ドラマ|ラヴソングの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2016年4月〜6月まで福山雅治主演で放送のドラマ「ラヴソング」

元プロミュージシャンの神代広平役を福山雅治さんが演じ、吃音症で人とのコミュニケーションが上手に取れないけれど歌うことが好きな佐野さくらを藤原さくらさんが演じています。

夢破れ現在臨床心理士をしている神代ですが、カウンセリングでさくらと出会い昔の自分を取り戻していくラブストーリーです。

ドラマ「ラヴソング」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「ラヴソング」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ラヴソング」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ラヴソング」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「ラヴソング」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「ラヴソング」に出演している主演・福山雅治の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「ラヴソング」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ラヴソング」の動画まとめ

ドラマ「ラヴソング」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「第1話 あなたにこの声を届けたい!!たった一つの恋と歌が人生を変えていく!」
神代広平(福山雅治)はプロのミュージシャンだったが、今は別の仕事をしている。持ち前のルックスを活かして女性の家を転々とする生活。この日も、そろそろ潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いで出て行った。佐野さくら(藤原さくら)は、大型車販売店の整備工場で働いている。同僚とうまくコミュニケーションがとれず、上司の滝川文雄(木下ほうか)に、いつも注意されていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」1話のネタバレ
福山雅治演じる神代広平は以前、プロミュージシャンであった。現在は起業カウンセラー。

しかし現在は決まった住所すらない。ルックスを武器に女を頼り、その日暮らしをしている。

また恋を終わらせ、少しの荷物とギターケースと共に部屋を出た。整備工場で勤務している藤原さくら演じる佐野さくら。

彼女は協調性がなく同僚との関係も悪い。そのことで木下ほうか演じる滝川文雄にいつも叱責されていた。

さくらはこの日も注意を受けた後、神代を紹介された。

自分と神代が同じ会社に勤務していることを知る。

神代は勤務終了後、寝床を確保すべく、ライブハウス「S」へ向かう。

だがオーナーの宇崎竜童演じる笹川裕二に断られ落胆する。水野美紀演じる宍戸夏希を頼るよう助言されるがそうもいかない。

しかし結局、夏希のもとへ向かう。ある日、さくらは同僚との折り合いが合わず仕事のミスを犯した。

滝川は、神代のカウンセリングを受けさせることにした。カウンセリングが終わり、帰宅するさくら。

彼女は児童養護施設からの実姉のような存在の夏帆演じる中村真美と同居している。

家には幼馴染である菅田将暉演じる天野空一が来ていた。真美はさくらにあることを頼む。

ドラマ「ラヴソング」1話の感想
スピード感のある話の展開で、思わず見入ってしまった。役者が各々良い味を出していて、適材適所といったところ。やはり特に福山雅治ははまり役のように思う。ミュージシャン、女の家を転々としている、男女に隔てなくするっと懐に入り込む人間性。まさに彼にぴったりである。宇崎竜童や木下ほうかなど脇を固める役者の安心感も見ていて引き込まれる要素のひとつ。最後の場面のお願い事をされるさくらの今後が気になる。ドラマの全体的な雰囲気もとても良い。日常のような、非日常のような、そんな雰囲気が、もしかしたらあの福山雅治が身近にいるかもしれないと感じさせる作品。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「7秒の勇気で世界が変わる」
神代広平はライブハウス『S』で宍戸夏希(水野美紀)たちと飲んでいる。ステージでは若手バンドが演奏。そんな中、マスターの笹裕司(宇崎竜童)が、ダイヤの原石のようなミュージシャンはいないものかと愚痴る。『S』ではライブ出演者を募集していた。一瞬、顔を見合わす神代と夏希。しかし、増村泰造(田中哲司)が若手バンドに絡み、現場は乱闘騒ぎになってしまった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」2話のネタバレ
ライブハウス『s』。神代広平(福山雅治)と宍戸夏希(水野美紀)は仲間と酒を飲んでいた。

若手バンドの演奏が続く中、マスター笹裕司(宇崎竜童)は逸材はいないものかとこぼす。

ライブ出演者を募集している事を知った神代と夏希。

その最中、若手バンドと増村泰造(田中哲司)が現場を乱闘騒ぎに。

一方、天野空一(菅田将暉)のアパートを訪ねた佐野さくら(藤原さくら)はかつて天野に売り付けたギターを取り戻しにきていた。

押し問答の末、ギターを取り返したさくら。ギターを抱えて嬉しそうに家路に着く。

翌日、昼食中のさくらは神代に声をかけられた。夏希から来てほしいと言われている事を告げられたさくらは、一緒に行くと言う神代の言葉に心を弾ませる。

2人での外出に胸踊るさくらは中村真美(夏帆)に”デートっぽいやつに行く”とメールするが、その時真美は結婚準備の片付けを空一に手伝ってもらっていた。

当日、神代とさくらは夏希のもとへ向かう前に食事をする。なかなか注文が決まらないさくら。

後に待つ客に急かされ神代と同じものを注文した。

それを見た神代は、本当に食べたかったものは何かと尋ねる。そして、注文にかかる時間は7秒だと持論を話す…。

ドラマ「ラヴソング」2話の感想
福山雅治演じる神代と水野美紀演じる夏希の醸し出す大人な雰囲気と、藤原さくら演じるさくらの若いフレッシュな爽やかさとの対比がいい。若い女子が大人の男性にときめく様子もよく描かれていると思う。福山雅治が演じているんですもん、そりゃ幅広い世代の女子女性たちがときめきますよねぇ。若者同士の全てを素直に話せないもどかしい感じの距離感に青春の人間模様が描かれていると感じる。ギターを手にしている時のさくらの表情がいいなと感じた。音楽を愛している感情が表現されていていい。好きなモノ好きな人に一途にストレートでいい。天野くん頑張れ。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「あなたを想って歌います!」
神代広平は、ライブハウス『S』に佐野さくらを連れて行きライブに向けての練習をする。客はいないが、初めてステージに立つさくらは緊張。世間話で緊張をほぐそうとする神代。。そんな神代にクライアントから電話が入る。店の外に出て電話を済ませた神代が戻ると、さくらが独りで熱唱していた。そんなさくらに見入ってしまう神代。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」3話のネタバレ
“神代広平(福山雅治)は、ライブハウスSに佐野さくら(藤原さくら)と訪れライブのため練習した。

初めてステージに立つさくらは、客席に誰もいないのに緊張していた。

他愛もない話で緊張を紛らわせようとする神代にさくらは戸惑う。

その時、神代は電話が掛かってきたので店外で電話を終え戻ると桜は熱唱していて、その姿に見とれていた。

中村真美(夏帆)と野村健太(駿河太郎)の2人は男性と歩く桜を見つけ、真美はその男性が神代だと野村から聞かされる。

その夜、アパートに戻ったさくらは真美に神代とどんな関係なのか聞かれた。

神代への気持ちがまだ分からないさくらは、照れ隠しするようにライブで歌うためだと言った。

その様子を遊びに来ていた天野空一(菅田将暉)はつまらなそうに聞いていた。

その一方、神代は宍戸夏希(水野美紀)に、桜と一緒にライブに出演することを言い忘れ責められていた。

さくらは夏希のクリニックで治療を再開することが決まっていて、ステージを避け続ける神代の変化も気になっていた。

夏希はクライアントとの距離感をもう少し保った方が良いと神代にアドバイスする。

翌日、さくらは神代が独身だと聞き喜びつつ夏希のクリニックに行き…”

ドラマ「ラヴソング」3話の感想
さくらがもう1曲歌いたいと言っているのだから付き合ってアンコールしても良かったのに、と思いました。
神代も自分の気持ちに区切りをつけたかったのは分かるけど、あの盛り上がっている中で断らなくてもと思いつつ、断るくらいの何かが神代の中にあるのかなと思いました。
でも、このシーンが今回の話の中では1番好きでした。
さくらの手を持ち上げてガッツポーズを作らせた後に、さくらの手を放すような仕草や、
笑顔のさくらと正反対に突然、表情が変わる神代など、相反する姿が印象的でした。
あと、さくらの歌を色々聞けたのが良かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「物語は新展開へ!涙のキス」
神代広平は、宍戸夏希(水野美紀)や他の女性たちの家を転々とすることをやめて部屋を借りた。引越しは、増村泰造(田中哲司)、星田和夫(渋川清彦)、そして天野空一(菅田将暉)にも手伝ってもらったため、神代はライブハウス『S』で慰労会を行う。4人が飲んでいると、夏希が神代の忘れ物を届けに来た・・・(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」4話のネタバレ
女性の家を転々とする生活をやめて部屋を借りた神代広平(福山雅治)は、星田和夫(渋川清彦)、増村泰造(田中哲司)、天野空一(菅田将暉)らとライブハウス「S」で引越しの慰労会を行なっていたところ、宍戸夏希(水野美紀)が神代の忘れ物を持って訪れる。

恋愛関係は否定されたものの2人の関係を空一が疑っていると、大人には男女の垣根を越えた関係もあると笹裕司(宇崎竜童)は言った。

そんな時、レコード会社に勤める水原亜矢(りょう)が店を訪れ、神代に名刺を渡す。

その頃、佐野さくら(藤原さくら)はアパートでギターを弾いていた。

側にいた中村真美(夏帆)が神代へのさくらの気持ちをからかっていると、水原がさくらをスカウトしに来たと空一が伝えに来る。

さくらは拒否しようとするも、神代と夏希が恋愛関係ではなかったと知り…。

スカウトに関して、会社を怪しむさくらであったが、神代は心配ないと勧める。

更にプロへの可能性も示唆されたさくらは、レコード会社の人に会うと決めるのであった。

ドラマ「ラヴソング」4話の感想
男女の垣根を越えた関係というのが深いと思ってしまいました。若い頃は、そのような関係はなかなか難しいのではと思うのですが、歳を重ねると良い関係性が築ける場合もあるのかなと思いましたし、素敵な関係だとも感じました。少し憧れを感じました。また、さくらは神代をとても信頼していて、特別な感情を抱いているのではと感じましたが、女性の家を転々として生活をしていたような神代が、さくらの想いに気づいて、果たして応えることができるのかと思ってしまいました。レコード会社からスカウトも受けて、新しく踏み出そうとしているさくらですが、上手く事が進めばいいなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「私とあなたの終わらない歌」
開店前の『S』で神代とさくらは練習を始める。教則本ではなく、曲を練習したいと言うさくらだが、演奏したい曲が見つからない。そんな様子を見ていた空一が、あることを思いつく。空一は、さくらと中村真美(夏帆)のアパートに神代も連れて行く。そこで、さくらの弾き語りを録画して、ネットに公開しようというのだが・・・(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」5話のネタバレ
レコード会社との話し合いが上手く進まなかった佐野さくら(藤原さくら)を神代広平(福山雅治)が気に掛ける一方で、天野空一(菅田将暉)から思いもしない告白を受けたさくらは混乱していた。

滝川文雄(木下ほうか)は医務室に居る神代に社員アンケートを渡し、社内広報誌の取材をさくらが受けることを伝える。

さくらを医務室に呼んだ神代は、滝川からの話をきっかけに、さくらに笹裕司(宇崎竜童)が建てたライブハウス「S」でのライブCDを渡した。

まだ終わりではないから共に練習を再開しようと勧め、それをさくらは快諾する。

空一はさくらと会い、重苦しい雰囲気の中、友人のままでいることを提案し今後もさくらの夢の実現に向けて協力させてほしいと伝える。

そんな空一に、練習を再開することになったとさくらは伝える。

神代とさくらが「S」で練習を始めると空一がやって来て、曲の練習をしたくても演奏したい曲が見つからない様子を見た空一が、さくらと中村真美(夏帆)のアパートでさくらの弾き語りを録画してネット公開することを思いつく。

ドラマ「ラヴソング」5話の感想
神代はさくらの能力をよく理解し、さくらも神代を慕っていて、2人の関係はとても良い関係のように感じました。練習を一緒に再開することにもなりましたし、サポートしたい神代と、それに応えたいさくらが居て、お互いなくてはならない存在になってきているのではとも感じました。一方の空一は、さくらに想いを寄せつつもこれまで側で過ごしてきて、さくらの神代への想いにもきっと気付いているだろうなと思いますし、自分の気持ちが届かないと分かりつつもさくらの夢に協力し続けたいという姿は、かっこいいと思いつつも少し切なく感じてしまいました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「届け・・・こんな歌ができたの」
レコード会社の弦巻竜介(大谷亮平)にラブソングを作るように言われた神代広平は、宍戸夏希(水野美紀)にキーボードを借りて準備を始める。一方、中村真美(夏帆)は、佐野さくらと天野空一(菅田将暉)を仲直りさせようと、野村健太(駿河太郎)も呼んで、アパートで食事会。だが、すでに2人の関係は修復済み。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」6話のネタバレ
神代広平(福山雅治)はラブソングを作成するようレコード会社の弦巻竜介(大谷亮平)に言われたため、宍戸夏希(水野美紀)からキーボードを借りて作成に取り掛かった。

佐野さくら(藤原さくら)と天野空一(菅田将暉)を仲直りさせるため、中村真美(夏帆)は野村健太(駿河太郎)も誘い食事会をするが、2人はもう仲直りしていたうえ、さくらが別のレコード会社から声をかけられていると空一から聞いた。

空一が今もさくらを好きなことも、さくらは神代を好きなことも真美は知っていた。

神代はミーティングのためにカフェにさくらを呼ぶと、さくらは神代の女性関係に興味があるようだ。

そして、神代は今まで1人だけ本気で好きになった女性がいると話してくれた。

驚いたさくらだが、神代は話を変えてしまった。

そして、神代はさくらと自宅マンションに行くと作曲用の機材を整えるため増村泰造(田中哲司)が作業していた。

増村がさくらと共にセッティングしているそばで神代は2人がいることも忘れるように集中して作曲を始めた。

一休みしている神代はさくらに歌詞を書かないかと提案した。

神代が作曲、さくらが歌詞のラブソング作りが始まった。

ドラマ「ラヴソング」6話の感想
さくらが神代に対して積極的になっていて驚きました。歌詞を書くように言われて楽しそうに歌詞を書いているのも印象的でした。夜、外を散歩しているときにさくらが「月が綺麗ですね」といっていましたが、これって夏目漱石の名言ですよね?告白ってことですかね?あと、神代の元カノの話を聞きだしたりやっぱり積極的になっていました。 徹夜で音楽を作成していてそのまま2人はベッドで寝てしまい、神代の寝顔を見つめながらさくらが勝手に神代の寝ている横で添い寝している姿は何ともかわいらしかったですが、翌日訪れた夏希先生は2人が寝ている姿を見て、ショックを受けていましたね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「溢れ出す想い・・・涙の告白」
神代広平が佐野さくらに作った曲。それは、宍戸夏希の亡き姉に、かつて神代が用意した曲をアレンジしたものだった。それに気づいた夏希にわだかまりが生まれる。さくらのレコーディングは順調に進み、ライブハウス『S』で新曲のお披露目会が開かれた。弦巻竜介(大谷亮平)は20年近く音楽から離れていたのに良い曲が作れたとたたえる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」7話のネタバレ
神代広平(福山雅治)が、かつて宍戸夏希(水野美紀)の亡き姉に作った曲をアレンジして佐野さくら(藤原さくら)に曲を作ったことを夏希は知り、わだかまりが生じる。

スムーズにさくらのレコーディングは進み、新曲のお披露目がライブハウス「S」で行われた。20年近く音楽から離れていても良い曲を生み出した神代は天才であると、弦巻竜介(大谷亮平)は称賛する。

さくらが同意するも夏希は複雑に感じていると、自社のトップアーティストが神代の曲に興味を示していると弦巻が伝える。

一方で、笹裕司(宇崎竜童)は、天野空一(菅田将暉)にギターを教えるようねだられ、快諾した上に、ウイスキーのボトル1本を店のキープ用にプレゼントする。

さくらのデビューを手助けした褒美だという。さくらと居る真美(夏帆)だが、仕事で婚約者の野村健太(駿河太郎)は来ていない。

真美の携帯に着信があり、野村と口論を始めたので、トイレに向かったさくらに、増村泰造(田中哲司)は声の不調について聞き、病院での診察を勧めた。

真美はアパートに帰ってきたさくらに、神城への思いがさくらの詞となっているのではと話すと、さくらは否定はせずも、気持ちは届いていないと言う。

ドラマ「ラヴソング」7話の感想
恋愛関係にはないとしても、夏希は神代に対して特別な思いを持っていたと思うので、姉の曲をアレンジしてさくらに曲を作ったと知った時は、何とも言えない気持ちだったのではと思いました。神代が弦巻から称賛されたことにも、素直に喜ぶことができないでいる夏希の気持ちも少し理解できる気がしました。一方のさくらですが、思いを詞にするくらい神代のことを考えつつも自分の気持ちが神代には届いていないと察しているというのが、近くにいるからこそ辛く感じているのではと思いましたし、とても切なく思ってしまいました。さくらの思いが神代に届いてほしいと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「君とキスをした夜」
神代広平は、シェリル(Leola)への提供楽曲の相談を、レコード会社のスタッフたちと始める。一方、佐野さくらは、喉の不調を診てもらった増村泰造(田中哲司)から精密検査の必要を告げられた。中村真美(夏帆)は、天野空一(菅田将暉)に手伝ってもらい引っ越しのための荷造り。真美は空一に、最近さくらの様子がおかしいのではないかと聞く。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」8話のネタバレ
シェリル(Leola)へ提供する曲について、神代広平(福山雅治)は弦巻竜介(大谷亮平)含むレコード会社のスタッフ達と相談を始める一方で、佐野さくら(藤原さくら)は増村泰造(田中哲司)から精密検査が必要であると伝えられる。

天野空一(菅田将暉)に引越しの荷造りを手伝ってもらう真美(夏帆)は、さくらの様子が最近変なのではと尋ねるが、真美に頼らないよう頑張っているのではということ、自分がいるから大丈夫だということを心配する真美に空一は伝える。

増村はライブハウス「S」で飲みながら、悪性の肉腫がさくらの喉に見つかり、転移はないものの手術の必要があり、場合によっては声帯切除になる可能性があることを神代に伝える。

そして、さくらに伝える際の同席を神代に頼むが、さくらと話すことができないと断られる。

喉についてさくらが打ち明けられないまま真美は引っ越してしまい、増村から検査結果についてさくらは1人で聞く。

声帯切除の可能性に驚きながらも、真美の結婚式でのスピーチまで手術は延ばしたいと言うさくらであった。

しかし、転移の可能性を考えて早い方が良いと増村は言う。診察室を出たさくらの前に神代がいたのであった。

ドラマ「ラヴソング」8話の感想
さくらは、精密検査が必要になったことにとても不安だったのではと思うのですが、神代にも伝えず、新しい生活を始めようとしている真美にも言い出すことができず、1人で抱える他なく苦しかったのではと感じました。検査結果を1人で聞いて受け入れなければならなかったさくらは心細かっただろうと思いますし、これまで通り話せなくなるかもしれないと知った時、自分のことではなく、まず真美の結婚式でのスピーチのことを真っ先に考えたことに、真美を大切に思う気持ちが感じられました。神代は、さくらが検査結果を伝えられる際に立ち合いはしなかったものの診察室には訪れていて、気持ちの整理がついていない状態だったのではと思いますし、呆然としているであろう2人がどのような会話をするのか気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「わたしが最後にしたい事・・・」
神代広平は、シェリル(Leola)と曲の打ち合わせ。とにかく売れる曲を作ってほしいと言うシェリルに、神代は交換条件を提示。神代は、佐野さくらがネット配信している曲をSNSでシェリルにレコメンドして欲しいと頼む。すると、シェリルは自分が満足できる曲を神代が作れたらと約束した。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」9話のネタバレ
神代広平(福山雅治)は、シェリル(Leola)から作曲を依頼されていた。

ヒット曲になるものを作ってほしいと頼まれた神代は、曲を書く代わりにシェリルのSNSで佐野さくら(藤原さくら)の配信曲を宣伝してほしいと持ち掛ける。

お互いに約束を交わした後、さくらのライブハウスに向かった神代だったが、宍戸夏希(水野美紀)や増村泰造(田中哲司)にライブはもう終わったことを告げられる。

なんとかシェリルを通じてさくらをレコード会社と契約させたいと神代は意気込んでいた。

しかし、増村から手術後にさくらの声が消える可能性があることを伝えられる。

神代がショックを受けているところに、さくらが天野空一(菅田将暉)と一緒に戻ってくる。

神代を見つけて喜ぶさくらに、神代は何も言えなかった。

明くる日、さくらは、神代にどうやって曲を作ったらいいのか尋ねる。中村真美(夏帆)の結婚式で歌う曲を自分で作ってみたいというのだ。

手術によって声をなくす可能性があることは、さくらはまだ知らなかった。

ドラマ「ラヴソング」9話の感想
歌い手が声をなくすという、悲しいストーリーだ。ヒット曲を依頼するにあたっては、事務所関係などの裏事情がいろいろ絡んでいるのだろう。それゆえに平成になって自ら作詞作曲した曲というのが爆発的に増えたと思う。SNSやネット配信が当たり前となり、フォロワーの多い人にレコメンドを依頼するというくだりも面白い。声はAIで作れても、歌うという行為ができなくなるのは想像を超える苦痛を伴うものと思う。それを知らないさくらの無邪気さが一転してしまう瞬間をできれば見たくないと思ってしまった。ちなみにこの作品にも菅田将暉が出ていたことに今更気づいて驚いた。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「希望という名の最後の歌」
神代広平に、佐野さくらが言いたかったこと・・・。さくらの手術を知った中村真美(夏帆)は野村健太(駿河太郎)との結婚式を前倒し。披露宴で、さくらに頼んでいたスピーチをしてもらうためだ。万が一、手術でさくらが声を失ってしまったら、その願いはかなわなくなる。そのスピーチ前に、さくらは神代に今まで言えなかったことを伝えようとした・・・(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」10話のネタバレ
佐野さくら(藤原さくら)が手術を控えていることを知り、中村真美(夏帆)は野村健太(駿河太郎)との結婚式の日取りを手術前に変更する。

披露宴でさくらにスピーチを頼んでいたからだ。

そして、さくらはスピーチの直前に神代広平(福山雅治)に何かを言おうとしていたが、時間が来たと呼びにに来た天野空一(菅田将暉)と披露宴会場に行ってしまう。

手術はいよいよ明日という時、神代は増村泰造(田中哲司)から、さくらが手術同意書への署名を拒否していると聞かされる。

神代がさくらの病室へ行ってみると、真美や空一の呼びかけにも反応を示さないさくらがいた。

さくらを残して三人は一度病室の外に出る。

空一は、手術を延期できないのかと神代に問いかけるが、神代は声を守るには早い方がいいと指摘。

神代が一人で病室に戻り、そばにあったさくらのギターを弾きはじめた。

初めて聞いたさくらの曲を神代が歌い始めると、徐々にさくらの表情が動き始めた。

さくらがもう一度自分で歌いたいと涙ながらに訴えるさくらに、神代はこれからも歌えるように手術をしようと説得するのだった。

ドラマ「ラヴソング」10話の感想
声がなくすかもしれない手術を前におびえるさくら。それを優しい歌声でなぐさめる神代の様子が目に浮かぶ。そして、外で空一がもどかしい気持ちで待っていると思うとより切なくなる。真美と健太の結婚式が前倒しできたのはラッキーだったが、招待客は混乱しただろうなと変なところが気になってしまったが、無事にスピーチが済んでよかった。さくらが言いたかったこととは、手術が怖いからとりやめたい、死んでもいいから歌い続けたいとかそういうことだろうか。まだ若い女性シンガーだから、手術を無事に終えてまた歌声を取り戻すという喜びに満ちたラストになっていてほしい。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ラヴソング」の概要

神代広平(福山雅治)はプロのミュージシャンだったが、今は別の仕事をしている。独身で定住はせず、持ち前のルックスを活かして女性の家を転々とする生活。この日も、そろそろ潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いで出て行った。佐野さくら(藤原さくら)は、大型車販売店の整備工場で働いている。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ラヴソング」の出演者、放送情報

神代 広平:福山雅治
佐野 さくら:藤原さくら
天野 空一:菅田将暉
中村 真美:夏帆
滝川 文雄:木下ほうか
高橋 正志:阪本奨悟
野村 健太:駿河太郎
宍戸 夏希:水野美紀

原作: 倉光泰子/神森万里江/蒔田陽平

主題歌:藤原さくら「Soup」

制作:フジテレビ

放送:2016年

ドラマ「ラヴソング」の見どころ

さくらと神代の年齢差は親子ほどありますが、福山雅治さんが神代を演じているのでラブストーリーとして違和感ありません。

さくらが神代を少しづつ意識していく様にはキュンキュンします。

衝撃なのがラストです。

お互い思いあっているのに、なんでそうなるの?と、考えれば考えるほど理解が難しいラストです。

しかし愛とは相手を思うことなので、神代の愛の深さは年齢を重ね経験を重ねた男の結論とも取れます。

逆にいくつになっても男性ってピュアで自分に自信が持てない生き物なんだなとそれぞれの解釈ができる結末です。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ラヴソング」の感想

40代男性
すごい良かったー歌が好きになるドラマでした。オーディションを勝ち抜いたシンデレラガールとして選ばれたのが、藤原さくらさん。その子をみて音楽作成したという福山雅治さんが、かっこよすぎる。演技は下手だけど、とてつもなく歌声がキレイな藤原さくらさん、めっちゃファンになりました。そして何より、福山雅治さんの才能に驚かされます!アーティストだけでなく、俳優としても成功してるんですね。
20代女性
新人の藤原さくらさんと、そのために音楽を作ると発表した福山雅治さんの話題性に引っ張られて、見ていました。しかし、今をときめく菅田将暉さんや、夏帆さんが出ていたんですね!すごい、こんな前から演技も、歌もうまかったんですね。最近菅田将暉さんがアーティストとしても活躍し始めているので、福山雅治さんが楽曲提供とかしてくれないかなーと、勝手に期待をしてしまいました。
50代男性
新人だし演技をしたことない藤原さくらさんをヒロインにしたというのは、かなりチャレンジのドラマだったのかもしれませんね。しかも吃音というか、人と話すのが苦手な佐野さくらさんを演じていましたが、なんかちょっと残念でした。わざと話すのがたどたどしくしているのか、ほんとに下手なのか、見分けがつかなかったので、ちょっとイライラしてしまいました。でも、福山雅治さんの歌声に癒やされて、プラスな気持ちが勝つドラマでした。

まとめ

以上、福山雅治主演のドラマ「ラヴソング」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「ラヴソング」は、吃音症のヒロインの少女と、元ミュージシャンで臨床心理士の主人公が音楽を通して心を通わせるラブストーリー。

彼女が歌う「500マイル」を聞き、その隠れた美声と才能に気付いた広平の心や行動に感動すること間違いなしの作品です!

FODプレミアムでラヴソングの動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴