ドラマ|姉ちゃんの恋人1話あらすじとネタバレ感想まとめ!訳アリ男との出会い

有村架純主演、3人の弟を持つ肝っ玉姉ちゃん・桃子が主人公のドラマ「姉ちゃんの恋人」。

一家の大黒柱として弟たちを養う桃子が突然恋に落ちるラブホームコメディ作品です。

この記事では、桃子が真人と出会う1話について、あらすじやネタバレ・感想をまとめています。

ドラマ「姉ちゃんの恋人」の動画は、FODの2週間の無料お試し期間を使えば1話から全話無料視聴可能です。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

▶︎「姉ちゃんの恋人」の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ「姉ちゃんの恋人」1話のあらすじとネタバレ

ドラマ「姉ちゃんの恋人」1話のあらすじ

安達桃子(有村架純)は、高校3年生のときに両親を事故で亡くし、大学進学を断念。それ以来、3人の弟たちを養うため、親戚の紹介で就職したホームセンターで働き始めて9年目の27歳。「あいつら幸せにするって決めたんで、私」ときっぱりと言い切る桃子は、それぞれ20歳、17歳、14歳となった弟たちの幸せを何よりも大切に考える一家の大黒柱として、辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。(引用元:フジテレビ公式サイト)

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

27歳だけど大黒柱の桃子

27歳の安達桃子(有村架純)は高校3年生の時に両親を交通事故で亡くして大学進学を断念し、和輝(髙橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)3人の弟たちを養うため親戚の紹介で就職したホームセンターで働いています。

桃子は弟たちを面倒見、彼らも姉を思いたり、家族仲良く賑やかに暮らしています。

食事中、テレビから夫婦が乗用車にはねられ死亡する事故を伝えるニュースが

それを聞いた弟の和輝が姉を気遣い、テレビを消します。

ある日、桃子は、職場でハロウィーンの準備をしていましたがこのご時世、例年なら盛り上がるはずの飾りつけも今一つ。

思わず「クリスマスはドカンとやりたいですね」とぶやく桃子に、チーフの市原日南子(小池栄子)は意見に賛同し「社長に言っておく」と言うのでした。

桃子、真人と出会う

出勤した桃子に、日南子がこの前のクリスマスの企画を社長に掛け合ったと言います。

言い出したのは桃子だからあなたが責任者、と指名。

そして、夜にミーティングを行うことになり、今回から配送の人も打ち合わせに1人入れるから、と言います。

一方、桃子と同じホームセンターの配送部で働く真人(林遣都)は母と2人暮らしで、母の働く弁当屋を手伝ったりもしています。

ある日、家で休んでいると、上司の高田悟志(藤木直人)から着信が。

悟志が言うには、クリスマスの企画に真人を参加させると聞いて、異議を唱ええたのですがゴリ押しされたとのこと。

その話を聞いた真人の母・貴子(和久井映見)は何か今年のクリスマスは楽しみだと嬉しそうな様子を見せます。

ミーティングで、桃子と真人は初めて顔を合わせます。

全館イルミネーションをすることや、ぬいぐるみショーなど、さまざまなアイディアが出る中で、意見を聞かれた真人が「あまりキラキラしていたりすると、1人だったり寂しかったり、何か辛い思いを持っていると目を背けたくなる」と思いを打ち明けます。

そして、そういう人も「ちょっと触れたい」とか「見に来たい」とか思えるようなクリスマスにするのには「本物の大きな樅の木」を使いたいと言うのですが、それは桃子が考えていたものと全く同じでした。

2人の意見は一致し、「派手さより親しみやすさ、幸せな人だけではなくて、寂しい人へ」という方向性が決まります

桃子と真人の世界が動き出す?

桃子は親友のみゆき(奈緒)とコンビニ前で近況報告をしながら、お互いに好きな人がいないと、語るのでしたが、「心が通じる人がいい。心の根っこがわかり合えるっていうか、同じ人がいい」と言いながら、「本物の大きな樅の木」のイメージが同じだった真人のことを思い浮かべていました。

一方、川上(光石研)が真人の家を訪れ、真人は留守だったので貴子(和久井映見)が応対しました。

真人の様子を聞かれ、貴子は真面目に働いていること、自分の保護司が川上で良かったといつも言っていると答えます。

川上は「あの子は大丈夫。十分償ったし」と告げ、しかし「何か、誰かのせいで彼が傷付いてしまうことが起きることが心配」とも言うのでした。

貴子は、自分が命に代えても守ると告げるのでした

日曜日に河原で弟・朝輝のサッカーの試合を応援をしていた桃子は、つい熱が入りすぎて試合に乱入してしまいます。

審判に盾突いた桃子は退場処分になってしまいますが、怒りが収まらず、試合場を去ろうとした桃子の前に、何と偶然散歩で通りがかった真人がいました。

ベンチに座り、お互いの境遇を少し話し、少しだけ心の距離を縮めたた二人

弟たちから勝ったとの知らせが入り、「これから焼き肉食べ放題に行く」と桃子は席を立ちます。

「じゃあまた、職場で」と。

お互いを知らずにいた桃子と真人の世界が、少しだけ動き始めました。

▶︎ 次2話の詳しいあらすじとネタバレはこちら

ドラマ「姉ちゃんの恋人」1話の感想

50代女性
桃子は弟たちのために本当に良く頑張ってきていると思いました。そんな姉を慕うかのように、どの弟も素直にすくすく成長していると思いました。どこか無理に明るく振る舞っているようにも見え、そこが少し辛い感じがしました。ですが、無理にでも笑顔でいなければ、やってこれなかったのだろうと思います。とても明るい桃子ですが、真人はかなり静かです。彼の性格はもともとそうだったのか、それとも過去のことが原因でそうなってしまったのかは分かりません。ですが、桃子は真人のことを気に入っているようです。逆に真人は意識して誰かを好きにならないようにしているような気がしました。
20代男性
第一話から有村架純演じる姉ちゃんこと桃子のまっすぐでひたむきな姿に癒されました。とてもかわいかったです。一方恋人となる真人は静かで過去に訳ありな感じなので対照的ですが桃子が猛烈なアプローチをしていくのだと思うので、意外と主人公の女性が積極的にアプローチするタイプの恋愛ドラマは私のみたところでは少ないように思うので、新鮮な感覚があります。二人の距離がどのように近づいていくのか来週もとても楽しみです。
50代女性
まず、ホームセンターの店員の安達桃子は男ぽくて、弟の面倒を見ているのでたくましさを感じました。また、同僚の吉岡真人は保護司の人がついていたので、過去に何かあったのだと思いました。脚本を書いているのが、岡田惠和(よしかず)さんなので、ドラマの「ひよっこ」に出ていた和久井映見さんやエレキコミックのやついいちろうさんが出ているのかなと思いました。他にもキング&プリンスの高橋海人さんや井坂郁己さんなど知っている人が出ていて、よかったです。
20代女性
主人公の桃子はとても元気で明るい女性で、姉弟が仲が良く弟たち想いでしっかり前を向いて生きている、素敵な女性だなと思いました。職場の同僚たちとも関わりが良く、みんなで食事に行ったりととても楽しそうに過ごしているなと思いました。ある日、職場のイベントで真人という男性に出会い、話し合いの中で桃子と真人の2人の意見が全く一緒のことに気づき、意気投合しているなと微笑ましくなりました。それから2人は職場以外でも話すようになり、仲良くなって楽しそうで2人が上手くいけばいいなと思いました。
30代男性
主人公の桃子と同じホームセンターで働く真人が出会う場面があるので恋が始まる前触れみたいな感じですごく見応えがありました。クリスマスのクリエイト企画の会議で出会うのですが二人が同じアイデアを出してなんとなく意気投合する場面が好きですね。こういう風に自分と同じ気持ちの人が近くにいると恋に落ちやすいということをこのドラマで知ることができました。桃子が完全に初めから真人のことがいいと思っている感じがすごく感じられるストーリーでした。
40代女性
有村架純さんが大声を出すちょっとガサツな珍しい役柄でした。キャラ全員悪い人などいないようなドラマでした。桃子を慕う三兄弟が可愛くて、絆や信頼関係が見えました。反対に林遣都さん演じる真人は、どこか陰があって彼の過去に何かあったんだろうなという雰囲気が漂っていたので気になりました。桃子の働くホムセンも笑い合って楽しそうです。こんな職場で働きたいなと思いました。全体的に明るいドラマですが、真人の家だけ少し雰囲気が暗いです。その対照的な描き方が、理由がありそうでさらに続きが気になりました。林遣都さんと和久井映見さんの親子の雰囲気がいいです。

まとめ

以上、有村架純主演のドラマ「姉ちゃんの恋人」の1話のあらすじ、ネタバレと感想をまとめました。

弟たちの幸せが1番な桃子が真人と出会った1話でした。

これから桃子と真人の距離がどう縮まっていくのか今後の展開も楽しみですね。

FODで姉ちゃんの恋人の動画は1話から全話無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

▶︎「姉ちゃんの恋人」の動画を無料視聴する方法はこちら