ドラマ|恋する母たち6話あらすじとネタバレ感想まとめ!息子の落語ラッパーとしての才能を信じたい母親

子どもがいてもいなくても、母親である前に女性であり、女は恋をする生き物。

そう教えてくれる柴門ふみ原作の「恋する母たち」には3人のそれぞれの母親が登場しています。

この記事では、新たな環境でそれぞれの母親たちが動き出す6話について、あらすじやネタバレ・感想をまとめています。

ドラマ「恋する母たち」の動画は、Paraviの2週間の無料お試し期間を使えば1話から全話無料視聴可能です。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

▶︎「恋する母たち」の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ「恋する母たち」前話5話のあらすじと振り返り

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。(引用元:TBS公式サイト)

優子は赤坂とキスをしている決定的な浮気現場を旦那のシゲオに見られてしまったのです。

別れはしないが、息子と旦那は一緒に与論島に行くことに。

まりは旦那の傲慢さに苛立ちが募りながら、丸太郎の優しさに幸せを感じていました。

杏は斉木との関係をなかなか受け入れてくれない息子とのことで悩み、さらには元奥さんの登場でモヤモヤとした気持ちが晴れないでいたのです。

▶︎ 前5話の詳しいあらすじとネタバレはこちら

ドラマ「恋する母たち」6話のあらすじとネタバレ

ドラマ「恋する母たち」6話のあらすじ

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。そこには慎吾も身を寄せていた。しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。(引用元:TBS公式サイト)

杏の前に元旦那の慎吾が

与論島にいるはずの元夫も石渡慎吾(渋川清彦)は、杏(木村佳乃)の自宅前に現れ、「助けて下さい」と困った様子で迫ってきます。

やっと縁をきって、忘れかけていた時に現れるものだから、杏は動揺を隠せません。

慎吾の話しでは、杏が与論島から帰ると、離婚話が島中の噂となり、妻から家を追い出されたというのです。

なんとか、自分のことを知っている杏に、離婚届にあった住所を頼りに会いにきたと言います。

その身勝手さに怒りを覚えた杏は、母の綾子(夏樹陽子)の連絡先のメモを渡し、大雨のなか追い返すのでした。

その現場を目撃した、息子の研(藤原大祐)は困った人への態度として「ひどい」と杏を攻めます。

事情を話すと何も言えなくなる研は、与論島に居る林大介(奥平大兼)に電話で相談。

「怒るに決まっているだろう」という大介の話で、母の杏を理解する研であった。

ある日、杏が仕事から帰ってくると、研と義母の綾子が大騒ぎ。

なんと、自宅の雨漏りが酷く、修理が終わるまで義母の家に住むことになります。

研は父の慎吾に興味もあるので構わないですが、杏は斉木巧(小泉孝太郎)を裏切っているようで気がすすみません。

先に行く二人を追いかける杏は、階段を踏み外し、足に怪我を負うことに。その夜、斉木が会いたいと電話をします。

杏は、自宅の雨漏りで義母の家にいると説明すると、明日朝迎えに行くといい電話をきるのでした。

翌朝、迎えに来た巧は、杏が車に乗ろうとした瞬間、忘れた携帯を届けようと玄関から急ぎでてくる慎吾を、目撃してしまいます。

車の中で事情を説明する杏に、斉木は自分の家に来て欲しいと合鍵を渡すのでした。

しかし、息子が心配だからと悩みますが、数日後斉木に電話して「そっちに行っていいですか」と言う杏であった。

優子は千葉の営業部で再出発

千葉で一人暮らしを始めた林優子(吉田羊)は、営業部長として転勤します。

本社の宣伝部と全く雰囲気がちがうので戸惑う優子でしたが、熊田というベテランが、しばらくついてくれるのであった。

早速、取引先にあいさつ回りをするする優子に驚く熊田は、様々なアドバイスをします。

特に塚越商店の社長への挨拶はやめようと言いますが、優子は強気で挨拶に行きます。

熊田の予想のとおり、社長は「本当に悪いと思うなら、土下座しろ」と言ってきます。

どうも、半年ほど前に、仕事上で些細なトラブルがあって、それからどう謝罪してもご立腹というのです。

事情を知った優子は、土下座します。更に怒り出す社長は「ずっとそうしていろ」といいその場を立ち去ります。

しばらくたって社長が戻りますが、ずっと土下座をしている優子に、「明日朝8時にある場所に来い」と言い、また立ち去るのでした。

土下座をさせたくなかったから、挨拶にいくのは辞めましょうと言っていたのにという熊田に「私は気にしていません」という優子であった。

翌朝、指定場所に向かった優子は、社長に許してもらったのか、終始穏やかに話をしてくれます。

優子は、それから毎日社長の話を聞いての出社が習慣となるのでした。

そんな、ある日杏からメールが来ます。杏が勤める不動産屋に、赤坂剛(磯村勇斗)が住まいを探しに来たと。

彼がいろいろ新居を探す理由を話すものだから、優子の好きになった相手と分かり素敵な人と思ったという内容に、よろしくお願いしますと返事する優子でした。

その夜赤坂から電話がきます。

営業のアドバイスと困った時はいつでも頼って下さいと伝えてくれるのですが、優子の悩みは赤坂のことを忘れることができないことであった。

一方、夫のシゲオと大介は与論島でのんびりと暮らしています。

夕方綺麗な海辺で二人海を眺めながら、大介は父のシゲオに小説が面白くないのに小説を書くのか聞いてきます。

どこが、面白くないか聞く父に全部という大介は、自分のことを小説にしなよと言うのでした。

息子の才能と元不倫相手の復讐

蒲原まり(仲里依紗)は、不倫問題が解決したと思っている夫の繁樹(玉置玲央)ますますの傲慢ぶりにうんざりしているのでした。

息子の繁秋(宮世琉弥)の将来についての相談も、学校のことも、全く考えようとしてくれなし。

落語家になりたいといっている息子のことを伝えると、絶対に認めないとはっきりいう夫。

だんだん、夫への不満が募っていくまりでしたが、丸太郎に落語のことを相談する。

しかし、断る丸太郎であった。

ある日、繁秋のラップをしている発信動画をみた丸太郎は、才能があるかもということをまりに知らせます。

喜ぶまりに、レコード会社を紹介しることになり、丸太郎とまりと繁秋は責任者に会いに行くのですが、夫はそれでも否定的です。

もう我慢の限界の「まり」でしたが。翌日、蒲原家に災難がおとずれます。

夫が担当している議員が急に会社に怒鳴り込んできます。

なんと、週刊誌に隠し子がいることが掲載されて、訴えると言うのです。

繁樹は、情報漏洩を否定しますが、証拠の録音があります。

実は、繁樹がキャバクラで話した会話です。しかも同席していた、元不倫相手が録音していたのです。

ついに、元不倫相手の山下のり子(森田望智)の繁樹への復讐が始まったのです。

まだまだ繁樹を追い詰める彼女は、電話で次の計画を伝えます。

もうどうしようもなくなった「まり」は、杏に助けてもらうために電話をします。

杏はもちろん斉木に相談しますが、難しすぎる話で自分には何もできない。

総理大臣でも無理な話だと断ります。がっかりする杏に、斉木は「甘えるなよ」と言い、「あなたの心の中に、僕はいない。息子はいる。友人もいる。」といい、突然の別れを告げるのでした。
▶︎ 次7話の詳しいあらすじとネタバレはこちら

ドラマ「恋する母たち」6話の感想

50代女性
斉木が杏に一方的に別れようと言ったのには驚きました。杏は、けがをしたり、元夫が母の家に来たり、息子が父親に興味を持ったり、大変な状況なので、支えてあげてほしかったです。斉木は、独占欲が強く、自分を一番に考えてほしかったのでしょうか。杏がとてもかわいそうになりました。まりの一家は大変なことになっています。多分、繁樹は信用をなくし、職も失うかもしれません。不倫相手は、繁樹一家全員に仕返しをして、ひどい人だと思います。優子は一人で千葉で頑張っています。赤坂が電話で、なんでも相談してくださいと言ったのには、優しさと愛情が感じられました。よい人なのだと思いました。杏の息子の研は、父親と話したり、勉強を見てもらったりしていました。捨てられたという記憶があまりないためなのでしょうか。慎吾が今後どうするのか気になります。
30代女性
3人の人生が変わり初めまてしまいました。そのなかでも吉田羊さんの仕事に対する熱意が素晴らしく本当にかっこいいとおもいます。しかし彼を忘れられない女心が痛いほど伝わりました。反して会社を訴えられてしまった、仲里依紗さんかそはどうなってしまうのか気になります。不倫女性を甘くみると恐ろしく感じました。そして木村佳乃さんはこれから、と言う時に別れを告げられ、元旦那さんと復縁はあるのかとても目が離せなくなりました。
20代女性
まずまりの旦那さんの不倫相手の復讐がえげつなかったです。来週話でパートする主婦に転落してしまうという予告が出ていたので驚きました。シゲアキのラップ?歌の才能もすごかったです。それをサポートする丸太郎が父親のようで少しほっこりしました。それに対してまりの旦那さんは相変わらずのダメ夫ぷりで、それがまた面白かったです。そして杏とケンが義理の実家に住むということになってケンの複雑な気持ちが心痛かったです。優子の赤坂さんに対する切ない想いがもう切なかったです。来週話で再会するっぽいシーンが予告にあったので楽しみになりました。
50代女性
まずはどうしていきなり離婚した慎吾が杏の家の前にいるのかで驚きました。いくら家を追い出されたからと言って、どれほど苦しめたか理解していたら来られないかと思います。私的には慎吾は人の痛みの分からない男性なのだなと感じました。同じように人の痛みを感じないのがまりの夫のシゲキです!家族をまるっと巻き込んだ愛人の復讐のやり方は弁護士秘書としてもどうかと思いますが、シゲキに関しては「自業自得」ですよね~。まりの下の女の子たちが受け入れてくれるなら、丸太郎の所へ行く良いきっかけになったのでは?そして切ないのが赤坂君。優子さん、お願いしますよ、感情に逆らわず、取り合えず後先考えずに赤坂君を受け入れてあげて!と願っています。ラストで杏に別れを切り出した佐伯さん。言わんとしていることの意味は分かるのですが、ちょっと厳しすぎるかな~。一度目は説明してあげて欲しいなと思っています。3人とも笑顔でハッピーエンドになって欲しいですね。
30代女性
丸太郎さんが本気なのかあそびなのか気になっていましたが子供丸ごと引き受ける!って言うのを聞いて、羨ましくなりました。子供が3人いても好きになってくれる人いるんだな、いいなあ。と。小泉孝太郎みたいな男性いますね。すぐ、めんどくさい。と言う人、すぐ別れようと言う人。振り回されてるだけな感じを受けました。吉田羊さん、体めちゃ綺麗、普段は凛とした上司でもやっぱり女性なんですよね。こんな旦那さんと子供なら仕事の方が大事になる気持ち分かります。最後どうなるかわからないですが今一番はまっているドラマです。
30代女性
まり(仲里依紗)は旦那との仲をこれからどうしていくのか見ものです。今までは稼ぎがある旦那だったため、嫌味ったらしくても我慢していた部分があったと思いますが、もし週刊誌に出て仕事が無くなったら、一緒に居る意味はまるで無いと思います。まりも杏(木村佳乃)のお母さんから自身のチャンネルに出て欲しいと打診されていたし、それで一定以上の収入になれば、離婚しても問題無いと思います。ただあの旦那が大人しく離婚してくれるとは思えませんが。
40代男性
恋が始まったけど、子供との関係に悩む姿・年下の男の子に熱烈に愛されて忘れられない姿・才能のある男に惹かれる姿。三者三様の恋模様が描かれていて、今後どうなるのか?気になるドラマです。年代も私と同じ30~40代で重ね合わすところがとても多く、見ていて自分がこの3人の誰かになったらどうする?と想像しながら見るのも楽しいです。私もバツイチ子持ちで恋をし、再婚したので杏さんの揺れ動く気持ちがとてもわかる気がします。子供が1番大事、だけども彼の元へも行きたい。彼の元に行くことへの罪悪感みたいな気持ち。子供との心の距離が離れないか心配です。優子さんの恋は、不倫だけど本気になっている辛い恋。相手の部下は若くこの先も考えると40代の母の立場の優子さんにとってとても気持ちだけで飛び込めない所だな、と。実際ではなかなか40代の女に20代の若い子が恋に落ちるなんてないからドギマギします。言葉で気持ちをぶつけられるなんて素敵。今後のストーリー展開に期待です。まりちゃんは才能もあり、自分の子供の才能も信じてくれる丸太郎さんに気持ちが…離婚するにしても丸太郎さんにいくにしても、マスコミがついてまわりそうで怖いです。

まとめ

以上、木村佳乃主演のドラマ「恋する母たち」の6話のあらすじ、ネタバレと感想をまとめました。

まりの家族は一体どうなるのでしょうか?

夫の傲慢さには常日頃不満を抱えているときに、そんな優しい言葉をかけられた母親が出す決断が気になります。

Paraviで恋する母たちの動画は1話から全話無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

▶︎「恋する母たち」の動画を無料視聴する方法はこちら