ドラマ|家族狩りの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2014年7月〜9月まで松雪泰子主演で放送のドラマ「家族狩り」

本作は、ミリオンセラー同名小説に、大幅なリライトを加え”深さを増した”文庫版を基にドラマ化。

”人間とは何か””家族とはなにか”を、一家心中事件に関わる登場人物を通して描かれた一級サスペンスドラマです。

ドラマ「家族狩り」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルで無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「家族狩り」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「家族狩り」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「家族狩り」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは通常月額2,659円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは、クーポンをはじめとするキャンペーンが多数行われているため、お得に視聴することができるサービスです。

動画配信サービスではありませんが、取扱作品数は国内最大級の42,000タイトル超えとなっています。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

ゲオ宅配レンタルの登録方法
  1. ゲオ宅配レンタルのTOPから「新規登録」をクリック
  2. メールアドレスを入力
  3. 登録したメールアドレスに届いた承認番号を確認
  4. 入力画面に戻り、承認番号を入力
  5. パスワードを設定し、「登録」をクリックすると完了
ゲオ宅配レンタルの解約方法
  1. マイページの「登録情報変更」をクリック
  2. 右上の「退会手続き」をクリック
  3. 画面下の「続行する」をクリック
  4. もう一度「続行する」をクリック
  5. 内容を確認して「続行する」をクリック
  6. 問題なければ「解約する」をクリック
  7. 「退会手続きが完了しました」と表示が出れば解約完了

ドラマ「家族狩り」の見逃し動画

ドラマ「家族狩り」が動画共有サイトで配信されているか調べた検索結果を以下にまとめています。

動画共有サイト 配信状況 検索結果
Youtube 検索結果はこちら
TVer × 検索結果はこちら
GYAO! × 検索結果はこちら
ニコ動 × 検索結果はこちら

ドラマ「家族狩り」の関連作品、概要

ドラマ「家族狩り」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「家族狩り」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「家族狩り」に出演している松雪泰子の出演作品

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「家族狩り」に出演している松雪泰子の出演作品がたくさん揃っています。

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「家族狩り」をチェックしてみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「家族狩り」のあらすじ

都内で連続して発生する、子供が家族を殺す一家心中事件を調べる警視庁捜査一課の刑事・馬見原光毅は、いずれの現場にも2種類の臭いが漂うことに気付く。

馬見原はそのひとつの香水のような香りを児童心理司・氷崎游子から感じ取り、事件を心中ではなく游子による連続殺人と怪しみ、部下の椎村栄作とともに事件を追う。

游子は高校生の芳沢亜衣との関わりを通じて美術教師の巣藤浚介と出会う。

氷崎家は認知症の父・清太郎の介護とそれに悩む母・民子の疲れでバラバラになりかけていたが、

父と親しくなった浚介や彼の元教え子・鈴木渓徳らとの交流を通じて前向きに変化する。(引用元:wikipedia)

ドラマ「家族狩り」の見どころ

『永遠の仔』『悼む人』といった著名小説を世に輩出した、直木賞作家である天童荒太による同名作品をドラマ化。

構想なんと7年、ドラマの台本づくりには原作者自ら参加し、NHK作品に多く携わった名脚本家・大石静を起用するという、

徹底したこだわりにして制作されたという、期待の本作!

凄惨な場面を「綺麗な映像を重ねて撮る」、作品のキーとなる”臭い”にも特殊な映像技巧を用いるなど、「映像」にも注目の作品です。

一家心中事件が軸となるため凄惨なイメージが先行しそうですが、「家族でも、何においても物事はやり直せる」という活力・希望も含まれたストーリーになっており見どころありですよ。

この骨太かつ重厚なストーリーを、松雪泰子、伊藤淳史、水野真紀といった実力派俳優陣がより盛り上げています。

”原作に感動した”という彼らの迫真の演技も必見ですよ。

ドラマ「家族狩り」のキャストスタッフ、放送情報

氷崎游子:松雪泰子
巣藤浚介:伊藤淳史
鈴木渓徳:北山宏光
冬島綾女:水野美紀
石倉真弓:篠田麻里子
駒田幸一:岡田浩暉
大熊:宮地雅子
岡村 仁:市川知宏
鈴木佳苗:松浦 雅
石倉鉄哉:佐野和真
芳沢亜衣:中村ゆりか
椎村栄作:平岡祐太
清岡美歩:山口紗弥加
大野甲太郎:藤本隆宏
氷崎清太郎:井上真樹夫
馬見原佐和子:秋山菜津子
氷崎民子:浅田美代子
山賀葉子:財前直見
馬見原光毅:遠藤憲一

原作:天童荒太「家族狩り 第一部〜第五部」

主題歌:androp「Shout」

制作:TBS

放送:2014年

ドラマ「家族狩り」の各話動画まとめ

第1話「天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化」
児童ケアセンターの児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)は、酒乱の父親、駒田(岡田浩暉)から虐待される女児・玲子(信太真妃)のことで胸を痛めていた。子どもに何かあってからでは遅い、との悲痛な思いで仕事に向かい合っているが、その真剣さが周りからはうざったがられている。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」1話のネタバレ
都内で二件目の親子無理心中事件が起こった。

刑事の馬見原(遠藤憲一)は違和感を抱くが、警察は無理心中だと断定した。

児童心理士の遊子(松雪泰子)は虐待された子供たちの保護に執心だった。

そして美術教師の俊介(伊藤淳史)は、生徒からなめられていた。

同じく教師の美穂(山口紗弥加)を妊娠させ、後悔していた。

そんな中で、ある男が虐待していると通報があった。

その現場で遊子は、男に自分を殴らせ警察に逮捕させた。

虐待されていた玲子を保護するが、彼女は反抗的だった。

一方で馬見原は、娘の真弓(篠田麻里子)を補導した人物が遊子だったと気がつく。

そして、山賀葉子(財前直見)と戻ってきた遊子から心中事件現場で嗅いだのと同じものを感じていた。

遊子には認知症の父親がいて、徘徊している父を送ってくれたのが俊介だった。

しかしそんな俊介は、女子生徒へのレイプ容疑で連行され、彼は無実だったが謝罪をさせられる。

ある晩俊介は自宅近くで悲鳴を聞いた。

翌朝、三件目の親子無理心中事件が発生したことがわかる。

その騒ぎの中には遊子の姿があった。

馬見原は、現場で再びあの匂いを嗅いだ。

そしてこれは「家族狩り」という名の殺人だと考える。

ドラマ「家族狩り」1話の感想
第一話目にしてすでに三件の無理心中事件が起きています。そしてこの物語の軸となるのが親による「子供の虐待」です。子供を保護することに情熱を捧げている遊子の家庭も複雑そうです。認知症の父親と、パチンコ屋に入り浸る母親。遊子の幼少期がどんな環境だったのかも気になります。それが、今の遊子の職業や生き方に関係しているかも…。そしてもうひとつ、馬見原が事件現場で嗅いだあの匂いです。さらに事件現場だけでなく、遊子が山賀葉子と戻って来たときにも、同じ匂いを嗅いでいます。もしかすると、想像以上に遊子はこの心中事件に深く関わっているのかもしれません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「殺しの香り、殺しの祈り」
都内で起きた麻生家の一家心中事件の現場に駆けつけた刑事の馬見原(遠藤憲一)は、息子による心中事件ではなく誰かが家族を狩っている、と確信。独自の捜査に乗り出す。そんな中、巣藤浚介(伊藤淳史)のマンションに馬見原と椎村(平岡祐太)が聞き込み捜査にやってきた。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」2話のネタバレ
馬見原(遠藤憲一)は真犯人を探そうとしていた。

そして事件家族の葬儀に遊子が来ていたことを知る。

さらに事件現場近くで俊介(伊藤淳史)の姿を見て、その時の状況を聞くが何もわからなかった。

一方で遊子は認知症の父親を施設に入れることを反対していたが、結局止められなかった。

そして保護されていた玲子の行方がわからなくなる。

その父親は失職の不安から遊子を責め、彼女も自分のしたことは間違っていたのかと悩んでいた。

しかし父親は結局解雇され、玲子は元の家に戻っていた。

遊子の家では認知症の父親が、一時的に意識が覚醒していると遺言を語る。

その頃馬見原は、DV被害者の綾女と息子の面倒をみていた。

三人は楽しい時間を過ごしていたが、馬見原の妻佐和子の退院によって、その生活も終わる。

そして以前とは別人のような佐和子に戸惑っていた。

そんな中で、綾女の元旦那の出所を知って心配するが、佐和子が行かせてくれない。

その頃椎村は、事件家族にある共通点を見つける。

それは携帯にある遊子の番号だった。

ドラマ「家族狩り」2話の感想
馬見原はいよいよ、遊子の事件への関与を疑っているようです。そして俊介も…?その遊子ですが、家庭の事情に変化がありました。親を施設に入れるというのはどんな気持ちだろう…。そして突然覚醒した父親が語る遺言の内容とは?!一方で遊子が保護した玲子の家庭にも変化がありました。結局元の家に戻ってしまった彼女。なぜ再び虐待の恐れのある生活に自ら戻ったのか理解できません。DV被害者と暮らす馬見原の生活も変わりました。妻の佐和子が戻ってきたことによって…。馬見原にとってはどちらが幸せだったのでしょうか?そして椎村が遊子の関与を気づいてしまった?!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「親を棄てられますか?」
游子(松雪泰子)の母・民子(浅田美代子)が清太郎(井上真樹夫)を北海道の老人ホームに入れると言い出した。游子は、北海道は遠いしもっと慎重に施設を選んだ方がいいのでは?と進言するが、介護に疲れ果てている民子はさっさと家を売る話を地元の不動産と進めてしまう。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」3話のネタバレ
玲子を返せと施設にやって来た駒田は、遊子(松雪泰子)の説得に耳も貸さない。

そして綾女には元旦那が接近していて、馬見原は心配していた。

そして椎村は、遊子が参加するセミナーが事件家族との接点だと気づくが、遊子が偽名を使っていた真意はわからなかった。

一方で馬見原は、遊子がセミナーで犯行の対象を探していたのではと考えた。

そんな中で、馬見原は綾女を守るために情報漏洩をしていたことを告白する。

佐和子が働く花屋へ、油井から綾女への配達の注文が入る。

偽名の油井のメッセージから綾女は、佐和子が馬見原の妻だと知る。

俊介と生徒の家庭訪問をおこなっている美穂は、親にこのままでは退学だと告げる。

その頃遊子の母親は、父親を施設に入れる費用を騙し取られてしまい遊子を責めていた。

俊介は美穂に結婚を迫られ、彼女の両親にも結婚しないと断言し家を出る。

遊子と俊介は、お互いの胸のうちを語り合い協力しあって、問題を解決しようとするが放火事件に巻き込まれてしまう。

そんな時、馬見原に油井から連絡が入る。

油井は復讐を口にし、その後佐和子の哀れな姿が見つかった。

ドラマ「家族狩り」3話の感想
ようやく遊子と事件家族の接点が見えてきました。まさか、セミナーが獲物を探す場になっていたとは…。家族たちは何も知らずに参加していたのだと思うと、恐ろしいです。しかし馬見原も、綾女を守るためとはいえ、刑事としては犯してはいけない行動に出ていました。情報漏洩をしていた彼はこのまま刑事として生きていけるのでしょうか?その裏で、油井の存在が濃くなってきています。綾女に佐和子の存在を知らしめたり、遣り口が酷いです。さらに馬見原に告げたように、実際に復讐の行動に出ました。そしてそのターゲットは妻の佐和子でした。なんという逆恨みでしょうか…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「踏み出す勇気」
少年らの奇襲に遭った浚介(伊藤淳史)は、大怪我をした上、一時的に記憶をなくしてしまう。自分の名前さえ分からない浚介だが、なぜか「ヒザキユウコ」の名前が記憶に残っており、病院のベッドの上で無意識のうちに何度も名前を呼んでいた。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」4話のネタバレ
馬見原(遠藤憲一)は急いで帰宅するが、佐和子は無事だった。

そして綾女は彼に別れを告げ、姿を消した。

遊子(松雪泰子)はニュースで俊介(伊藤淳史)の事故を知り病院を訪れると、俊介は記憶を失っていた。

しかし次第に遊子を思い出すことに、美穂は嫉妬していた。

そして不登校の生徒について、学校へ虚偽の報告をする。

駒田は施設にやって来て、玲子を返さなければ訴えると言い出した。

遊子は態度を曲げず、駒田は帰って行った。

遊子は、自分は殺人を犯したのだからもう失敗はできない…と呟く。

その頃馬見原は、油井を探していたが見つからなかった。

そして佐和子の精神も壊れていく…。

綾女は油井の影に怯えていた。

一方で俊介が帰宅すると遊子とのことを疑う美穂がいた。

俊介は妊娠が嘘だとわかっていたことを告げ、美穂にプロポーズした。

そこへ不登校生徒の母親から電話があり、俊介は生徒のことを心配する。

遊子と二人で生徒の家へ向かうと、暴れて火をつけるところだった。

そして怒る父親に亜衣は刃物を突きつけた。

ドラマ「家族狩り」4話の感想
今回の展開のなかで、一番理解できなかったのは俊介と美穂の関係です。前回では結婚はしないと彼女の両親にまで断言していたのに…プロポーズするの?!しかも妊娠が嘘だと言うことに気づいていたのに?そして仕事に関する考えも違うのに…。記憶喪失になっている間に気持ちの変化があった?!私はこの展開に??だらけでした。まだしも、遊子との関係に嫉妬し疑う美穂の気持ちのほうがわかります。そして綾女に対する油井の執念も恐ろしいです…。馬見原のもとを離れた彼女には守ってくれる人がいないのに、大丈夫でしょうか?一方で生徒の家に行った俊介ですが、先日の放火事件とその生徒は何か関連があるのかも…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「闇を破る」
游子(松雪泰子)と浚介(伊藤淳史)は、美歩(山口紗弥加)の担任する生徒の実森勇治(岡山天音)が家庭内暴力を激化させていると聞き、急いで実森家へと向かう。母、智代(占部房子)は憔悴しきっており、精神的にも不安定な状態だ。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」5話のネタバレ
俊介(伊藤淳史)は勇治に自分の経験を語り、心を開かせようとする。

そして遊子(松雪泰子)は、勇治の心を動かす彼に驚いていた。

俊介は、自分は遊子といると強くなれるのだと語る。

佐和子と馬見原(遠藤憲一)は共に生活していたが、佐和子は油井によって綾女たちとの関係を知る。

椎村は心中事件の調べを続けていたが、上司からは止めるように言われる。

そして馬見原は心中事件を殺人に見せかけているのだと言う。

駒田が施設にやって来たが、葉子と面会した彼は心を開き、遊子はここには居場所がないと感じた。

そんな時、油井が真弓の店に現れる。

不信感を抱く真弓だが、油井は綾女への配達を佐和子に依頼する。

遊子は葉子とセミナーに行くが、その様子を見て再び自信を失くしてしまう。

そこへ亜衣の両親が現れ、病院か施設を紹介するように要求した。

帰宅した遊子を俊介が待っていた。

しかし、もうここには来ないでと言う。

自分の気持ちの変化も感じていたからだ。。

そして油井の依頼で綾女に花を配達した佐和子は、彼女に刃物を突きつけられ…。

早朝、俊介は勇治と教室でDVD鑑賞をしていた。

美穂や生徒にからかわれた勇治はパニックになり、彼女たちに襲いかかって…。

ドラマ「家族狩り」5話の感想
子供たちだけではなく、大人たちもそれぞれに過去や生きづらさを感じているように思いました。自分の居場所や拠り所を失い、どうやって生きていけばわからなくなっているように見えます。そんな状態で日々の生活を送るのは地獄のようだと思います。油井の企み通り、佐和子は綾女に傷つけられてしまうのか…。全てが油井の思い通りに運ぶのは腹立たしいです。そしてそんな大人たちの行動と、あの心中事件がどう絡んでくるのか?四件目の事件はもう起こらないのか…?俊介と遊子の関係も気になります。自分を律するようにもう来るなと言った遊子の心の内は…?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「最期の声」
巣藤浚介(伊藤淳史)の必死の呼びかけで入学式以来、不登校だった実森勇治(岡山天音)が桐明学院高校にやって来た。ところが元担任の清岡美歩(山口紗弥加)の心無い一言で、勇治は再び心を閉ざしてしまう。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」6話のネタバレ
勇治(岡山天音)は、美術教師の俊介(伊藤淳史)と一緒にDVDを鑑賞していた。

すると、担任の美歩(山口紗弥加)と他生徒がやって来る。

不登校の勇治がいるのを見た生徒たちは、「気持ち悪い」と口にし出す。

感情を抑えられなくなった勇治は、近くにあった美術品を手に取り、美歩を襲おうとする。

しかし俊介が止めに入り、勇治は美術品を置いて、どこかへ行ってしまう。

俊介が追いかけるも、足を負傷しているために、逃げられてしまった。

勇治は家に直帰して、学校で受けた虐めの怒りを、リビングで発散する。

息子の暴れぶりを見て、怯えながら游子(松雪泰子)に連絡をする勇治の母。

游子はすぐさま勇治の元へ向かうと、俊介とタイミング良く出会う。

2人は勇治宅のインターホンを押すが、反応がないので裏側から入れるか確認しに行く。

裏にはベランダがあって、ちょうど窓から部屋を滅茶苦茶にしている勇治の姿が見える。

勇治は2人の存在に気が付いて、自室へと逃げてしまった。

ドラマ「家族狩り」6話の感想
俊介の働きかけが、悪い方向に動いてしまって残念です…。美歩が協力的になってくれればいいのにと思わずにはいられません。勇治だって、1人になりたくてずっと1人でいる訳じゃないのに…。担任が頼れないから、別の教師・俊介が気にかけている状態です。勇治が可哀想だなと思います。また游子や俊介に当たってしまう勇治のお母さんも、辛いんだろうなと思うので、簡単に責められませんね。息子が家で激しく暴れるのは、ものすごいストレスでしょうし…。游子は勇治だけでなく勇治の母も救おうとしていますが、難しいようです。また仕事も大変ですが、私生活も問題ありなので、游子にも同情してしまいます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「真犯人!」
巣藤浚介(伊藤淳史)が実森勇治(岡山天音)の家を訪ねると、そこには変わり果てた一家の姿が。さらに、血まみれの智代(占部房子)の体を拭く氷崎游子(松雪泰子)の姿を目撃した浚介は、ある疑念を抱く。 (引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」7話のネタバレ
勇治(岡山天音)家族は、自宅で亡くなっていた。

遺体を見つけた浚介(伊藤淳史)と游子(松雪泰子)は、事情聴取を受ける。

警察は窓から侵入したこと、遺体の位置を変えたことを2人に注意。

たったそれだけで話が終わり、帰宅の許可を貰う。

しかし浚介は、これは殺人事件だと刑事に訴える。

すると突然、刑事の馬見原光毅(遠藤憲一)が身動きが取れないよう、浚介を押さえつける。

一方で、事件現場である勇治の家を捜査していた椎村栄作(平岡祐太)。

リビングには、何故か先輩刑事・光毅のライターがあるのを発見する…。

そして浚介は「この臭いは何だ?」と光毅に問い詰められる。

結局署まで連れて行かれ、取り調べを受けることになってしまった。

話を聞く前に光毅はタバコを吸うのだが、椎村はその姿に驚く。

勇治宅で見つけたあのライターは、鑑識が証拠として持っていった。

けれども、光毅はそれを手にしているのだ…。

ドラマ「家族狩り」7話の感想
このドラマには普通の人がいない感じなんでしょうか?問題のある家庭で育った人ばかり登場します。どれも救いようがない感じで、しんどいですね。学校の対応が酷いですが、今まで虐めを教師が黙認していたので、生徒が死んだからといって変わる訳ではないですよね…。亜衣はずっとミステリアスですね。勇治の気持ちに同調しており、世間全般を恨んでいるような感じですが、彼女にも何か事情があるんだろうなと思います。犯人は光毅なのかな…?と今は思うのですが、まだ分からないですね…。終盤、游子と浚介の会話が、とても印象深かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「犯人の罠」
游子(松雪泰子)の家に不法侵入し、民子(浅田美代子)ら家族を殺そうとした駒田(岡田浩暉)。児童ケアセンターの一時保護所で父・駒田を待つ玲子(信太真妃)のためにも大事にはしたくない游子だったが、警察は殺人未遂事件として捜査を始める。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」8話のネタバレ
游子(松雪泰子)が家に戻ると、そこには刃物を持つ駒田幸一(岡田浩暉)がいた。

「お前が悪い」と游子に対する恨みを口にして、襲い掛かろうとしてくる。

しかし、眠っていた游子の父・清太郎(井上真樹夫)が騒ぎに気付く。

ゴルフクラブを持って現れ、幸一に向けて振る。

そして、幸一は逃げて行った…。

通報をして、警察が駆けつけて、事件が起きた状況について説明する。

「鍵は閉まっていた」と告げる游子だが、捜査の結果では、玄関に怪しい跡はないと言われる。

犯人はどうやって侵入したのか?

游子は疑問を残したまま、加害者である幸一をあまり責めたくないと話す。

彼には、娘・玲子(信太真妃)がいるのだ。

けれども警察に「これは危険な事件」とハッキリ宣言されるのだった…。

一方で光毅(遠藤憲一)は、綾女(水野美紀)を慰めている。

だが、油井善博(谷田歩)から連絡を受け…。

ドラマ「家族狩り」8話の感想
亜衣の口の悪さが凄いです。父親と母親の関係性によって、こうなってしまったんだろうなと思います。父親は妻も娘も、自分のモノだと思い込んでいる感じで、家庭を持ってはいけないタイプの人だなと感じます。亜衣は賢い子ですが、そうならなきゃいけない環境に置かれたゆえに…というタイプで、強気なところが痛々しく見えます。そして幸一が亡くなってしまう展開に…。人が死にまくるドラマですね。游子と浚介が信頼関係を築いているのだけが、今の希望です。2人は何やかんや、周りに頼られていますし、心の支えになっていると思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「葬送の儀」
游子(松雪泰子)は、シロアリ駆除業者の大野(藤本隆宏)にあることを確認するため大野白蟻工業を訪問するが、そこが葉子(財前直見)の自宅と隣接していることに気付き困惑する。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」9話のネタバレ
大野甲太郎(藤本隆宏)と山賀葉子(財前直見)の自宅は隣同士。

游子(松雪泰子)はそれに気付いてしまった。

一方で、元妻・綾女(水野美紀)に包丁で不意をつかれて刺された油井(谷田歩)。

その場面を目撃した刑事の椎村(平岡祐太)に、封筒を渡す。

綾女には後悔の念を告げて、そして息を引き取った。

その頃、浚介(伊藤淳史)は游子の家で食事をしている。

出掛けたきり帰って来ない彼女を心配して、連絡を入れてみるが繋がらない。

游子の母・民子(浅田美代子)は、そんな浚介に「彼氏と会ってるとか?」と揶揄う。

同じ頃、意識を戻した游子は、大野の工場にいた。

意識が戻った時にはもう、身体は身動きが取れないよう縛られている。

目の前にいるのは、山賀。

彼女は駒田(岡田浩暉)、勇治(岡山天音)を殺めたと自白してくる。

一方で、椎村は死にかけの油井に渡された封筒の中身を確認。

そして馬見原(遠藤憲一)を犯人に仕立て上げたのは、藤崎(飯田基浩)だと突き止めて…。/dd>

ドラマ「家族狩り」9話の感想
やっと犯人が分かりましたが、山賀でした。ああいう職業に就いている人は、心を病んでいる人が多いのでしょうか!?游子は自身が経験した辛い記憶を、他の家族を助けることで癒そうとしていました。山賀はそういう方向にはいけなかったんですね…。自分自身が神的な役割を担うことで、精神を保っている感じでした。宗教を開けそうな雰囲気です。人を殺してあげることは救いだと考えているらしいです。なぜそれを游子に話したのか、よく分かりませんが、謎が解けて良かったです。遠藤憲一さん演じる馬見原は、犯人かと思わせておいて、良い人のパターンでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「約束を」
行方不明になった游子(松雪泰子)が、芳沢家にいると気付いた浚介(伊藤淳史)は、馬見原(遠藤憲一)に助けを求めつつ急いで芳沢亜衣(中村ゆりか)の家へと向かう。ところが、大野(藤本隆宏)から一撃を受け、意識が戻ったときには目の前に恐ろしい光景が…。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」10話のネタバレ
亜衣(中村ゆりか)一家を殺害する「儀式」を行い出した、山賀(財前直見)と大野(藤本隆宏)。

しかし亜衣が突然「やめて」と叫び出す。

それを見ている身動きの取れない游子(松雪泰子)。

山賀たちに「儀式を見届ける必要がある」と言われ、連れて来られたのだ。

亜衣が大きな声を上げた瞬間、その隙を狙って大野に身体ごと当たりにいく。

「私を先に殺して」と游子は怒鳴るが、起き上がった大野に殴られてしまう。

そして大野は亜衣に優しく話し掛ける。

先ほどまで、山賀たちの手で自分を含める家族全員が殺されることを望んでいた亜衣。

意見が変化した理由を尋ねられるが、混乱して支離滅裂なことを言う。

そんな亜衣を、山賀が包み込むように抱きしめた。

「自殺したら、両親は私の意思に背いたことを言うに違いない。それは嫌。」

「だったら、両親が死ぬのを見届ける方がマシ。」

涙を流しながら亜衣は話し続けた。

そして、「苦しまないように、両親を送るからね。」と山賀が伝えて…。

ドラマ「家族狩り」10話の感想
亜衣の演技が良かったです。すごく難しいテーマを扱っているドラマだなと感じます。死にたがっている人を救うのは、切実に訴えかけるしかないのかも?と、游子と浚介を見て思いました。山賀と大野がやっていることは、自分たちの傷を癒やすためであって、機能不全家庭で育った子供を救う行為じゃないんですよね…。そこがむかつくところでした。自分たちの行為に対して、最期に子供たちから感謝を求めて、しかも游子が犯人になるようにするなんて、色々と図々しいなと思います。悪いことをしていると本当は分かっているのに、それに気づかないフリをしていましたね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「家族狩り」の感想

40代男性
深みのある重厚な色合いのサスペンスでしたね。次はどうなるんだろうと毎話楽しみにして観ていました。
家族の間で起こる葛藤だったり、DVなどを扱っているんですけど、強烈なシーンもいくつか。
また財前直見さんの怪演ぶり、遠藤憲一さんのクールなアウトロー感など、各登場人物のキャラインパクトに心に残るセリフ、書くポイントが一杯になってしまう(笑)名ドラマだったと思います。
30代女性
しっかり大切に作り込まれた作品なのだというのが、脚本・名俳優さんたちのキャスティングぶりから良く分かりました。
”家族とは”をすごく考えさせられたドラマで、表面の幸せそうに寄り添う家族像が一番幸せではないよ、と。色んな家族が登場しますが、それぞれ抱えている”各人の闇”を深く丁寧に描いており、素晴らしいなと思いました。
恐怖も覚えましたが、そのストーリーと演出と、一度観るとハマってしまう面白いドラマでした。
30代男性
キャスト陣が演技派ばかりで期待が持てる作品でした。主演の児童心理司をやった松雪泰子さん始め、教師役の伊藤淳史さん、刑事役の遠藤憲一さんなど、皆さん圧巻の演技力でした!相談員役の財前直見さん、強烈な役でしたねー”送ってさしあげる”、このセリフとやる事がかなり強烈でした。怪演とはまさしくこの事ですね。
こんなに深く、躊躇なく家族の事を描き出し、考えさせてくれる作品は無いのでは思うくらいの名作だと思います。

まとめ

以上、松雪泰子主演のドラマ「家族狩り」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスについてまとめました。

深く人の心理を描く事により、人や家族のあり方を考えさせてくれるサスペンスドラマである本作。

ハラハラの展開に加え、衝撃のラストー最後まで目が離せない作品である事、間違いありませんよ!

ゲオ宅配レンタルで家族狩りのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴