ドラマ|ミスパイロットの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2013年10月〜12月まで堀北真希主演で放送のドラマ「ミス・パイロット」

本作は、航空業界に何の縁もなかった女性が、旅客機のパイロットになるため奮闘する成長ドラマ。

ANA(全日本空輸)が実名で登場、撮影に全面協力した事でも有名な作品です。

ドラマ「ミス・パイロット」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「ミス・パイロット」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ミス・パイロット」を無料視聴できる動画配信サービス

ドラマ「ミス・パイロット」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルが可能です。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは通常月額2,659円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスではないですが、著作権に厳しい事務所に所属している俳優や、ジャニーズ所属のメンバーが出演している作品もレンタルできます。

他では見ることのできない作品も楽しむことができるのでおすすめのサービスです。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYATOPの「今すぐ30日間の無料トライアル」をクリック
  2. Yahoo!IDでログイン
  3. 「TSUTAYA DISCASに新規登録する」をクリック
  4. メールアドレスを入力して「次へ」をクリック
  5. 届いたメールの承認用URLをクリック
  6. 必要な情報を入力して「次へ」をクリック
  7. お支払い方法を選択し、入力したら登録完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYATOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. 「サービス停止申請」をクリック
  4. 解約するサービスを選び、アンケートに答えたら解約完了

ドラマ「ミス・パイロット」の見逃し動画

ドラマ「ミス・パイロット」が動画共有サイトで配信されているか調べた検索結果を以下にまとめています。

動画共有サイト 配信状況 検索結果
Youtube × 検索結果はこちら
TVer × 検索結果はこちら
GYAO! × 検索結果はこちら
ニコ動 × 検索結果はこちら

ドラマ「ミス・パイロット」の関連作品、概要

ドラマ「ミス・パイロット」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「ミス・パイロット」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「ミス・パイロット」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「ミス・パイロット」に出演している堀北真希の出演作品

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「ミス・パイロット」に出演している堀北真希の出演作品がたくさん揃っています。

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品も多くあります。

他では見れないと諦めていた作品もレンタルできることがあるのでチェックしてみてくださいね!

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「ミス・パイロット」をお楽しみください。

ドラマ「ミス・パイロット」のあらすじ

晴は、東京・蒲田にある居酒屋の娘。

天真爛漫、素直でウソがつけない性格が災いし、手当り次第に受けた会社は全部不採用。

就職活動に苦戦し、万策尽きた晴の目に入ったのは、ANAの募集要項だった。

晴は、全く考えもしなかった航空業界の試験を受けてみることに。

足を運んだ会社説明会では長年パイロットを夢見てきたエリートや飛行機マニアに圧倒されながらも、あれよあれよという間にギリギリ合格し、女性パイロットへの道を歩むことになる。

しかし、そこに待っていたのは、予想を超えた厳しい訓練の数々だった。

苦難に立ち向かいながら、大きな夢に向かって切磋琢磨する晴の姿を中心に、彼女が副操縦士になるための4年の歳月を追う。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「ミス・パイロット」の見どころ

本作のストーリーの主人公の女性が、キャビンアテンダントやグランドスタッフではなく、

パイロットを目指すという、航空業界ドラマとしてはフレッシュな点が話題の本作!

実家が居酒屋であり、天真爛漫な性格の主人公・手塚晴役を、人気女優・堀北真希が熱演していますよ。

彼女がひょんな事から就活でパイロットを目指し、4年と長きに渡る候補生としての奮闘を描いていますが、

ANA全面協力で魅せるリアルな現場の数々には、航空マニアに留まらず目をみはるものがありますよ。

彼女の成長ストーリーに加え、相武紗季演じるライバル・千里との対決や友情、そして恋の三角関係などー

彼女ら候補生たちが一人前のパイロットになるまでに織りなされる、並々ならぬ展開にも注目です!

ドラマ「ミス・パイロット」のキャストスタッフ、放送情報

手塚 晴:堀北真希
小田 千里:相武紗季(幼少期:吉岡千波)
岸井 泰治:間宮祥太朗
小鳥 翔:小柳友
山田 一男: 藤井流星(ジャニーズWEST)
諸星 麻也:庄野崎謙
国木田 孝之助:斎藤工
篠崎 一豊:岩城滉一
阿倍野 すず:桜庭ななみ
鈴木 倫子:菜々緒
三枝 かのこ:藤澤恵麻
相葉 弦太:清水伸

主題歌:kaho「every hero」

制作:フジテレビ

放送:2013年

ドラマ「ミス・パイロット」の各話動画まとめ

第1話「下町の居酒屋の娘、パイロットになる!」
手塚晴は将来の夢や希望も定まらず、家業の居酒屋を手伝いながら、手当たり次第に採用試験を受けては不合格の通知を受け取っていた。たまたま手にしたパイロット養成の募集要項を見て、安易な気持ちで受験した晴だったが、試験で操縦したフライトシミュレーターで空を飛ぶ感動を味わい・・・(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」1話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)は、東京・蒲田にある居酒屋の娘で就職活動中の大学生。

いま一歩力が及ばない就職活動で、晴は特に夢もない。

そんな中目入ったのは、ANAの自社養成パイロットの募集だった。

小田千里(相武紗季)と出会ったのは、晴は考慮しもしなかった航空業界の法人解説会だ。

彼女は長年パイロットにあこがれていた。

東大大学院エリート才女の千里は100倍以上の倍率にもかかわらずパイロット一本で受けている。

真逆の晴だが、採用試験が進んで2人はトークを交わす仲になる。

パイロット採用試験の傍ら、多様な企業にトライしても春に送られてくるのは不合格通知だけ。

そんな折、現役機長でパイロット総責務者・篠崎一豊(岩城滉一)とANAパイロットの採用試験面接官である国木田孝之助(斎藤工)に晴の素直な性格が目にとまる。

スムーズに選考を突破していく晴だが、大事なところでつまづいてしまう。

追い打ちをかけるように人の大切な命を預かるパイロットという素晴らしい職業に対する想いの甘さを、千里からつつかれてしまい、晴は余すところなく自信を無くす。

そのような折、どうにか内定をもらえた晴だが、そこは小さな製作所だった…。

ドラマ「ミス・パイロット」1話の感想
堀北真希さんが演じる主人公は、特に夢もなくなんとなくどこかへ就職できたら良いやって感じで、よくある一般的な子だと思います。東大大学院エリート才女の千里と、おはなしできるようになって、思いが変わっていく様子が目に見えてわかるがやっぱりもともとの思いが全く違うから、もちろんお互いに理解し合えない・・・追い打ちかけてパイロットに対しての考えの甘さを指摘されてしまうシーンも、まるで自分が言われてるかのようでめちゃくちゃきつい気持ちになりました(笑)そんなに世の中しっかり意思を持って仕事選んでるわけでもないですし・・・。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「新人訓練生の試練! 空港ターミナルで上司に物申す!」
グランドスタッフの研修を行うことになったパイロット訓練生、略してP訓たちは飛行訓練がないことに不満を抱きながらもしぶしぶ仕事をこなしていた。しかし晴だけは持ち前の明るさと家業の手伝いで慣れた接客の手際の良さで喜々として励んでいた。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」2話のネタバレ
パイロット採用試験を無事通過し、ANAのグループAのメンバー加わった手塚晴。

同じチームとなった小田千里、岸井泰治、山田一男、小鳥翔、諸星麻也らと共に寮へ入居する事となり、彼らは訓練生として生活を開始。

晴達は最初に地上訓練へ臨むこととなり、研修生のバッジとグランドスタッフの制服を身に着け羽田空港へ。

音楽家の持ち込む1億円のバイオリン、重量を超過する荷物の持ち込みに苦心する客などにそれぞれ苦戦。

そんな中で晴は泥酔客、寅雄と出会う。彼は一人娘の結婚式へ行く中、子が嫁ぐ寂しさからつい飲酒の量が増たようだ。

寅雄に搭乗時間までベンチで休めと促す晴、しかし流れた放送からは寅雄に急遽搭乗ゲートへ行けと指示が。

それを聞き晴は寅雄いた場所へ向かうが彼はそこから消えていた。持ち場にでないと言う千里の制止も聞かず、寅雄を探しに行く晴。

そして「羽田から千歳行きの最終便に乗り換えのための便が遅延してしまう」という連絡が届く。

しかし高齢客が多い中、すぐに乗り換えするのは不可能と判断したグランドスタッフ鈴木倫子は直ちに翌日の乗り換え便を手配を試みる。

だが晴は、悲しむ乗客の姿を前に、倫子の指示を突如無視しある行動に。

ドラマ「ミス・パイロット」2話の感想
仕事を開始して早々、様々なトラブルに見舞われてしまい、それに一同が翻弄されるあわただしい展開は見ていてなんだか他人事に思えず、しばらくはハラハラしながらの視聴をすることになりました。多種多様な乗客の想いに寄り添おうとする晴の姿に温かみや優しさを感じ取れました。効率や利益よりもそこを利用する人々の信用をくみ取り、行動に起こせる力は決められた仕事を行う職員としてただしいのか、という疑問も浮かびましたが、人間的には非常に頼もしく思えますね。人と接する仕事へ従事する人のあり方の中では一つの理想形であるとも見ることが出来そうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「墜落を阻止せよ!! 訓練生に立ちはだかる整備研修!」
依然としてコクピットに座ることもなく苛立ちを隠せないP訓たちは、次に機材整備の研修を受けることになる。次第に6人がそれぞれ勝手な行動をとるようになる。整備士たちの無事故へのこだわりと油断することへを戒めを知った晴たちの心は動かされ、最後の清掃を全員で手伝う。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」3話のネタバレ
グランドスタッフとして接客研修を終えた手塚晴(堀北真希)をはじめとしたパイロット訓練生チームA。

しかしすぐさま地上勤務である整備部への配属が命じられる。

整備士達の行う素早い機体整備から搬出まで目の当たりにして圧倒される一同。

整備資格を持たないパイロット訓練生の面々には部品管理の仕事が振り分けられることとなった。

未だに空を飛ぶことがかなわず、実際には細かくて地味な作業を行うように指示され、訓練生達にイライラが積もっていく。

時折元からそこで働く整備士の手伝いを行っても、そのたびに痛烈な叱咤を受けてしまう。

国木田孝之助教官(斎藤工)は、互いに協力する姿勢を見せず、それぞれが個人の行動に走りがちな6名の現状を目の当たりに。

この中から脱落者が出てしまうのではないか、という懸念を深めていくことになる。

ドラマ「ミス・パイロット」3話の感想
今回の目的として見られていたのは、ひとつの業務にかかわっている要素がいかに多くの面から構成されているのかを実際に目にすることで、そのどれもが重要性の高いものであると知ることにより、仕事への理解が深まる試みなのだと理解した。現場の持つ性質の幅広さや、求められる気質の違いなどは実際にそこに身を置くことでしか学べないものであるからだ。また見ようによっては個人主義ともとれるアクの強い面々が、今回の経験を通して各自で協調性を持つことへの意味を理解するのもまた、各人の中で重い実感を持つとともに、その有用性への信頼がいっそう確実なものして深まったことだろう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「飛行訓練開始! 初のコックピットで…」
P訓たちは羽田空港から体験搭乗に出発する。まだ一度も飛行機に乗ったことのない晴は、初めてのフライトに心がときめいていた。しかし一旦機体が離陸し始めると、篠崎たちの専門用語ばかりの会話を聞いて、晴は全く理解できず、すっかり自信を失ってしまう。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」4話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)らチームAは訓練生用のラインがないパイロット制服を着用し羽田空港を訪れる。

実際のフライトでコックピットに同席し搭乗を体験する目的のためであった。

篠崎一豊(岩城滉一)が機長を担当するフライトに同乗することになった晴。

この時まで飛行機を一度も利用したことがなく、初めてのフライトへの希望に溢れながら操縦席の後ろの方にあるジャンプシートに腰を下ろした。

しかし晴はコックピット内で繰り広げられたレベルの高いやりとりを目の当たりにしてひるんでしまい、自信がなくなってしまうのであった。

一方で他の同期らは興奮覚めやらぬ様子で実際のフライトに同乗して感じたことや学んだことを口にし、自らが操縦する姿を想像することができたと自信に満ちたように話す。

晴はそんな同期の話を聞き、更に肩を落としてしまう。

そして晴はとうとうパイロット訓練生をやめたいと国木田孝之助(斎藤工)に打ち明け…。

ドラマ「ミス・パイロット」4話の感想
飛行機の操縦は天候などの諸条件に左右されがちで危険なイメージがあるので、パイロットを志望する方々は本当にすごいと思ってしまいます。コックピット内で過ごして自信をなくしてしまった晴ですが、聞いたことがない言葉や見たことがない光景を目の当たりにしたらひるんでしまったり、怖くなってしまうのは仕方がないのではと思ってしまいました。それに追い討ちをかけるように、他の同期は体験搭乗をとても有意義に過ごしていたようで、そのことも晴にとっては大きかったのではと感じました。晴には訓練生をやめることなくパイロットになってほしいと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「地獄の飛行訓練、始まる!」
いよいよP訓たちはアメリカでの実機訓練に旅立つ。現地に着いた彼らに待ち受けていたのは、過酷なミッションの連続だけではなく、言葉や習慣、食べ物の違いだった。我慢の限界に達した千里は国木田に晴とのバディ解消を直訴し、他のP訓たちとも距離を置くようになる。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」5話のネタバレ
遂に手塚晴(堀北真希)たち六名は1年半、アメリカで訓練へと臨むことに。

国木田孝之助(斎藤工)を伴ってアメリカへと発つ一同であったが、 アメリカでの住居となる寮に到着してすぐさまリビングに集められた晴たちの前には、アメリカでの訓練で習得しなくてはならない目標を貼り出している国木田の姿が。

膨大な量のミッションがその中に記されており、一段階において試験も設けられていた。

二度試験への合格に失敗したらパイロットには適正がないとの判断が下され、日本への送還の後別部署への配置換えが待っていると聞かされた一同は、和やかな雰囲気から一転して緊張に包まれる事となる。

外国人の講師が行う英語の授業や試験をなんとか通過した晴たち6人は、ついに実機での訓練を行う事となる。

外国人の教官を相棒、バディとしてセスナ機に一緒に搭乗し、実際に操縦を行う事となった結果として晴は極度の緊張を覚えた末に、意識が真っ白になってしまうという事態に陥ってしまう。

ドラマ「ミス・パイロット」5話の感想
次なるステップに一同は踏み出したものの、英語圏での訓練は分からないことだらけであり、言葉の理解すらひと手間も二手間もかかってしまうという状況下、二度失敗できないというプレッシャーが劇中人物のみならず視聴者共々緊張を誘ってしまう。こうなると環境の変化もまた重圧を重ねる一因へと変化し、より緊張は張り詰めていくことになる。そんな中で、育まれた各人との絆や信頼がここに来て発揮されることによって、各々がやるべきことを鋭角にした訓練への対策が講じられた結果、成果が描かれるシーンの様子は喜びを分かち合う面々の感情もひと際輝いているように見えた。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「アメリカ訓練佳境へ まさかの一人脱落…」
P訓たちは難関の一つである、計器飛行試験の日を迎える。ところが名前を呼ばれたのは岸井だった。完璧を目指していた千里は落胆するが、国木田の助言とバディである晴の明るさに励まされ、元気を取り戻す。2度目の試験に向かって真剣に練習を繰り返したP訓たちに、最後のチャンスとなる計器飛行試験の日がやってくる。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」6話のネタバレ
アメリカに手塚晴(堀北真希)らが旅立ってから10ヶ月が経とうとしていた。

正規のミッションとはされていない低酸素訓練に自分たちから積極的にチャレンジしようとするなど、6人は一生懸命訓練に取り組んでいた。

その最中、三枝かのこ(藤澤恵麻)、鈴木倫子(菜々緒)、阿倍野すず(桜庭ななみ)がアメリカの宿舎を訪れ、晴ら6人のメンバーの成長した姿にびっくりする。

計器飛行の段階へと晴らの訓練は移行し、この訓練は夜間など視界が良いとは言えない時のために、フードを飛行中の機体に装着することで視界を意図的に遮り、計器のみを頼りに飛行するというものであった。

6人はこの訓練の難易度の高さに苦しむ。

計器飛行試験が3ヶ月後に行われたのであるが、6人は失敗を2度してしまった場合は「パイロット脱落」のプレッシャーに耐え、試験を終えたのであった。

国木田(斎藤工)は試験結果を緊張して待つ6人の前で1名不合格の者がいると伝え…。

ドラマ「ミス・パイロット」6話の感想
CAの訓練の様子は報道やドラマなどで目にしたことがあるのですが、パイロットの訓練の様子にはこのストーリーで初めて触れました。難しそうな訓練がたくさんあるのだと思いましたが、その中でも計器飛行の訓練はとても怖そうだと感じました。何も見えない中で機械のみを見て飛行するというのは想像できないですし、視界が遮られた状態の中での訓練が存在するということに驚きました。また、失敗を2回してしまったらパイロットにはなれないというのも、とてつもない重圧なのではと思いました。ここまできたら6人にはパイロットになってほしいと感じるのですが、不合格者が出てしまったということでこの先がとても気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「アメリカで仲間へ遺すラストメッセージ」
計器飛行試験を受けていた千里は、接近してきた別の機体を見てパニックを起こし、操縦不能に陥っていた。晴は千里が失敗した原因や悩みを打ち明けられなかったのはバディである自分のせいだと悔やむ。結局、千里は別の便で帰国したことが判明するが、所在はつかめないままであった。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」7話のネタバレ
国木田孝之助(斎藤工)から小田千里(相武紗季)がパイロット試験においてフェール(脱落)であると伝えられ、晴(堀北真希)らはその結果を聞いて言葉を失ってしまう。

その日の夜、帰国に向けた多くの荷物が千里の部屋の前には置かれており、千里に何と声をかけて良いか分からない晴は眠ることができなかった。

翌朝、晴は千里のジョギングに一緒に行き、夢をここで終わりにするということはしないで、他の会社においてパイロットの夢を追い続ければ良いのではと話した。

コックピットに乗って空を飛行するという夢は訓練に取り組むことで叶えることができたからそれで満たされていると千里は晴の提案を聞き入れることはしなかった。

千里はせめて最後くらいは明るく楽しい時間を味わいたいと要望し、それを聞いた晴はパーティーをしようとするのであるが…。

ドラマ「ミス・パイロット」7話の感想
これまで6人で多くの時間を共にし、難しい訓練に取り組んできたのにも関わらず、1人だけパイロットへの道がなくなってしまうというのは、その本人も残りのメンバーもとても苦しいのではと思いました。小田の気持ちを思うと、とても切なく感じましたし、そのような状況の中でも気丈に振る舞っている小田はすごいと思ってしまいました。晴は小田のことを考えて今後の提案をしたり、パーティーを企画したりしているのだと思いますが、小田にそれが負担にはなっていないか少し気になってしまいました。小田にとっての最後の時間がどのようになったのか気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「パイロットの夢叶える者、絶たれた者…」
所在が分からず、晴が必死に連絡を取ろうとしていた千里だが、偶然再会した国木田に辞職願を渡す。ついに篠崎は父親として千里と向き合うことを決心し、過去の出来事を詫びるとともに千里の今後について親身になって考え、真剣に話す。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」8話のネタバレ
度重なる苦心の末に、アメリカでの訓練をすべて終了させた手塚晴(堀北真希)、小鳥翔(小柳友)、岸井泰治(間宮祥太朗)、諸星麻也(庄野崎謙)山田一男(藤井流星)の五人は、無事に帰国の途につくことになった。

久方ぶりに踏んだ日本の土に途轍もない歓喜を覚える一方で、5人ともが、その消息を途絶えさせてしまった仲間の一人である、小田千里(相武紗季)の行方を心のどこかで気にかけていた。

ほかの一同と同じく、千里のことを心配して寮へ赴いていた国木田孝之助(斎藤工)教官に対して、晴は千里の居る場所を探したいのだと申し出る。

しかし、その言葉に対しては休暇のすぐあとに開始される予定の訓練に向けて、今は十分な休息を取っておくようにと促される。

その後まもなく、家路を急いでいた国木田の前に、ある決意を秘めた千里が自ら姿を現した。

ドラマ「ミス・パイロット」8話の感想
ひとつの通過点を乗り越えて各自が夢に近づけたその裏では、仲間の一人が目標の転換を果たせたと言える回だった。同じ道を歩むことばかりが全てではないというテーマは、シナリオ的にもひと段落がついたこのタイミングでしか挟めない事柄だったと考えることが出来る。過去の経緯から形作られていた夢と別れて、自分を見つめ直して本当に目指していた別の方向に気づき、そちらへと舵を切る決断には、並大抵ではない大きな勇気とこれまで蓄積できた仲間たちとの経験が不可欠だったと言い切れるものであり、人間的に一皮むけた成長を見ることのできる回であった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「旅客機操縦までカウントダウンの晴に緊急事態発生…」
ボーイング767のシミュレーター訓練が始まった。晴の様子を心配した国木田は、ディスパッチャーの資格を取るため仕事に励んでいた千里に、晴の力になってやるよう話をする。ついに晴は訓練の後、倒れてしまい、医務室へ運ばれる。国木田は千里に言い過ぎたろうかと語る。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」9話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)ら訓練生5人は日本での訓練を再開させ、シュミレータ訓練に取り組む。

晴はシュミレータに乗るのは初めてということもあり訓練を心待ちにしていたのであるが、想像以上のスピードを感じてひるんでしまう。

その最中、父親である手塚茂雄(石倉三郎)から晴に連絡が入り、週末にでも顔を出すと言う晴に電話で構わないと茂雄は深刻そうに話し始めた。

その内容とは、母親のよし美(根岸季衣)の病気が晴がアメリカに渡っている間に明らかになり、悪くなる一方だというものであった。

晴は父親の話を聞き、言葉を失いどうして良いか分からない…。

一方で小田千里(相武紗季)の方はフライトオペレーションセンターに勤務しながらディスパッチャー(運行管理)の資格を取ろうと勉強をスタートさせていた。

国木田孝之助(斎藤工)は訓練中の晴の様子を見て集中できていないと感じ、晴の話を聞いてあげてほしいと千里に頭を下げる。

千里も晴が気にかかっており、晴のことは引き受けながらも、国木田に話はそのことだけかと尋ね…。

ドラマ「ミス・パイロット」9話の感想
アメリカでの厳しい訓練を終えたと思いきや、日本でも更なる訓練がスタートし、晴たちは忙しい毎日を過ごしているのだと感じましたし、パイロットへの道は本当に難しいのだと思いました。アメリカでの訓練を乗り越え、ここからという時に母親が病気であることを受け止めなければいけなくなってしまった晴は複雑な気持ちなのではと思いますし、母のことが頭から常に離れず、何事にも集中できない状態なのではと感じてしまいました。この状態が訓練に影響しなければ良いなと思ってしまいましたし、ここまできたので晴には無事パイロットになってほしいと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「翔べ! いざ、ファイナルミッションへ!」
体調を崩して訓練が遅れている晴は、他のP訓たちより一週間遅れての最終審査を迎えることとなる。しかし千里を脱落させてしまった国木田は教官として責任と焦りを感じ、訓練中に思わず晴を怒鳴ってしまう。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」10話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)は小田千里(相武紗季)に国木田孝之助(斎藤工)へ好意を抱いているとの告白を受けて驚愕のあまり絶句してしまう。

そのショックを晴が自覚し、後を引きながらもシミュレーターによる訓練は進行していき、諸星麻也(庄野崎謙)、小鳥翔(小柳友)、岸井泰治(間宮祥太朗)、山田一男(藤井流星)らも2日後に最終試験日が迫る。

晴だけは医師による制止があったため1週間後との指示が下り、その間他の皆に追いつくよう国木田から激励を受ける。

訓練生寮に、国木田はある晩食事へやって来た際三枝かのこ(藤澤恵麻)から「晴からはかつての弦太と似たものを感じる」といった言葉を聞く。

翌日行われたシミュレーター訓練の際に、晴が起こした操作ミスに対して国木田は、以前発生した弦太との出来事が記憶から蘇り、意図せずも語気を強めてしまう。

ドラマ「ミス・パイロット」10話の感想
先に通過した自分の経験をもとに、後から挑戦に臨む晴への助言を行う仲間達の姿勢が眩しかった。一方で国木田はかつての仲間である弦太との過去にいまだ思うところがある様子。そんな中でも各自が歩み寄り、その信頼を相手に伝えることで相互の絆を深めていく様は流れとして描かれやすい物であったとみることも出来たが、これまでの積み重ねというものを強く感じさせてくれた。ここ一番という局面であることを知らされた心理の動揺を隠せない晴に対して国木田もそれを心づかう事が出来たのは各人の変化が顕著にみられる場面だったように思う。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「初フライトで緊急事態! 衝撃の一部始終…」
P訓たちははれて3本ラインの制服に身を包みOJTへと飛び立つ。晴は病欠の機長に代わり、篠崎が機長を務める伊丹便に乗ることになる。その夜、ラストフライトを終えた篠崎は一人で寮を訪れ、かなこを相手にグラスを傾けていた。そして3人でささやかな送別会を始めた。すると晴は国木田に話があると呼び出す。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」11話のネタバレ
パイロットを目指している手塚晴は、シュミレータ課程の実機訓練を終了した。

晴を始め、仲間の岸井泰治、小鳥翔、山田一男、諸星麻也も実機訓練を無事終了したので、3本のラインが腕に入る新しい制服を渡されることになった。

翌日にはOJTを控えながらも、これまでの過酷な訓練を思い出して、感慨にひたるパイロットの卵たちがそこにはいた。

翌日のOJBでは実際に現場で経験者に指導を受ける予定になっていたこともあり、俄然5人は気を引き締めるのだった。

その晩には小田千里も参加し、訓練生寮で6人は最後の晩餐をすることとなった。

教官の国木田孝之助からの卒業とともに寝食をともにした4年間のチームの解散が迫っていた。

そのため独り立ちを実感することになる訓練生たちがいた。

それから晴は12月24日のクリスマスイブにファーストフライトを果たす。

晴の行き先は、新千歳空港であった。一方で空港では、雪が降りしきる中で国木田と小田千里が・・・。

ドラマ「ミス・パイロット」11話の感想
面白かったですし、最初から最後まで観させていただきました。ミスパイロットは3人の脚本家で描かれていますが、最終回は桜井剛さんでした。パイロットの世界は、なかなか一般人に知りえる世界ではないと思いますし、ANAが協力されていて本格的なパイロットを設定されたお話だったので観させていただきました。手塚晴はなかなか就職試験がうまくいきませんでしたが、パイロットを目指ししていく過程が好きでした。また教官の国木田孝之助との関係も気に入っていました。ドラマも良かったですが、ストーリーブックの内容も良かったです。もう無理だとは思いますが、その後の手塚晴たちの続編が観てみたいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ミス・パイロット」の感想

30代男性
難関な職業の候補生たちの熱きドラマ、僕は好きなジャンルですので最高に熱き感動のドラマでしたよ。何より、憧れのパイロットたちが若かりし頃の、彼らの寮生活がなんとも楽しそうで良いなと思いました。
また、目標に向かって切磋琢磨している主人公たちをみて、自分も頑張らないといけないって奮起させてくれます。パイロット今からでも目指せるならって思ってしまいました。胸アツドラマです。
40代女性
主演の堀北真希が可愛いかったドラマですね。元々畑違いの家庭で育ってきた彼女が、いっぱしのパイロットになるまでに訪れる困難の数々にもめげずに進んでいく姿、とてもカッコよく、観ているこちらも勇気や元気を貰えたいい作品でした。まさしく、笑いあり、涙ありの青春・女性のお仕事ドラマ。飛行機マニアの方でなくても観てほしい逸品です。
30代女性
このドラマを観て思ったのは、本当にパイロット目指そうって思えたという事です。というのか、このドラマのような世界で頑張りたいと思いました。パイロット教官だった、斎藤工さんがカッコよくて。この作品から彼の魅力に気づいてファンになりました!こんな教官に出逢いたいのが一番です(笑)何度でも繰り返し観れて、よし頑張ろうという活力をくれるドラマですよ。

まとめ

以上、堀北真希主演のドラマ「ミス・パイロット」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

主人公・晴の、4年に渡るパイロット候補生生活、そこでの成長を描いたドラマ!

何かを成し遂げるパワーや、目標を見つけようという意欲を沸かせてくれるー更に飛行機マニアは必見の作品ですよ。

TSUTAYA DISCASでミス・パイロットのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴