ドラマ|心がポキッとねの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2015年4月〜6月まで阿部サダヲ主演で放送のドラマ「心がポキッとね」

こじらせ男女の四角関係を描いたラブコメディ。

人生どん底のホームレス男が、人生の再起を図る物語です。

ドラマ「心がポキッとね」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「心がポキッとね」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「心がポキッとね」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「心がポキッとね」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「心がポキッとね」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「心がポキッとね」に出演している阿部サダヲの出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「心がポキッとね」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「心がポキッとね」の動画まとめ

ドラマ「心がポキッとね」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「恋も、人生も、こじらせています。この四角関係はめんどくさい」
小島春太(阿部サダヲ)は、アンティーク家具店の倉庫の一角に作った居住スペースで目を覚ました。いつもの通り深呼吸をすると、身支度を整えて出かけていく。春太が着いたのは、大竹心(藤木直人)が社長を勤める家具店「リオ ボニート!」だ。修理担当として働く春太に、店員の糸山扶美(徳永えり)が声をかける。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」1話のネタバレ
小島春太(阿部サダヲ)は、家具店「リオ ボニート!」の修理担当として働いています。

アンティーク家具店の倉庫の一角にある居住スペースで春太は暮らしていました。

いつもの様に朝を迎え、店に向かう春太。

同僚の店員・糸山扶美(徳山えり)が話しかけてきましたが、春太は何かと自分の世話を焼く扶美のことを少し苦手だと感じていました。

他の同僚の富田涼(永瀬匡)と庄司加代子(池津祥子)も出勤してきています。

春太は「白神メンタル相談所」に仕事の後に向かいました。

春太が思い切ってドアをたたくと、所長の白神(山西惇)が迎えに出てきました。

一方その頃、「リオ ボニート!」の社長・大竹心(藤木直人)は空間コーディネーターの鴨田静(山口智子)と一緒にいました。

静は心のために夕食を用意し、心は静の手料理を絶賛します。

嬉しくなった静は、ブログにその料理をアップするのでした。

春太はカウンセリングの帰りに、桜をみつめる葉山みやこ(水原希子)を見かけます。

彼女のあまりの美しさにすっかり見とれてしまう春太なのでした。

ドラマ「心がポキッとね」1話の感想
家具店で働くというシチュエーションに、とても魅力を感じてしまいました。しかも修理担当とは、手に職をもっていて、しかも壊れてしまった家具に命を新たに注ぎ込むことができる仕事。本当に素敵です。ものを大切にすることに直結している仕事。いいですね。また、その社長が藤木直人さんにようにとってもナイスなイケメンだったら、仕事に向かう日々がどんなにか癒されることでしょう!そうはいっても春太さん、いろいろ問題を抱えているようですね。これから解消されていくのでしょうか。先が気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「この生活、キツ過ぎません?究極に面倒くさい恋の行方とは!」
小島春太(阿部サダヲ)は、元妻の鴨田静(山口智子)に再会するも、別人になり切っている静にあわせて、初対面を装い続けた。そんな中、大竹心(藤木直人)を神とあがめる葉山みやこ(水原希子)が、心に静との関係を尋ねる。心は、愛し合っている関係だと、屈託もなく答えた。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」2話のネタバレ
小島春太(阿部サダヲ)は、別れた妻・鴨田静(山口智子)に再会しました。

静は夫婦でいたころとは別人のようになっており、春太は驚きつつも、静の振る舞いに合わせて初対面のフリをするのでした。

一方で葉山みやこ(水原希子)は、「リオ ボニート!」の社長である大竹心(藤木直人)に心酔しきっていて、心と静の関係が気になって仕方がありません。

みやこは、心本人に二人の関係と問い正しますが、心はサラリと笑顔で愛し合っていると答えるのでした。

静に敵意をあらわにするみやこでしたが、静の過去を根ほり葉ほり聞く割には、自分の過去については固く口を閉ざしてしまいます。

その後もみやこは心と静の関係の不自然さを春太に訴え続けます。

そして春太に、心を思うあまり暴走しそうな自分を抑えてほしいと頼むのでした。

翌朝、睡眠不足気味の春太を異常なまでに心配する扶美(徳永えり)。

救急車を呼ぶとまで言い出します。

扶美の大袈裟な振る舞いに辟易する春太でした。

ドラマ「心がポキッとね」2話の感想
みやこの暴走ぶりはすごいですね。ここまで思われるのも男性としてはちょっと引いてしまう感じなのでしょうか。どうも、水原希子さんはこういった押しの強いエキセントリックな性格の役柄が多いように思います。外見のイメージとは合っているかもしれませんが、何となくお気の毒のような気もしてしまいます。役者さんにとって役のイメージは切っても切り離せないものだと思うので、作品としての面白さも大事ですが、役者さんのプライベートに与える影響もちょっとは考慮してもよいのではと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「恋は苦手な上にどうなるバレた元夫婦!」
雑誌の撮影が中止となった翌朝、小島春太(阿部サダヲ)は一人で店へ出かけていく。鴨田静(山口智子)は、葉山みやこ(水原希子)と大竹心(藤木直人)に指示しながら、片付けを始める。そんな中、撮影用に作ったが手を付けられていない料理を見た心は、それを「リオ ボニート!」に運んでパーティーをしよう、と提案する。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」3話のネタバレ
雑誌の撮影は中止になってしまいました。

その翌朝、小島春太(阿部サダヲ)は一人店へ出かけていきました。

片づけをしていた静(山口智子)・葉山みやこ(水原希子)・大竹心(藤木直人)は、撮影用に準備したものの手つかずで残っている料理を「リオ ボニート!」に運んでパーティーをすることにしました。

パーティーの準備の間、春太の部屋で時間をつぶしていたみやこは、春太の古い携帯に、春太と静のプリクラが貼られているのをみつけ不機嫌になります。

「リオ ボニート!」で作業をしていた春太は、休憩中に静のブログをチェックしたり、保存していた新婚時代の静と一緒に写っている写真を見たりしているのでした。

料理を運んできたみやこと心と静。

みやこを見た扶美(徳永えり)に、心はみやこが倉庫で暮らしていることを話します。

驚く扶美でした。

そしてパーティーを始めるために、庄司加代子(池津祥子)が春太が寝ているところに呼びに来ました。

床に落ちている携帯を見つけると、加代子はロックを解除して画面を見てしまうのでした。

ドラマ「心がポキッとね」3話の感想
なんと、みやこは春太が気になってきているのでしょうか。その春太はまだ静が好きな様子。別れた後も、その人のブログを見たり一緒に撮った写真を眺めたり、本当に好きなんですね。切ないです。好きだという気持ちは、別れたからと言ってその次の日からあっさりリセットされるものではないと思います。好きであればあるほどそうだと思います。思いを断ち切るにはとことん自分の気持ち向き合って、時間が解決してくれるのを待つしかないのかな。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「一人にしないで…。おかしな関係崩壊!」
春太(阿部サダヲ)と静(山口智子)が、夜中にこそこそと2人で会っていたのではないか、と誤解したみやこ(水原希子)によって、川に突き落とされ、ずぶぬれになってしまった3人。なぜそんな目に遭わされないといけないのか理解できない静がみやこに詰め寄ると、春太のせいで川に落ちてしまったのだと言う。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」4話のネタバレ
みやこ(水原希子)は、春太(阿部サダヲ)と静(山口智子)が夜中にこっそり会っていたと誤解します。

怒ったみやこは3人を川に突き落としてしまいました。

静はあまりにも理不尽なみやこの振る舞いに、なぜこんな目に合わないといけないのかとみやこに詰め寄ります。

するとみやこは、春田のせいだという始末でした。

ありえない責任転嫁に言葉もない春太でしたが、心はというと、すべて自分が悪いと謝るのでした。

偶然会っただけだと春太と静は説明します。

するとみやこは、偶然会うなと言い返しました。

あまりにも理不尽なみやこの言い様に、心とみやこはどうなのかと静が切り返すと、偶然会っただけど答えるみやこ。

元夫婦であった二人を許してくれた心に、もう少し配慮すべきだというみやこでした。

その後二人になった春太とみやこ。

みやこは春太に、自分を一人にした春太が悪いといい、自分が危険な時は一人にしないでほしいと頼みます。

それを春太が受け入れると、みやこは春太を抱きしめました。

そんなみやこにときめく春太でした。

ドラマ「心がポキッとね」4話の感想
なかなかカオスな状況になってきました。みやこちゃんの気持ちは、すっかり心から春太に移っていますね。偶然会うなってせりふは名言です。偶然も許さないほど好きってことですよね。相当好きなんだとお見受けしました。静はどうなんでしょう。失ってみて、ほかの人から好かれているらしいもと旦那をみたら、もしかしたら心穏やかではないかもしれません。きちんきちんと気持ちに整理をつけて次に進まないと、逆戻りしてばかりはしんどいですものね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「結婚しよ!大人は病んでからが面白い!」
大竹心(藤木直人)を殴ってしまった小島春太(阿部サダヲ)は、自分がまた壊れてしまったのではないかと怖くなり、混乱しながら倉庫を出ていく。鴨田静(山口智子)は、出血していた心を気遣うが、心はなぜかポカンとしている。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」5話のネタバレ
大竹心(藤木直人)を殴ってしまった小島春太(阿部サダヲ)。

春太は、また自分の心が壊れてしまったのではないかと混乱し、倉庫を出て行ってしまいました。

殴られた心の方はとはというと、ポカンとして、事態をあまり把握できていない様子でした。

そんな心を鴨田静(山口智子)は気遣います。

倉庫から出てきた春太は公園を当てもなく歩いていた所に、ベンチに座っているみやこ(水原希子)を見つけます。

春太に気づくと、いつものように一方的に話しまくるみやこ。

それでも春太の様子がいつもと違うことに気づくと、みやこは春太に優しく接するのでした。

そして、そんなみやこの優しさが純粋に切なくも嬉しい春太でした。

そこへ心が二人を迎えに来ます。

気まずさから心の顔を見られない二人でしたが、心はというといつもと変わらない様子です。

そして一緒に帰った三人は、静の仕切りの元、現状の問題点をあげ、解決方法を話し合うのでした。

ドラマ「心がポキッとね」5話の感想
心を春太が殴った!心から思わず本当の感情が飛び出してしまったんでしょうね。思いがけず春太に殴られた心ですが、春太の本当の気持ちが垣間見れて、殴られたことよりも、そのことがうれしかったんだと思います。そして、みやこが優しく春太に接する様子も本当に天使。普段悪態ばかりついているから余計に天使です。この天使の気持ちが救われるといいなと本当に思います。ごちゃごちゃした状況が一つ一つほぐれていくことを願ってやみません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「おかえり恋する俺!! 嵐を呼ぶダブルキス」
小島春太(阿部サダヲ)と結婚する、と言い出した葉山みやこ(水原希子)に、春太は慌てるが、みやこは冗談で言っているのではない、自分と結婚するのは嫌なのか、と春太に迫る。その頃、鴨田静(山口智子)は、大竹心(藤木直人)に連れられて心の友人宅のパーティーに参加していた。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」6話のネタバレ
葉山みゃこ(水原希子)は、小島春太(阿部サダヲ)と結婚すると宣言します。

慌てる春太を尻目に、冗談などではないというみやこでした。

ちょうどその頃、心(藤木直人)の友人宅で開かれているパーティーに、心と一緒に静(山口智子)は参加していました。

心の友人に初めて会えると、細心の注意を払って、ゴージャスに身支度して出かけてた静でしたが、静の思いとは裏腹に、パーティーはとてもラフなものでした。

Tシャツにジーンズといういでたちの参加者の中で、静はすっかり浮いてしまいました。

そんな静に、同級生の波野栞(渡辺美奈代)が声をかけてきます。

二人きりになったところで栞は、同業者として静に苦言を呈するのでした。

栞に痛いところを突かれた静は、反論の余地もなく言葉をつぐんでしまうのでした。

一方、春太は、みやこに結婚ではなく付き合うのではいけないのかと言いますが、あっさりそれではだめだと言われてしまいます。

怒ったみやこは、婚姻届けを残したまま出て行ってしまうのでした。

ドラマ「心がポキッとね」6話の感想
静と心。春太とみやこ。それぞれが相手との心の距離に悩み始めました。いくら好きでも、いい人だなと思っても、センスや感覚が違うと違和感が生じてしまうものです。よく結婚したカップルが価値観の違いという理由で離婚しますが、好きという気持ちが先行していた頃は気にもならなかったちょっとした違いが、時間がたつにつれて違和感にかわってしまうのでしょうね。お互いの違いを受け入れることができるかどうか。それが、いい関係を維持できるかどうかのポイントだと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「さよなら間違いだらけの恋!涙のワケは」
倉庫で目を覚ました小島春太(阿部サダヲ)は、そばにいた大竹心(藤木直人)から、春太と心が一階に、葉山みやこ(水原希子)と鴨田静(山口智子)が二階に住むことになったと聞く。その理由が分からず、酒に酔った自分が何かひどいことをしたのでは、と不安になる春太に「ぶっちゃけていた」と心は明かすが、詳細は話してくれない。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」7話のネタバレ
酒に酔ったまま倉庫で目を覚ました春太(阿部サダヲ)。

昨夜酔っ払った自分が何かしでかしてないか心配な春太に、大竹心(藤木直人)は、ぶっちゃけてたというだけで、詳しいことは何も言いません。

けれども、昨夜の自分の行いが原因なのかどうなのか、これからは春太と心が倉庫の一階、みやこ(水原希子)と静(山口智子)は二階で暮らすことになったと春太は心から聞かされるのでした。

ちょうどその頃二階の静とみやこは、みやこの気持ちについて分析をしていました。

心にキスをされても気持ちが高鳴らなかったみやこなのでした。

その後、春太は公園で、牧野江里子(山下リオ)から昨日の自分の暴走ぶりを録音した音声を聞かされます。

そのあとも、野村郁子(岡本玲)に追いかけられたり、いつもと違う様子の扶美(徳永えり)やほかの同僚にも振り回され、春太は心を落ち着かせるために再び公園へ。

そして春太は、公園で偶然居合わせた静に、昨日の振る舞いを謝るのでした。

ドラマ「心がポキッとね」7話の感想
春太さんは、お酒に飲まれちゃったんですかね。お酒が入ると普段は自制していた気持ちが出てしまったりするので、要注意です。そして、そういった場合は記憶が飛んでしまうことがほとんど。周りの人から後日事態の顛末をきいて青ざめるパターンをたどることになります。春太さんもそうだったように。でも倉庫の部屋が男女別になったのは良かったのではないでしょうか。男女ペアになるからややこしくなるんですからね。はっきりと関係が定まらないうちは男女は分けたほうが良いです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「母&母登場で板挟み 動く恋心と結婚話!?」
小島春太(阿部サダヲ)と大竹心(藤木直人)が倉庫の1階に、葉山みやこ(水原希子)と鴨田静(山口智子)が2階に暮らし始めて数日、春太は心と、みやこは静と穏やかな時間を過ごしながら、それぞれの恋愛観や家族などについて、突っ込んだ話をするようになる。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」8話のネタバレ
春太(阿部サダヲ)・心(藤木直人)の男性陣は倉庫の一階、みやこ(水原希子)・静(山口智子)の女性陣は二階で暮らすようになってから数日たちました。

それぞれが落ち着いた空気の中で過ごし、男同士女同士でお互いの家族や恋愛観について話すようになっていました。

その中で、みやこの母と静が同い年であることがわかり、静は絶句します。

一方、みやこに頼まれたオルゴールの修理に集中する春太のところへ春太の母親の久江(市毛良枝)が扶美(徳永えり)に連れられてやってきます。

久しぶりに顔を見に来たという母に、春太は倉庫を案内して回ります。

そこへみやこ(水原希子)・静(山口智子)・心(藤木直人)の三人が戻ってきました。

春太の元妻の静を見て久江は驚きます。

春太が事情を説明しようとしたその時、部屋から心の母親・マリ(鳥丸せつこ)が出てきました。

どうやら久江とマリは旧知の仲のようです。

思わぬ事態に困惑する春太でした。

ドラマ「心がポキッとね」8話の感想
なんと春太と心の母親同士が顔見知りだったとは、事態はより一層カオスになってきました。四角関係も、部屋を男女別にすることによって大分落ち着いてきたのに、これから一体どうなってしまうのでしょうか。頼りない男性には母親の影があると思っているのですが、この話の成り行きをみても、母親の影響が強い子供時代を春太も心も送ってきたのではないかということが伺えるなあと思うのですが、どうでしょうか。みやこや春太の母と再会した静の反応も気になるところです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「まさかの決断!? 四角関係フィナーレへ!」
小島春太(阿部サダヲ)と葉山みやこ(水原希子)が倉庫の1階、鴨田静(山口智子)と大竹心(藤木直人)が2階と、4人は再び元どおりの組み合わせで暮らすことになった。春太は、一人にしないと約束したみやこに「世界で一番都合がいい男」と呼ばれながらも、穏やかに過ぎる時間に幸せを感じていた。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」9話のネタバレ
いろいろな過程を経て、元の通り、春太(阿部サダヲ)とみやこ(水原希子)が倉庫の1階に、静(山口智子)と心(藤木直人)の二人が2階に暮らすことになりました。

春太はみやこと一緒の穏やかな時間に幸せを感じるのでした。

一方で、静と心は恋人のような関係に進んでいました。

心は、恋人になったら次は結婚なのか、結婚はどれくらい大変なことがあるのかと春太に聞きに来るのでした。

そんな中、静がウェディング本を出版できることになりました。

更にみやこはモデルにスカウトされたと言います。

春太はチャンスだと喜びますが、みやこは断ってしまったと春太に告げます。

大変そうだからとしり込みするみやこでしたが、春太はもう一度カメラマンと連絡を取るように説き伏せるのでした。

一方で春太は、みやこが仕事より自分との時間を大切に思っていることに思い至るのでした。

ドラマ「心がポキッとね」9話の感想
心さんはまだ一歩静との関係に踏み込めないのですね。せっかく静さんといい感じの恋人同士のような関係に進んでいるのだから、大事に大事にしてほしいですね。あせって壊してしまうことのないように。。。みやこさんは春太さんがとても大事なんですね。一緒にいて居心地がいい相手っていうのは本当に貴重です。一緒に暮らすというか人生を共にするって、お互いのすべてを受け入れるっていうことだから、取り繕っていい面だけ見てもらおうとしてたら長続きはしないですからね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「こじれた恋がついに決着!最後の叫び!」
大竹心(藤木直人)が、何も言わずに旅に出たのは、自分が強引に結婚の話を進めたからだ、と鴨田静(山口智子)は責任を感じていた。小島春太(阿部サダヲ)は、心は静との結婚にあたり、考えていることがあると言っていたから静に責任はない、と明かし、むしろ、自分が結婚について幻滅させるような話をしたからではないか、と謝罪する。(引用元:FOD)

ドラマ「心がポキッとね」10話のネタバレ
大竹心(藤木直人)は誰にも行き先を告げずに、いきなり旅に出てしまいました。

静(山口智子)は、強引だった自分のせいだと責任を感じていました。

そんな静を春太(阿部サダヲ)は、静のせいではないと言います。

心は静との結婚について考えていることがあると言っていたという春太でした。

それよりも、春太は自分が結婚についてあまりいい話をしなかったせいだといい、静に謝りました。

静はこのような状態では出版できないと、ウェディングの本をあきらめる事にするのでした。

つらい状況なのにもかかわらず、自分を見失わない静を、みやこ(水原希子)はかっこいいと言います。

けれども、長い付き合いから、きっと静は無理をしてこらえているに違いないと、春太は思うのでした。

その後も必死になって静のために心を探す春太をみて、みやこは不安になるのでした。

ドラマ「心がポキッとね」10話の感想
いきなりいなくなっちゃった心さん。これはみんな心配しますよね。特に、結婚の話をしていた相手にしてみたら、もしかしたら、結婚嫌だったのかも知れないと思っても仕方がない状況だと思います。仮に、なんか思っていたのと違うと思っていたにしても、行き先くらいは言って出かけましょうよ。大人なんだから、心配をかけてしまうような行動はしてはいけません。春太も、かいがいしいですね。みやこが不安になってしまう気持ち、よくわかります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「心がポキッとね」の概要

誰もが心に不安を抱え、生きている現代。一人一人が背負っているストレスも大きくなっていると言わざるを得ない。そんな中、今回お届けするのは、過去の失敗や心の傷のせいで、不器用にしか生きられず、とにかく他人にとっても、自分自身にとっても究極に面倒くさい存在となっている、いわゆる「病んでるオトナ」4人のラブコメディーだ。奇想天外に絡み合う人間関係を軸に、人と人とが心の奥深くでつながる関係を模索する姿を、軽やかに明るく、ブラックユーモアを交えて描き出す。喜劇であると同時に、現代人が抱える心の問題をとらえ、共感を呼ぶ泣きと笑いのドラマ。脚本は、岡田惠和による完全オリジナルストーリー。そして、監督は宮本理江子が担当。『最後から二番目の恋』を手がけた脚本家と監督のコンビがお送りする、個性の強いキャラクターが織りなす大人のラブコメディーだ!(引用元:公式サイト)

ドラマ「心がポキッとね」の出演者、放送情報

小島春太:阿部サダヲ
葉山みやこ:水原希子
糸山扶美:徳永えり
牧野江里子:山下リオ
富田涼:永瀬匡
庄司加代子:池津祥子
白神:山西惇
大竹心:藤木直人
鴨田静:山口智子

主題歌:星野源「SUN」

制作:フジテレビ
放送:2015年

ドラマ「心がポキッとね」の見どころ

こじらせ男女の四角関係を描いたラブコメディ。

主人公・春太(阿部サダヲ)は、オーバーワークで精神を病み、仕事も家庭も失ったホームレス。

そんな彼を取り巻くのは、いい人だけど「悩みがない」のが玉に瑕な家具店のオーナー・心(藤木直人)。

そして、春太の元妻であり、40代も半ばながら未だ自分探しに勤しむ静(山口智子)、すぐ仕事をクビになってしまう熱烈ストーカー女・みやこ(水原希子)。

いずれも濃い面々ですが、強烈な個性の裏に隠された、それぞれの心の闇には、きっと共感せずにはいられません。

果たして、春太は本来の自分を取り戻し、人生のどん底から這い上がることができるのでしょうか…?

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「心がポキッとね」の感想

20代女性
ここまで登場人物全員のことを好きになったドラマは久しぶりでした。みんなどこかしら難があってクセが強いんだけど、人間くさくて憎めません。よく「性格に難がある」とは言いますが、それは見方の問題で、個人的には、性格に難がない人なんていないし、人の魅力ってそういうところから生まれるものだと思います。あまりにも登場人物みんな個性の塊なので、全員集まるとカオスになっちゃって大変だったけど、ハッピーエンドで良かったです!  
30代女性
主演が阿部サダヲなので期待して見ましたが、ちょっと期待値が高すぎたかも?登場人物が個性が際立っている人ばかりなので、誰か共感できる人を見つけないと、ドラマを見続けるのが苦痛になるかもしれません。好き嫌いははっきり分かれそうですね。私は藤木さんと水原さんには好感を持ちましたが、山口さんは最後まで苦手なままでした。人間関係がどんどん複雑になっていく過程は面白いし、終わり方も秀逸でしたが、わりと人を選ぶ作品だと思います。  
20代女性
すごく面白いのに、あんまり知られてなくてもったいないドラマのひとつです。放送当時も星野源さんの主題歌だけは話題になりましたが、作品自体はあまり評価されていないんですよね・・・いわゆる「こじらせ」がテーマなのですが、私もメンタルが弱いのですごく共感するところが多かったです。このドラマを見ると、他人から見たらイタかったりおかしかったりするかもしれないけど、他人の目を気にせずに。自分らしく生きていけばいいんだって思えます。疲れた時に見て何度も励まされました。  

まとめ

以上、阿部サダヲ主演のドラマ「心がポキッとね」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

悩める大人たちの複雑な人間模様や恋愛を描いたハートフルコメディ。

登場人物たちの悩みに共感しつつ、彼らの人生の行方から目が離せませんよ!

FODプレミアムで心がポキッとねの動画は全て無料視聴できます。

2週間のお試し期間があるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴