行くことにするが、彩香はさらに女帝を目指して頑張る決意をするのだった。

ドラマ「女帝」5話の感想
夜の世界はコネだらけで、ボスママのような人もいれば世話好きなママもいるのだと思う。お互い助け合って、佐和が新メンバーでオープンできたのは良かったと思う。この業界に限らず、人脈をたくさん持ってる人はあちこり声をかけあってホステスを融通したり、客を連れてきたりできるので、人脈を作れない人は接客業は難しいだろうと思った。リピーターがいないとこういう個人店舗はやっていけないので、軽い気持ちでオープンさせると元締めからこっぴどくやられたりするんだろうな・・などと想像しながら見ていた。加藤ローサがどこまで貫禄をつけて女帝らしくふるまえるのかが楽しみだ。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話
クラブ「佐和」でもナンバー1ホステスの座を揺るぎないものにした彩香は、映画監督の高須から新しい客・大翔辰紘を紹介される。彼は柔らかい物腰の紳士だが、ヤクザの組長で極道社会の大物だと知り彩香は驚く。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」6話のネタバレ
幼い頃に出て行ってしまった父親によって、辛い経験をしてきた立花彩香(加藤ローサ)。

その父親が自分の客・尾上(伊原剛志)だと知った彩香は、母親直伝の手料理を尾上に差し入れる。

喜んで食べる尾上だが、彩香の母親の味だとは全く気付いていない様子だ。

彩香はそんな尾上に呆れかえり、憎悪が大きくなっていく。

直人(松田翔太)は、彩香が今やっていることは彼女のためにならないと思っている。

ある日、ヤクザの大翔(西村和彦)の接待として、ゴルフをしていた彩香。

しかし何者かに狙われていた大翔は、銃で撃ち殺されそうになる。

彩香はその時、大翔の盾になって撃たれてしまった。

入院することになった彩香だが、彼女が治療にあたっている間に、彩香の良くない噂が流れ始めていた。

「彩香は大翔の情婦」。 誰がこんなこと言い出したのか?それは、「佐和」へと店を異動した薫(金子さやか)だった。

ドラマ「女帝」6話の感想
彩香が女帝に近付くにつれて、業界に染まっていきますね~。直人はそんな彩香を止めたいらしく、身を挺して彩香を守っているくらいです。ただ直人はあまり強くない…。見た目的にもスラっとしているので、武力では勝てない…。とにかく彩香にゾッコンです。今回は裏社会が堂々と絡んできました。これからの展開が恐ろしいな~と思います。親友の美樹ちゃんが結婚詐欺に遭うという悲しい展開が起きて、彩香は激怒していました。もうすぐ結婚!という幸せから、一気に突き落とされたわけですから、美樹ちゃんが自殺したくなるのも分かります。彩香の根性が見どころでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話
実の父であり、民生党幹事長の尾上雄一郎が泊まっているホテルを訪ねた彩香。出世のために亡き母を捨てた尾上に復讐すべく、彩香は父に抱かれ、その後に自分が娘であることを明かす意図だったが…。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」7話のネタバレ
彩香(加藤ローサ)は父への復讐のため、尾上雄一郎(伊原剛志)のホテルに向かった。

部屋に入ると尾上は自分の過去を彩香に語り始める。

好きな女性との間に子供ができたが、政治家の尾上には別の女性との婚約が予定されていたため、女性から身を引いて別れたという。

その女性は彩香の母・麻里子だった。

尾上は結婚前にそんな辛い別れを経験したことから、妻以外との女性と関係を持つつもりはないという。

話をきいて号泣する彩香は、それでも帰ろうとはせずホテルに泊まり、父・尾上と背中合わせでベッドに寝るのだった。

しかし、このとき部屋に入る前に写真をとられていたことがわかった。

北條照盛(森本レオ)が 彩香と尾上を引き合わせ、写真をちらつかせて大臣のポストを尾上に要求してきたのだ。

尾上は総理大臣になり、尾上内閣では北條が外務大臣のポストについたが、世間からは疑問の声が上がっていた。

ドラマ「女帝」7話の感想
政治家の愛人の子供だったが自分たちが捨てられたわけじゃないとわかって号泣する彩香。復讐心がなくなり、ひと時でも父親と娘としての時間を持てたことは彩香にとって嬉しかったことだろう。父である尾上の真摯な対応に感動した。それでも世間から見たら、ホテルにホステスを連れ込んだとしか見えないわけで、週刊誌の記者だけではなく、政治家の一人が写真をとらせて自分を内閣に入れろという。こうやって政治家の内部には写真をとってネタをため込んで、いざ相手が表舞台に出たときに切り札として使っているのか・・と変なところに感心してしまった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話
北條照盛に暴行を受けかけた際、助けに入った直人が撮った写真を利用し、彩香は北條を政界から抹殺しようと決意。そして北條に電話をかけ、尾上雄一郎を脅して掴んだ外務大臣のポストから退くよう迫る。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」8話のネタバレ
立花彩香(加藤ローサ)は、自分を襲おうとしている北條(森本レオ)の写真を手にした。

これを使って、北條を政界での居場所を失くすつもりだ。

北條はそんな彩香に対して、強い怒りを露わにしている。

彩香の元彼であり、北條の娘と結婚している謙一(斉藤祥太)が、仕方なく2人の間を取り持つことにした。

まず、彩香には、尾上(伊原剛志)と彼女が一緒にいるところを写真に収めていることを知らせ、これ以上北條に近付かないことを頼み込む。

そして、北條には「このまま政界を引退すべき」と説得させた。

謙一は北條を反面教師にして、自分は真っ当な政治家になろうと決意。

けれども、謙一と彩香の関係を怪しむ北條の娘・梨奈(酒井彩名)は、密かに彩香に恨みを抱えていた…。

彩香は、北條に襲われている際に助けてくれたこと、また写真を撮ってくれたことを直人(松田翔太)に感謝する。

しかし、直人は「佐和」に新しい動きが出たと報告してくるのだった…。

ドラマ「女帝」8話の感想
薫はホストのために頑張っていたんですね。確かに歌舞伎町ナンバーワンホスト、イケメンすぎる!速水もこみちさんが演じています。北條とのアレコレが終わったら、また薫とのバトルです。薫の顧客に頼られる彩香というよく分からない状況がシュールでしたが、泣かれて助けを求められたら動かない訳にはいかないであろう彩香。自分はあまり関係ことなのに、薫に注意を促すという偉さ。せこい手を使うのが、このドラマでは当たり前になってきているので、彩香は今のやり方でここまで昇り詰めることが出来ていて本当に強い子だな~と思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話
彩香をかばい、逆上したホステス・薫に腹を刺された直人は、佐和の知りあいの病院に搬送された。直人と付き合っているエリは彩香に憎しみの目を向け、彩香は全て私のせいだと自らを責めるようになる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」9話のネタバレ
伊達直人(松田翔太)は、薫(金子さやか)に刃物で襲われそうになった立花彩香(加藤ローサ)を庇い、自分が脇腹を刺されてしまった。

そして、佐和(かたせ梨乃)と知り合いの病院へと連れて行かれる…。 幸いにも大事には至らなかった。

ただ、直人の交際相手であるエリ(滝沢沙織)は、彩香のせいだと感じて、彼女に対して憎悪を募らせる。

当の本人である彩香も、直人がここまで深い傷を負ってしまったのは、全て自分に責任があると考える…。

熊本に住んでいた頃から敵対関係にあった北條梨奈(酒井彩名)は、より一層、彩香を憎んでいた。

謙一(斉藤祥太)と交流をしているだけではなく、父親までも政界から抹消したのである。

到底許す訳にはいかないと思う梨奈…。 そんな中で、佐和(かたせ梨乃)の店がいきなり立ち退きを迫られる。

何か裏があるのではないか?と思った彩香は、ビルの経営者・竜崎(デビット伊東)に会いに行く。

するとそこには梨奈の姿があり…。

ドラマ「女帝」9話の感想
直人が無事で良かったです。次は梨奈との勝負。北條がそもそも悪いのに、逆恨みされてしまいました。確かに父親がこれまで築き上げてきた地位から一気に落とされる姿は辛いと思いますし、しかも理由については知りませんからね…。当然キャバ嬢である彩香に原因があると考えるでしょう。かたせ梨乃さん演じる佐和、キャストの彩香を守ってて格好良かったです。本当に銀座のトップホステスという役柄が似合います。貫禄がすごいです。そして今回何より驚いたのは尾上が彩香を娘だと知っていたことですね…。分かっているのに異性として接していたのかと思うと気持ち悪い…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話
佐和に勧められて独立を決意した彩香。尾上総理を保証人にし、開店準備を進める最中、突然尾上の彩香に対する不正融資疑惑が持ち上がり、国会やマスコミが尾上に事の真相を厳しく追及する事態となる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「女帝」10話のネタバレ
梨奈(酒井彩名)は彩香(加藤ローサ)を貶めるために、議員・袴田(長谷川初範)と手を組んだ。

尾上首相(伊原剛志)のスキャンダルはメディアで大きく報じられて、「佐和」周辺には報道陣が集まっている。

しかしクラブのママ・佐和(かたせ梨乃)は、店の心配よりも彩香の心が気にかかって仕方がない。

彩香が店を出すために依頼した内装業者は、報道を信じ切ってしまっており、一時停止の状態だ。

この事態に焦りを見せる彩香に対して、梨奈は「あなたの周りの男性は全員落ちていく」とあざ笑う。

そんな中、彩香のために水面下で彼女の店で働いてくれるキャスト探しに出ていた直人(松田翔太)。

彼は突然頭が痛み出し、倒れてしまう。 直人はとある病気を患っていたのだ…。

尾上は、佐和からのアドバイスによって記者会見を開き、真実を述べることにした。

彩香と自分の関係、父として何もしてこなかった後悔、そして彼女の保証人になり償いたかったこと…。

彼の正面から問題に向き合う姿勢に、議員たちは心を動かされ、尾上の支持率が急上昇。

この件は娘の梨奈の胸にも響き、彼女はこれまでの行為を、夫・謙一(斉藤祥太)と一緒に彩香に謝罪する。

ドラマ「女帝」10話の感想
梨奈が謝ることになりました。彼女も被害者な部分があると思うのですが…でも彩香が梨奈に苦しめられたのは事実です。しかしそもそも尾上が悪いと思います!誠実な姿勢を今更見せただけで支持されるとかチョロいなーと感じました。人生楽そうです。謙一と離婚して償うという梨奈の発想、なんか父親の悪いところが似てしまった感じがします。殴ってから励ますという彩香が面白かったですね。そして直人は最後まで健気すぎて…彼の人生は一体何だったんだろうと思いました。彩香は1人で子を育てるという大変な選択をしましたが、彼女ならやっていけそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「女帝」の概要

主人公・立花彩香がホステスとして様々な修羅場をくぐりぬけながら成長し、後に「銀座の女帝」と呼ばれるようになるまでの半生を描いた物語。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「女帝」の出演者、放送情報

立花彩香:加藤ローサ
伊達直人:松田翔太
北條梨奈:酒井彩名
杉野謙一:斉藤祥太
立花麻里子:かとうかず子
香田譲司:吹越満
薫:金子さやか
麗子:小沢真珠
エリ:滝沢沙織
大翔辰絋:西村和彦
美濃村達吉:泉谷しげる
杉野謙造:山下真司

制作:テレビ朝日

放送:2007年

ドラマ「女帝」の見どころ

過酷な生い立ちを持つ主人公・彩香の、ホステスとしての成長譚と、母と自分を捨てた父への復讐劇を描いたストーリーです。

彩香を演じるのは、本作が連ドラ初主演となった加藤ローサ

ブレイクのきっかけとなった「ゼクシィ」のCMに代表されるような正統派ヒロインの役どころが多かっただけに、お水の世界で泥臭く生きるヒロインという、意外な役どころで注目を集めました。

共演者には、2001年公開の映画版「女帝」で主演を務めた小沢真珠を筆頭に、本作と同じ倉科遼原作のドラマ「夜王」「銭華」の出演者たちが勢ぞろい。

ホステスの頂点「銀座の女帝」となるべく、華麗な夜の世界で繰り広げられる壮絶な女同士のバトルは必見です!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「女帝」の感想

20代女性
復讐のためにホステスになった女の子のドラマ。夜のお仕事の苦労がしのばれます。主演の加藤ローサがまだ若くて、演技に未熟なところもあるけど、役と合っていてかえって良かったのかもしれません。こういう世界のドラマにはかたせ梨乃と小沢真珠がすごく似合いますね。ナナムジカの曲がめちゃくちゃ良くて、ドラマ終盤にかかると盛り上がってきた~!って感じがします。  
30代女性
どちらかというと清純なイメージがあるローサちゃんが、お水の役に挑戦しています。まだまだ初々しさがある頃ですし、ベッドシーンなども多い難しい役を、体当たりでこなしていて、女優さんってすごいなぁと思いました。まだちょっとぎこちないのは否めませんが・・・その分、主人公を取り巻く脇役の人たちが上手いです。ここまでする!?ってくらい苛烈な嫌がらせ。それにもへこたれない主人公の強さにも覚悟を感じます。  
30代女性
見ていてスカッとする!半沢直樹と相通ずるものを感じます。昼ドラみたいなドロドロしたストーリーにもワクワクします。なにより松田翔太が美しすぎて、それだけで見る価値があるってもんです。加藤ローサは初めてにしては悪くなかったとは思うけど、酒井彩名とか小沢真珠が良すぎて完全に主演食ってました。酒井彩名は本気でビビっちゃうほどこわかった。  

まとめ

以上、加藤ローサ主演のドラマ「女帝」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

夜の世界で強く生きる新人ホステスの生きざまを描いた作品。

主人公・彩香の成長はもちろん、松田翔太演じる伊達直人との恋模様からも目が離せません!

U-NEXTで女帝の動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴