ドラマ|会社は学校じゃねぇんだよの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2018年4月〜6月に三浦翔平主演で放送のドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」は、AbemaTV開局2周年に制作された完全オリジナルドラマ。

「友情、夢、金、恋愛」を題材にした、成功と反逆の物語を描いています!

この記事では、ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できる動画配信サービスを調査してまとめました。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」はAbemaTVでのみ見放題配信中です。

2020年時点でAbemaTV独占配信作品になります。

AbemaTVは通常月額960円かかる動画配信サービスですが、登録から2週間は無料お試し期間になっています。

AbemaTVの魅力は、他の動画配信サービスと違ってすべての動画が見放題なところ。

(画像引用元:AbemaTV)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」と同じAbemaTVオリジナルドラマの

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

AbemaTVなら、他の配信サービスでは見れないオリジナルドラマも多いです。

まずは無料お試し期間でドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」をチェックしてみてください!

↓2週間無料お試し期間あり↓
AbemaTV公式サイトはこちら

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の動画まとめ

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」は、AbemaTVで全話無料視聴できます

(画像引用元:AbemaTV)

AbemaTVは2週間の無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「ギャル男社長の逆襲」
学生時代から起業していた渋谷のギャル男・藤村鉄平は、ベンチャー企業社長・沢辺の書籍に感銘を受け、彼が経営するビットバレーエージェントへの入社を決める。入社後、先輩の山野の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平は、沢辺に直談判するのだが……。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」1話のネタバレ
主人公は藤村鉄平(三浦翔平)、渋谷のギャル男でした。

見た目もチャラい彼の職業は社長、学生時代に「渋通」なる会社を起業していたのです。

そのきっかけとなったのはベンチャー企業社長の沢辺(豊原功補)の書籍です。

それを読んで感銘を受けた彼はさっそく沢辺の経営するビットバレーエージェントに入社することにしたのです。

尊敬すべき人物の元で働けることとなった鉄平ですが次第に沢辺から心が離れていきます。

何しろ彼は金のためなら人を裏切るのは当たり前、非情極まりない性格だったのです。

先輩の山野(笹原篤)からの理不尽な要求にも耐えられず、直談判しても沢辺が聞いてくれるはずもありません。

希望して入った会社でしたが自らやめる決意をするのでした。

そうして次に目指したのが起業、希望する会社がないなら自分で作り出せばよいだけです。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」1話の感想
ギャル男から社長へ、大きな転身です。彼のモデルとなる人物がいると言いますがギャル男設定まで含めて完全再現なのならすごい、真相はどうなのでしょう。書籍に感銘を受けたからとその相手の会社に入社を決めたり、実は最低な彼の実態に見切りをつけて起業を目指したりと人生の転機を何度も迎えています。我慢するのではなく自分が思うがままに生きていく姿はすごいと思えました。ブラック企業でも我慢して働き続けるより、失敗しても上手くいかなくとも自分なりに頑張って生きた・思うとおりに進んでいったという気持ちが持てたら人生は楽しいはずです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「3000万の出資者を探せ!」
ともに会社を辞めた火高と起業の準備をする鉄平。そこにインターンを辞めてきた翔太も加わる。インフルエンサー事業を成功させるには3,000万円の資金が必要になり、金木社長からの投資を取り付ける。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」2話のネタバレ
藤村鉄平(三浦翔平)は、共にビッドバレーエージェントを辞めた火高(早乙女太一)と共に起業することにしました。

準備を進める彼ら、更には同じくビッドバレーエージェント時代に大学生インターンとして出会った笹川翔太(松岡広大)も加わります。

人は増えていけども必要なのは資金、インフルエンサー事業を成功させるためには少なくとも3000万円は必要なのです。

鉄平たちが頼っていったのは金木社長でした。

なんとか彼から投資の約束を取り付けて後は突き進んでいくだけです。

でも順調に思えたけれどまだ油断はできなかったのです。後日、出資は決裂してしまいました。

すでにビッドバレーエージェントを辞めている以上は排水の陣、最後の望みをかけて向かったのはシャンパンバーです。

そこには有名投資家らが多数集まっています。

彼らに投資してもらおうと考えたのです。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」2話の感想
何事にも必要となるのはお金、3000万円はかなりの額です。気持ちだけで起業は出来ない、誰でも簡単に行えることではないというわけです。一度オッケーを出しながら投資を引き下げた金木社長も人が悪い、ただ額が大きいのですからタヌキとキツネの化かしあいで取引をしていくしかないのでしょう。起業した後だって様々な障害は立ちふさがってくます。ここで負けているくらいではあっという間につぶれてしまうのです。負けずに立ち上がる鉄平たちが偉い、彼らが次に目を付けたのは有名投資家らが集まるバーです。ここで資金調達は可能となるのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「衝撃!サロンde全裸」
超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平。社名を『サイファー・クリエイション』に決め、オフィスも構えた。事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代ともに『渋通』を起業した仲間・竜彦に協力を求める。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」3話のネタバレ
投資家らが集まるバーで出資を募った鉄平(三浦翔平)、見事超有名投資家である森永泰三(松岡充)から勝ち取ることに成功したのでした。

無傷ではありません、床にパスタを落として煽るもそれを鉄平ら二人は食べて見せたのです。

起業のためならプライドも捨てる、そんな覚悟の若者らに感じ入ったのでしょう。

こうしてまた一歩進むことが出来た鉄平たち、社名は「サイファー・クリエイション」としました。

オフィスも構えました。21世紀を代表する会社にしたい、強い想いを胸に彼らは突き進んでいきます。

事業のかなめとなるのはインフルエンサー、それを集めるために協力を求めていったのは竜彦(朝香航大)です。

ギャル男時代に共に渋通を立ち上げた仲、ただ彼はその当時のことを根に持っており鉄平のことをひどく恨んでいたのです。

そんな彼が果たして手伝ってくれるのでしょうか。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」3話の感想
起業して社長になりたい、そんな若者の中には人に使われるのは嫌だとやたらとプライドの高い輩もたくさんいるでしょう。でも会社内では偉そうに出来ても様々な場面で下出に出なければならないこともあり、それが分かっていなければすぐにつぶされてしまいます。パスタを落としてというやり方は陰険、ですが起業家に向いているかどうかの試験としては最適なのかもしれません。それに合格した彼ら、また一歩前に進むことが出来ました。とはいえようやくスタート地点に立てたくらい、これからやらなければならないことは山ほどありますがどうなるのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「起死回生の盗撮大作戦!」
大手お菓子メーカーのコンペに参加することになったが、競合にはビットバレー山野のチームも。プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。ビットバレーは300人以上のモデルを囲い込む。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」4話のネタバレ
泰三の紹介で、お菓子メーカー主催のコンペに参加することになった鉄平率いるサイファークリエイション。

競合相手のチームにはビッドバレーエージェント、山野の姿も見える。

負ける訳にはいかないサイファークリエイションだが、プレゼンに勝つためにはインフルエンサーをどれだけ集められるかが重要な鍵となる。

山野率いるビットバレーエージェントは、モデルのインフルエンサー300人以上を集めたのに対し、サイファークリエーションチームは、華子と共に必死の思いで集めたインフルエンサー32人のみ。

結果は火を見るより明らかである。

誰もが勝利を諦めかけたその時、ある秘策を思いついた鉄平。それは足りないエンジニアを獲得することだった…。

果たして鉄平はビットバレーエージェントを破り、勝利を手にすることは出来るのか。

コンペの勝敗はいかに。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」4話の感想
インフルエンサー集めに奔走する華子、けれども編集長の軍田が裏で手を引いてモデルを引き抜かれてしまう…。引き止めようと必死に後輩モデルの子たちに頭を下げる華子の姿に、涙が止まらなかった。また、そんな状況でも諦めない鉄平の姿が胸が熱くなり大興奮❤!!思わず1話から4話まで一気見してしまった…笑 しかも鉄平、華子、火高の三角関係ってどーいうこと!?どっちとくっ付くのか気になりすぎて、一瞬も目が離せない!来週が待ち遠し過ぎる。こんなにハマったドラマって久しぶり過ぎて呟きが止まらん!早く1週間過ぎてくれーーー!!!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「社内激震!社長の非常なる決断」
2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、売上もかなり伸ばした。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」5話のネタバレ
あれから2年、鉄平たちの会社は大きく成長し、インフルエンサー事業では業界内で独走といった状態にまでなっていました。

さらに新たに作った代理店事業も好調でしたが、資金繰りはあまり安心できた状態とはいいがたいものでした。

新しく「ビットラブ」という仮装恋愛アプリのアイデアもあがり、企画が順調ながらも製作費をどうするかという問題があがります。

そんなある日、DDDという会社の社長(堀部圭亮)から鉄平たちの会社に対し出資をしたいという申し出があり、提案に乗ることにしました。

さらに沢辺からもインフルエンサー事業を10億で買収したいという提案がきます。

新しい事業の資金に8憶必要と試算していた鉄平は売るべきかと考えますが、火高や華子たちは「インフルエンサー事業はうちの会社の旗印だ」と猛反対します。

しかし、鉄平はそんな彼らの声を黙殺し売却を決めてしまったのでした。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」5話の感想
2年後の鉄平が経営者として、一社会人として落ち着きがありつつも情熱的な様子に驚きました。話数にすれば1話分ですが、こんなにも魅力的な大人の男になるとは、と役者さんの変わりっぷりに感心してしまいました。社員たちの様子から順調そうに見えた会社経営ですが、やはり資金繰りは大変なんですね。どんなに思い入れがあっても新しい事業を立ち上げるためには売り飛ばさなくてはいけないこともある、そしてそれを決めるのは上の人で従業員たちは口出しできない現実が苦しいなあと思いました。亀裂のようなものが入って終わった5話ですが、今後もっと亀裂が入ってしまわないか心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「私の生きている意味」
ビットラブの開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに売却すると伝えた鉄平。堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」6話のネタバレ
「ビットラブ」の開発資金を得るためにインフルエンサー事業部を売却することを決めた鉄平でしたが、他の面々から反対にあってしまいます。

彼らの気持ちを落ち着けるため、資金を得ることを了承してもらうために鉄平は多数決をとろうと提案し、エンジニアの堀田と共に「ビットラブ」のデモを披露して開発資金の必要性を皆に説くのでした。

そして多数決の時がやってきました。

賛成は鉄平と堀田、反対派は火高と笹川、そして華子でしたが突然華子が賛成派になったことにより、インフルエンサー事業の売却が決定したのでした。

華子が賛成派になったことによる売却をしったインフルエンサー事業部の面々は怒りを華子に向けましたが、華子に「会社は学校じゃねぇんだよ!!」とキレてスタッフたちを説得したのでした。

無事に売却が済み、インフルエンサー事業部のトップである華子は鉄平と離れる前にと彼に告白をします。

しかし仕事人間である鉄平は彼女の想いを断ったのでした。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」6話の感想
華子の鉄平への恋心がいろんなことを巻き起こした回でした。インフルエンサー事業部の売却という、会社の運命を左右する決断に対し反対派から賛成派に鞍替えした華子でしたが、理由がまさかの「自分が好きな鉄平と同じ意見に」するためという彼女の考え方に、恋愛脳だ、と思わずにはいられませんでした。スタッフに「会社は学校じゃない」と言っていましたが、一番公私混同しているのは華子だと思います。それでいいのか華子、と突っ込みたくなりました。しかしそんな華子がまさか事故にあって亡くなってしまうなんて誰が予想できたでしょうか。これから新しい職場で頑張っていくはずだった華子が、まさか。と見終わったあとしばらく受け入れられませんでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「忍び寄る崩壊の足音…」
華子亡きインフルエンサー事業は柱を失い、メンバーは途方に暮れていた。ビットバレーからは代わりに創業メンバーの一人を立てろと条件をつきつけられ、鉄平はある人物に白羽の矢を立てる。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」7話のネタバレ
華子が事故で亡くなり、メンバーたちは悲痛な面持ちで葬式に参加しました。

とくに火高は「インフルエンサー事業部を売却しなければ華子は事故に合うことはなかったのでは」という気持ちになってしまい、鉄平に突っかかってしまいます。

そんな悲しみの中、インフルエンサー事業部を買い取ったビットバレーからは華子の死に対して容赦なく、新たに事業部の柱になるようなメンバーの補充を要求してきました。

苦渋の決断を迫られた鉄平たちは笹川を後継に指名します。

華子のようになれないと断る笹川でしたが、その場に現れた華子の妹・由紀子により華子が生前残したメッセージを読み、笹川は引き受けることを決めたのでした。

無事に売却が完了し、「ビットラブ」を世間に発表するとすこぶる評判から800万ダウンロードという結果をたたき出しました。

この調子で会社がよくなるかと思われた矢先、火高がサイファーを辞めると宣言したのでした。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」7話の感想
前回の華子の死から立ち直れませんでしたが、葬儀のシーンを見て「ああ、華子死んじゃったんだ」と悲しい気持ちでいっぱいになりました。遺影の中の華子はあの屈託のない笑顔のままなのがまた悲しみを誘います。そしてこのことをきっかけに徐々にサイファーの面々が離れ離れになっていく展開になりました。笹川くんはビットバレーに、火高は独立し、最後に残ったのは堀田と鉄平になりました。「ビットラブ」のヒットしてこれで安泰になるかと思いきや、まさかのプログラムの利権問題が発生し本人たちが知らぬところで問題がどんどん大きくなっていく様に大人って怖いなと思いました。また、「ビットラブ」に興味をしめした著名人としてホリエモンが出演していたことに驚きました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「一発逆転!50億円の秘策!!」
ビットラブは順調。鉄平もカリス若手経営者としてもてはやされる。そんな中、特許侵害を主張する男が現れ、特許買取金額として50億を要求。サイファーにそんな資金はなく、このままではビットラブはサービス停止、サイファーも倒産してしまう。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」8話のネタバレ
順調に見えた「ビットラブ」、そしてサイファーでしたが、ある日、プログラムの特許侵害を主張する男性が現れたことにより状況が一変します。

その男性から特許をDDDの社長が買い取ったことを知った鉄平たちは特許を買収しようとDDDに向かいました。

しかし買い取り額として提示されたのは50憶でした。

もちろん、サイファーにそんな資金はないため、なんとか買い取りたい鉄平は資金繰りのために奔走します。

サイファーに出資していた森永にも頼みますが、火高に惚れこんでいた彼は今や火高なきサイファーに出資することはないと鉄平を突き放すのでした。

資金繰りがうまくいかず自暴自棄になる鉄平でしたが、そんな彼の元に事情をしった火高が駆けつけ、「ビットバレーの沢辺なら投資をしてくれるかもしれない」と思いつき、二人でビットバレーへと向かったのでした。

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」8話の感想
最終回にして最大のピンチを迎えたサイファーですが、鉄平がいかに他のメンバーに支えられていたのかがわかるお話でした。彼も魅力的ではありましたが、華子や笹川、火高を好ましくおもった人たちが援助していてくれただけで、鉄平本人に援助してくれた人はいなかったんですね。森永の様子はとくにそれが顕著だったと思います。そんな状況に絶望した鉄平でしたが、離れていった仲間たちが助けてくれたことで苦難を乗り越えられて、かつ未来ではサイファーは上場するという展開に感動しました。また未来の鉄平が若手社長たちから資金の相談をされる立場になっており、彼の成長に感動してしまいました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の概要

学生時代から起業していた渋谷のギャル男・藤村鉄平は、ベンチャー企業社長・沢辺の書籍に感銘を受け、彼が経営するビットバレーエージェントへの入社を決める。入社後、先輩の山野の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平は、沢辺に直談判するのだが……。(引用:AbemaTV)

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の出演者、放送情報

藤村 鉄平:三浦翔平
火高 拓海:早乙女太一
水川 華子:宇野実彩子
笹川 翔太:松岡広大
堀田 貴之:柄本時生
沢辺 進:豊原功補
黒沢 武雄:池田鉄洋
山野 太一朗:篠原篤
森永 泰三:松岡充

主題歌:AK-69「Forever Young feat.UVERworld」

制作著作:AbemaTV
放送:2018年

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の見どころ

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」は、ベンチャー企業の奮闘を描いたリベンジサクセスストーリードラマ。

夢や恋愛そして友情などを題材にした、反逆と成功の物語を描いたストーリーとなっています。

主演は、甘いマスクで女性から大人気の三浦翔平。

脚本を手掛けるのは、『奪い愛、冬』の鈴木おさむ、三浦と鈴木の二人は久々のタッグとなります。

渋谷の街を舞台に、時代を変えようと奔走する若者たちの青春群像を描き出した作品ですよ。

毎話の決め台詞、「会社は学校じゃねぇんだよ!」にも注目です!

ここ数年またしても訪れている「起業ブーム」の中奮闘する姿が見どころです。

幾多の壁を乗り越えながら会社を軌道に乗せていく、感動のサクセスストーリーから目が離せません!

↓2週間無料お試し期間あり↓
AbemaTV公式サイトはこちら

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の感想

40代男性
心に刺さるドラマでした。夢が詰まったドラマでもありました。ストーリーも最初はスカッとジャパン感あったけど、序盤終盤が盛り上がってて良かったです。お決まりの台詞は毎回出るのだけれど、そこに行き着くまでのストーリーが毎話異なり、結構はまって観られます。起業スピリッツをCA設立に重ねてが描かれてるのでしょうか。三浦翔平の体を張った演技すごいですね。40分なのでテンポが早くて見やすいです。
20代女性
想像以上に面白かったです!三浦翔平と松岡充がイケメンすぎて目が最高です。「嘘ついちゃいけねーのが学校、嘘も必要なのが会社、いじめちゃダメなのが学校、いじめも必要なのが会社、喧嘩しちゃいけないのが学校、喧嘩してでも勝ったやつが上に立つのが会社」このセリフにスカッとしました!ベンチャー企業の過酷さを改めて知りました!
30代女性
社会は情じゃないですが、熱い想いは持ち続けることが本当に大切です。ハッピーエンドに関係なく必死に行動し続ける姿が勉強になる作品でしたた。個人的に好きなキャストばかりだった為、視聴していて楽しかったです。1話を観てイメージが変わりました。今の時代らしい、新しい会社のあり方がわかる作品です。現実味はない熱血なキャラが主人公な為、こんなことありえないだろうな、と思いながらも伝えたいメッセージには感動する部分がありました。

まとめ

以上、三浦翔平主演のドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

誰よりも熱い気持ちで夢を追いかける主人公。

そんな主人公に感化され、みんな一緒に成長していくストーリーが全部見られるのはAbemaTVだけ!

ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」を見られるのはAbemaTVだけです。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

↓2週間無料お試し期間あり↓
AbemaTV公式サイトはこちら