ドラマ|眠れる森の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

1998年10月〜12月まで中山美穂・木村拓哉主演で放送のドラマ「眠れる森」

本作は、衝撃の過去を抱えて生きる女性と、彼女を取り巻く人々が織りなすミステリー・ドラマ。

主役級俳優・木村拓哉が、ダークな雰囲気を持つ謎の男役を好演しています!

ドラマ「眠れる森」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「眠れる森」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「眠れる森」を無料視聴できる動画配信サービス

ドラマ「眠れる森」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルが可能です。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは通常月額2,659円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスではないですが、著作権に厳しい事務所に所属している俳優や、ジャニーズ所属のメンバーが出演している作品もレンタルできます。

他では見ることのできない作品も楽しむことができるのでおすすめのサービスです。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYATOPの「今すぐ30日間の無料トライアル」をクリック
  2. Yahoo!IDでログイン
  3. 「TSUTAYA DISCASに新規登録する」をクリック
  4. メールアドレスを入力して「次へ」をクリック
  5. 届いたメールの承認用URLをクリック
  6. 必要な情報を入力して「次へ」をクリック
  7. お支払い方法を選択し、入力したら登録完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYATOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. 「サービス停止申請」をクリック
  4. 解約するサービスを選び、アンケートに答えたら解約完了

ドラマ「眠れる森」の見逃し動画

ドラマ「眠れる森」が動画共有サイトで配信されているか調べた検索結果を以下にまとめています。

動画共有サイト 配信状況 検索結果
Youtube × 検索結果はこちら
TVer × 検索結果はこちら
GYAO! × 検索結果はこちら
ニコ動 × 検索結果はこちら

ドラマ「眠れる森」の関連作品、概要

ドラマ「眠れる森」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「眠れる森」のDVD(全4枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「眠れる森」のDVD全4枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「眠れる森」に出演している中山美穂の出演作品

  • 君の瞳に恋してる!(全6枚)
  • 蝶の眠り(全1枚)
  • サヨナライツカ(全1枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「眠れる森」に出演している中山美穂の出演作品がたくさん揃っています。

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品も多くあります。

他では見れないと諦めていた作品もレンタルできることがあるのでチェックしてみてくださいね!

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「眠れる森」をお楽しみください。

ドラマ「眠れる森」のあらすじ

蘭専門の植物園で働く大庭実那子は、3か月後に恋人・輝一郎との結婚を控えていた。

実は、実那子は15年前の『市議会議員一家惨殺事件』の生き残りの次女であったが、当時の記憶を失っていた。

事件直後、警察は実那子の姉・貴美子と恋人関係にあった大学生・国府を逮捕する。

ある日、実那子は事件の直後にもらったラブレターを見つけ、その差出人に会うため、故郷の「眠れる森」に出かける。(引用元:wikipedia)

ドラマ「眠れる森」の見どころ

交通事故で亡くなったと思っていた家族、実はそれはウソの記憶であり、実は殺されていたー

その”真の記憶”が蘇りつつある主人公・大庭実那子の元に、謎の青年・伊藤直季が現れます。

事件の犯人は、そして彼女は、彼女を取り巻く登場人物たちとの結末は?

先読み出来ない毎話ハラハラの展開に加え、仄暗く哀しくも繊細な映像美にも注目の作品。

美那子役の人気女優・中山美穂、そして直季役の木村拓哉の美しさ・演技力が際立っています!

またそんな主役陣、その他実力派キャストたちの中でも、ユースケ・サンタマリアのドラマ後半からの演技は鳥肌モノ

伏線だらけの各回からの、ラストにおとずれる衝撃の結末ー目が離せませんよ!

ドラマ「眠れる森」のキャストスタッフ、放送情報

大庭実那子:中山美穂
伊藤直季:木村拓哉
濱崎輝一郎:仲村トオル
中嶋敬太:ユースケ・サンタマリア
佐久間由理:本上まなみ
国府吉春:陣内孝則
濱崎麻紀子:原田美枝子
濱崎正輝:岡田眞澄

原作: 野沢尚

主題歌: 竹内まりや「カムフラージュ」

制作:フジテレビ

放送:1998年

ドラマ「眠れる森」の各話動画まとめ

第1話「15年目のラブレター」
15年前のクリスマス・イブ、福島県で市会議員一家が惨殺される。12歳の次女だけが奇跡的に無傷で発見された。第一発見者を装った大学生・国府(陣内孝則)が逮捕された。 現在。蘭専門の植物園で働く大庭実那子(中山美穂)は小学生の時、家族を交通事故で失いそのショックで当時の記憶が曖昧に・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」1話のネタバレ
15年前の12月24日。

議員の一家殺害事件が起き、12歳の次女だけ無傷で助かった。

その事件で国府(陣内孝則)という大学生が逮捕されたのだった。

時が流れ現在。

大庭実那子(中山美穂)は植物園で働いている。

彼女は小学生の時交通事故で家族を亡くし、ショックでそのころの記憶が曖昧になっていた。

実那子には恋人がいる。

エリート商社マンの濱崎輝一郎(仲村トオル)だ。

2人はクリスマスに結婚も控えていた。

伊藤直季(木村拓哉)は照明会社で働くデザイナー。

ある日、フリーライターの中嶋敬太(ユースケ・サンタマリア)から「国府が出所した」という情報を聞く。

そして直季はある決意を固めていた。

ある日、実那子は新居の引っ越しのために荷物を整理していた。

そこで幼い字で書かれた差出人が不明の手紙を見つける。

小さい頃にもらったラブレターだった。

そこには、「15年目の今日、眠れる森で逢いましょう」という謎の文が。

それは2日後のことだった。

約束の日、一人で旅に出た実那子。

彼女は野生の森へと抜けていく。

そこで声をかける青年。

その青年は「直季」という男だった。

彼は、実那子がどんな生活を送って今に至るのかすべて知っていたのだった…。

ドラマ「眠れる森」1話の感想
12歳の次女が無傷で助かった…。なんでその子だけが無傷なのかは疑問ですが1人取り残されて助かるというのも残酷ですよね。
この少女、実那子かなと思いましたが彼女の家族は交通事故で無くなっています。12歳の少女の家族は殺害されています。
ということは全くの別人なのか…、ますます謎が深まります。そして最も謎なのが直季。
彼はどうして実那子のこれまでを知っているのでしょうか。実那子に、「待ちくたびれたよ」と声をかける直季にはどこか不思議な雰囲気が漂っていました。
まるで未来から来たみたいですよね。今後の展開にドキドキしてしまいました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「つきまとう男」
直季は実那子が働くオーキッド・スクエアにいきなり現れ「あんたは俺の一部なんだから」という言葉を残し去っていく。実那子が後を尾けると、ビルのライティングをテストしている作業現場に出た。近くの機材トラックには「ライトセーバー」と社名ロゴがある。直季の素性を知る実那子。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」2話のネタバレ
実那子(中山美穂)の職場に、直季(木村拓哉)が現れた。

「あんたは俺の一部なんだよ」と伝え去っていく直季。

実那子が後をつけていく。

そこには「ライトセーバー」という社名のロゴマーク。実那子は、直季の素性を知るが・・。

そして直季は、実那子の婚約者である輝一郎(仲村トオル)について調べてほしいと敬太に頼む。

そして敬太(ユースケサンタマリア)から国分(陣内孝則)が仮出所、そのあとで行方不明になった、と敬太が直季に伝える。

12歳の時、実那子は家族を交通事故で失くしていた。

なんとか一命をとりとめ生き延びられていた。

実那子は叔父、大庭善三の養子となり育っていくが、短大を卒業する頃、善三が他界した。それから孤独の身になる実那子。

ある日実那子は、昔のアルバムを見ていた。

そのアルバムにどこか違和感を抱く。

故郷の写真と家族の写真はあるのだが、故郷の景色の中に家族の写真がない。

「未来だけを見なければならない」と疑問を振り払うのだった。

実那子は新婚生活をこれから思い描いていくのだった。

ドラマ「眠れる森」2話の感想
「眠れる森」は、私が10歳のときに放送されていました。再放送で見ましたが、全ては直季(木村拓哉)が実那子(中山美穂)をただ守るためだったのがすごいですね。最初は悪役ぶってますが、だんだんと回を重ねるごとに重要な役割を担う存在で、見方も変わってきます。最終回での、どんでん返しな展開まで知らない状態に戻って、再視聴したいです。私の母や、その友達もハマっていました。直季のあれはどういう意味の行動なんだろう?と考察してて、木村拓哉やっぱりすごい、と改めて思いました。実那子が記憶喪失になるまでの幼少期の思い出…。あんな怖い体験はしたくないですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「記憶が嘘をつく」
実那子が引越してきた新居のマンション。その向かいのアパートに直季も引越してきた。「こんなところで何をしているの」と問いつめる実那子に「何処に住もうと勝手だろ」と直季。輝一郎に相談せず、自分一人の力で解決することを決意する実那子だった。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」3話のネタバレ
実那子のマンションの向かいのアパートに、直季もやってくる。

誰にも相談せずに実那子は自分一人の力で解決すると決める。

最近オーキッドスクエアに大量の注文がある。

いたずらではないかと疑い、実那子が確かめる。だがその注文は本当であった。

ある婦人が出てきて、誕生日にプレゼントを毎年、教師をしていたときの教え子が送ってきてくれるのだと言う。

そこに突然、直季が現れる。

実那子と入れ違いにやってきた敬太。

敬太を見て「子供時代、敬太と故郷でターザンごっこして遊んだあの敬太・・・」記憶がある。

段ボール箱から小学校時代の文集を見つけた実那子。

戸籍を調べ、自分の本籍地が群馬ではなく、福島なのを知った実那子。

故郷だと思ってた土地は、数カ月しかすんでいない場所だったのだ。

子供の頃の記憶は本物か。混乱した状態の中、直季のアパートを訪れる実那子だった。

ドラマ「眠れる森」3話の感想
実那子(中山美穂))の家のすぐ目の前。直季(木村拓哉)が引っ越してきて、現実だったら恐怖でしょうね。しかし木村拓哉だと、別の感情になる女性の方が多いのでは?うらやましいとひそかに思ってたりするでしょう。ようやく直季と輝一郎(仲村トオル)との対面ですね。実那子が体験してる、子供の頃の記憶は本物か?というのは、現実社会を生きてる中で、時々思いますね。そういう妄想で、「ドラマの主人公になったつもり」で物思いにふけってる時間ができればいいなと思ったりしてます。男ですが、要は実那子のような人生に憧れてるのかもしれないですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「暴行」
実那子(中山美穂)の記憶が徐々に戻りつつある。記憶のフラッシュバック現象が実那子に起こったことに直季(木村拓哉)は危機感を覚える。 記憶している過去は、本当に自分の過去なのか?実那子は、故郷だと思いこんでいた群馬の新聞を閲覧する。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」4話のネタバレ
フラッシュバックが実那子(中山美穂)に起こり、直季(木村拓哉)は危機感を感じていた。

過去の記憶は、本当に自分のものなのか?輝一郎に全てを話す実那子。

「苦しみの半分は引き受けるから」と言う輝一郎に、実那子は感動する。

そんな帰り道、輝一郎は、白いドレスをきた女が走り去る姿を見る。

「母さん・・・」と輝一郎は立ち尽くしていた。

実那子は、直季は何かを知っていると確信していた。

直季の元に行き、確かめようとするが、なぜか風の看病をすることに・・。

直季と会話していると、過去、好みが、自分と共通していることに気づく。

ある日再び、フラッシュバックが起こり、そこには瀕死の父、母、逃げだそうとしてる姉の姿。

突然の衝撃の記憶に立ちつくす実那子。

知らなくてもいい過去。

だが生きていくための道しるべとして、本当の自分を探すため、実那子は意を決するのだった。

そして、直季をアパートの前で待ち受けて・・。

ドラマ「眠れる森」4話の感想
輝一郎(仲村トオル)が謎の女を追いかけていくシーンは、ものすごく印象に残ってます。確か母親の幻だった・・。「あの女はお前を不幸にする」。この言葉が一番怖く、いまでも覚えています。あの女とは実那子のことですが、輝一郎が本能的にかんじていたことが、母親の形となって警告していた。と、いまではそう考察できますが、リアルタイムで見たときは、ただ男の人が女の人を追いかけているだけの不思議な光景にしか映ってなかったですね。見たのは小学生の時だったので。母親がドラマ好きだったので、何気なく眺めてたんですが、いまだに記憶に残ってるのを思うと、感慨深いドラマです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「隠れ家」
実那子(中山美穂)は輝一郎(仲村トオル)と共に眠れる森へ向かう。実那子の記憶の中では、そこは中嶋敬太(ユースケ・サンタマリア)とターザンごっこをして遊んだ森だった。しかし思いだそうとすればするほど、記憶は曖昧になる。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」5話のネタバレ
実那子(中山美穂)は輝一郎(仲村トオル)と実那子の故郷、眠れる森へと向かった。

伊藤直巳(夏八木勲)と森で出会う。

実は直巳は、直季(木村拓哉)の父だった。

実那子は、15年前の患者さんだったと、直巳から告げられる。

催眠療法士である直巳は、この森で精神療法を行っていた。

実那子のフラッシュバックの中の一部の記憶は、直樹の子供の頃のものだった。

「直季はおそらくあなたの役に立ちたい。

または、国府(陣内孝則)からあなたを守るために現れたのかも」と語る直巳。

実那子は過去を受け入れる一歩を踏み出そうとする。

そして輝一郎と幸せになる。

アパートへ帰宅した直季と実那子は語り合う。

子供時代の記憶を共有し、二人は素直な気持ちで言葉を交わす。

そんな折、国府が保護司の前から姿を消す。

どこにいるのかは行方不明。不安がよぎる実那子だった。

ドラマ「眠れる森」5話の感想
実那子(中山美穂)の少女時代の記憶が、直季(木村拓哉)の子供時代のものだった。そう知ったとき実那子がほっとできたのは、直季に初めて会ったとき、もしかしたらすでに自分が直季と似た一部分の存在だと、どこかで思っていたかもしれない。と個人的な見解を述べました。いや実際にそうだったのではと願っています。このあと、実那子と輝一郎が国分について調べていきます。そして直樹も実那子の役に立つために、動きます。細かいですけど実際の精神療法で、催眠療法を施すというものがあるのか?と気になりました。直季と実那子のような関係になれるのなら、眠れる森の世界にいきたい気持ちになります…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「真犯人」
直季(木村拓哉)は、出所した国府吉春(陣内孝則)の足取りを掴むために、吉春の兄・和彦と会い、横浜中華街に住むという刑務所時代の友人・玉置(山路和弘)を訪ね、国府がすでに実那子(中山美穂)の職場をつき止めていることを知る。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」6話のネタバレ
直季(木村拓哉)は、出所した国府(陣内孝則)がどこにいるか突き止めるため、国府の刑務所時代の友人・玉置(山路和弘)を訪ねる。

国府はすでに実那子(中山美穂)の職場を知っていた。

春江(横山めぐみ)によると、「あいつに地獄をおしえる」確かに国府がそう言っていたらしい。

すぐに国府を探しに出る直季。

一方、輝一郎の前に母・麻紀子(原田美枝子)が再び現れる。

22年前の記憶がやってくる。

恐怖とともに母の言葉があった。

「あなたを惑わす人間を許さない」輝一郎にそう言った。

数日後、実那子は、輝一郎の家で、福島学院大学文学部の証書を見つける。

その大学は、国府吉春の通っていた大学。

オーキッド・スクエアで、あのフラッシュバックがまた実那子に起こる・・。

そこに鏡に映る実那子の姿。

手に刃物を握っていた。

その実那子は魔物のような笑みを浮かべていた。

ドラマ「眠れる森」6話の感想
この回で、直季が国府の過去を調べ始めて、国府(陣内孝則)が「あいつには地獄を教えてやる」と、失踪する前につぶやいていたと、国府の刑務所時代の友人の妹(横山めぐみ)から聞かされますよね。その国府の言っている「あいつ」とは?ネタバレになるので、詳しくはいえませんが。後半で、輝一郎(仲村トオル)が学生時代、国府と同級生だったこと、幼いころ実那子(中山美穂)と会っていたことを、実那子が輝一郎から告げられる。この段階から、続きが見たくなってきますね。ラスト回を見ている、見ていないとでは、すごい視点が違ってきます!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「タイムカプセル」
「家族を殺したのは私なの。だから国府は私を探しているんじゃないの?罪をなすりつけた真犯人に復讐するために」。 フラッシュバックで実那子(中山美穂)が見た過去の記憶の中で、12歳の実那子は返り血を浴び、手には刃物を握りしめていたという。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」7話のネタバレ
実那子(中山美穂)が記憶の中で見たものとは・・。

手に刃物を握りしめ、血を浴びていた自分の姿だったという。

実那子は病院に運ばれた。

直季(木村拓哉)は実那子がそんな子だったのかを確かめてやると誓う。

直季は敬太(ユースケ・サンタマリア)と福島県御倉にやって来る。

そこは実那子が少女時代を過ごした土地だった。

町の人は、事件のことを話すことを避けていた。

直季は、実那子と仲良しだった女性・高木佐江に会う。

体に、なぜか痣(あざ)があったというのだ。

実那子が幼い時の頃だ。

直季は実那子に、まだ12歳の子供に複数の大人を殺せない、まず母と姉を殺す理由がないと話す。

必ず実那子の過去のことを明らかにすると誓うのだった。

夜、わずかな記憶の手がかりから少女時代の自分を想像する実那子。

そんな折、敬太から直季にある衝撃的な事実を伝えられる。

ドラマ「眠れる森」7話の感想
実那子(中山美穂)がフラッシュバックの中で、自分が家族を殺したのかも?と思い、直季(木村拓哉)がその真相を調べようとする。好きな人のためにここまでできるのは、実際にあったらすごいですね。私なら逃げ出してしまいます。前回からすでに、物語が急展開している「眠れる森」。大人になったなら、一度は見るべきサスペンスドラマですね。主題歌・竹内まりやの「カモフラージュ」もこのドラマの世界観にあってて、このころの時代観がとても居心地よく感じさせてくれます。30代になったので、もう一回全話見てみたら、リアルタイムの頃とは感じ方がきっと違うだろうなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「告白」
直季(木村拓哉)は福島・御倉から東京に戻ってくる。敬太(ユースケ・サンタマリア)は実那子が少女時代に森に埋めたというタイムカプセルについて聞くが、直季は、子供のガラクタだったとごまかす。実那子(中山美穂)に対しても、実の父の写真を見たことを言おうとはしなかった。  (引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」8話のネタバレ
直季(木村拓哉)は東京にかえってきた後、実那子(中山美穂)のタイムカプセルのことについてたずねる敬太(ユースケ・サンタマリア)。

が、ただの子供のおもちゃだったという直季。

実の父親の写真についても、実那子に黙っているのだった。

そして突然姿を消す実那子。

すぐに輝一郎は直季の元を訪れる。

実那子は記憶を取り戻すために故郷へ向かっている! そう確信し、二人は実那子のもとへ。二人は実那子に会うが…。

実那子は、記憶がなかなか戻らないと苦しんでいた。

輝一郎は優しく、思い出す必要はないというのだった。

実那子を元気づけるために、自身の通っていた大学に連れる。

輝一郎は、実那子の姉と国府(陣内孝則)のことに触れる。

国府と姉と一緒にいた少女時代の実那子。

輝一郎は悔しそうに語った。

もしこの町にいたら国府を止められたかもしれない、事件を防げたかもしれないと。

ドラマ「眠れる森」8話の感想
物語がだんだん急展開になってきます。私自身が子供時代にみていたドラマなのですが、現在のドラマと比べると尚更見たくなってくるのです。不思議です。いっそのこと、昭和と平成に作られたドラマ、映画館で上映するというのは無理なんでしょうか?残さなきゃならない伝えるべき貴重な作品が、忘れられつつある時代です。いつか再放送をのぞんでも難しいです。この「眠れる森」は、ぜひ100年後も認知されつづけてほしいです。この頃の時代だからこそ、作れた作品だったと思います。この回の終盤、直季を後ろから殴打したのは国府だと思ってましたね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「マリアは見ていた」
直季(木村拓哉)を襲い、人気のない雑木林に連れ込んだ国府(陣内孝則)は掘った穴に直季を埋めようとした。狂気の表情で「助けて欲しければ、これ以上俺を探すな」と迫る国府に、直季は死の恐怖から助けて欲しいと懇願する。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」9話のネタバレ
国府(陣内孝則)は直季(木村拓哉)を襲い、これ以上自分を探さないよう強く迫るが直季は国府の追跡を諦めず、敬太(ユースケ・サンタマリア)と合流し15年前の殺人事件を担当した元刑事の小椋(佐川満男)と会うことになった。

小椋から事件当夜のことを聞きだしているうちに、直季達は実那子(中山美穂)が一人だけ生き残った理由に疑問を持ち始め、殺害現場に偶然国府が訪れたことで真犯人は実那子一人を残し逃げざるを得なかったのではないかとの仮説を立てる。

その後直季達は犯人の逃走経路にある教会を訪れ、そこで神父から事件直後に匿名で二百万円がポストに入れられていた事実を聞く。

それはおそらく逃走中にマリア像に姿を見られた真犯人が懺悔の思いで行ったことだと推測し、その頃拘留中であった国府にはできるはずもないため、国府は犯人ではないと確信を持つ。

そのとき、小椋が実那子が担架で運ばれる際に殺人現場の群衆を見ながら「お父さん…」とつぶやいていたことを思い出した。

この事実に愕然とした直季は、タイムカプセルから取り出したロケットを握りしめ、実那子の父の元へ真相を聞き出すために向かうと…。

ドラマ「眠れる森」9話の感想
20年以上も前のドラマですが、今観てもまったく違和感なく見られるのは、やはり脚本の良さとそうそうたる演者による演技の秀逸さでしょう。キムタク出演のドラマは数多くあり、どんなドラマでも「キムタクっぽさが抜けない」などと言われていますが、このドラマではミステリアスな演技がよくハマっていました。今でもこのドラマの主題歌である竹内まりあさんの「カモフラージュ」を聞くと、あの幻想的なオープニングシーンが思い出され、当時犯人当てを友達と言い合っていた懐かしい思い出が浮かんできます。ぜひまた再放送をやって欲しいと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「サンタクロース」
直季(木村拓哉)は直巳(夏八木勲)の元を訪ね、15年前の事件について迫る。しかし直巳は確かにその場にはいたが、事件とは関わり合いのないことを直季に説明する。再び敬太(ユースケ・サンタマリア)と中華街で春絵(横山めぐみ)の張り込みを始める直季。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」10話のネタバレ
直季(木村拓哉)は直巳(夏八木勲)に、自分は15年前の事件とは関係ないと直季に解説する。

再び敬太(ユースケ・サンタマリア)と中華街で桜の季節絵(横山めぐみ)の動向を見張る直季。

敬太によると、国府(陣内孝則)と思われる男がサンタクロースの姿で近隣に現れたらしい。

数日後、中華街に、赤い服のサンタクロースが現れる。

サンタクロースは、直季が気にしていたアパートに入って行く。

直季は、追いかけていくが、逃げるサンタクロースにいきなり鉄材で殴られる。

倒れて動けない直季に、サンタクロースはそれ以上攻撃を加える事をやめてその場を去ろうとする。

その時、直季は意識を手放しそうな中でサンタクロースに向けて、シャッターを切った。

そこまでしても直季は「大事な記憶が眠っている、俺達の眠れる森へ行こう」といった。

様子を見に来た由理(本上まなみ)は、直季が、悪夢にうなされながら「フィルム、急いで現像をしてくれ敬太…」と訴えるのを耳にする。

こっそりとフィルムを現像したのだが、そこに写っていた犯人を見て驚愕する由理。

新たな悲劇がはじまる…。

ドラマ「眠れる森」10話の感想
実際、思い描くと超がつくほどの豪華キャスティングでした。真犯人をめぐるドラマの主軸を太く、楽しくしてくれていると考えます。あとは木村拓哉さんも良い演技をしています。謎に包まれていた事件の真相が判明していく様子が楽しく、予想外の真実に衝撃を受けた作品です。仲村トオルさんの不気味な演技、表情が多少怖さの残るところがその頃ありました。混沌としたムードを維持しながら展開していく流れがこの作品の最高面白いところで見終わった後にもあまりガッチリこない後味が残るところがあってもう一週してまたみた記憶があります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「殺人者」
直季(木村拓哉)は、自分が撮った写真が原因で由理を失ってしまったと激しい自責の念にかられる。警察に国府を指名手配してもらうよう敬太(ユースケ・サンタマリア)は言うが、直季は事件当夜の由理の足取りを独自に探り始める。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」11話のネタバレ
直季(木村拓哉)は自分の写真のせいで由理を失ったことで自分を責めていた。

敬太(ユースケ・サンタマリア)は国府を指名手配させるように言うが、直季は単独で調べ始めた。

その頃、実那子(中山美穂)に由理から手紙が届く。

自分のしようとしていることや、励ましの言葉、直季との将来について書かれていた。

自分が幸せになってもいいのか悩む実那子に、輝一郎は国府と闘うべきだと言う。

同じ頃、直季は由理との思い出の場所で敬太と、彼女の葬式をしようとしていた。

そして由理が殺害されたのはこの場所だと断言する。

さらに写真の人物は、15年前のあの事件の真犯人だと言う。

そして大きな価値のあるこの写真を欲しがっている人間が、他にもいるのではないか…。

敬太はそれを聞いて表情を変えた。

問い詰める直季に、敬太はついに全てを明かし始める…。

ドラマ「眠れる森」11話の感想
自分の愛する人を自分のせいで失ったとしたら…私だったら、自分が殺したも同然だと感じるでしょう。直季は警察の手を借りず、自分で由理の足取りを追うという選択をします。それはいかにも一匹狼の直季らしいです。由理を愛していた直季なら、他の人間が気づかないこともわかるかもしれません。そして今はもう亡き由理からの手紙を受け取った実那子の気持ちは…。自分だけ幸せになってもいいのか、と後ろめたくなる気持ちはよくわかります。しかし実那子が幸せにならなくても、もう由理が帰ってくる訳ではありません。由理の葬式の場で、敬太の口から語られるのは一体…?!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「聖夜の結婚式」
実那子は15年前の真実を知るために直季と共に直巳のコテージを訪れる。直巳は催眠療法を施して実那子の記憶の扉を開ける。記憶は犯人が国府だったことを実那子に告げる。また実那子は記憶の時間旅行の中で、タイムカプセルに埋めた父親の写真も見る。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」12話のネタバレ
直季と実那子は、15年前の真実を明らかにするために、直巳のもとを訪れる。

そして直巳によって、実那子の記憶が呼び覚まされる。

その中で、包丁を手にし血だらけになった姿の犯人は、国府だったと言う。

また、記憶の中には父親の写真もあり、そこには直巳が写っていた。

ということは、ふたりは姉弟だったのだ。

直季は仲のいい姉に対するように、幸せになれと実那子に言葉をかけた。

急いでやって来た輝一郎は、国府が犯人だったことを告げられる。

クリスマスイブの日、船上には実那子と輝一郎、そして直季の姿があった。

彼女はウエディングドレスを身にまとい、輝一郎はタキシード姿だった。

そして直季はふたりを見守っていた。

そこにはスタッフに扮した国府もいた。

まさに結婚式が始まろうとしていたところへ、刑事から直季に電話がかかってきた。

敬太の最後の連絡先が判明した、と。

その相手は今、この船上にいるという…。

ドラマ「眠れる森」12話の感想
人間の記憶というものは、曖昧だと思います。私だって、記憶違いをしていることや記憶に残っていないことはたくさんあります。しかし、逆にもし起こったこと全てを記憶から消すことが出来ないとしたら…。忘れることで生きていけるという事もあると思います。生きるために防衛本能として記憶から消してしまう…。衝撃的な体験や耐えられないほどの悲惨な経験をした人間は、無意識のうちに記憶を消してしまうことがあると聞きます。記憶というのは不思議なものです。勝手に塗り替えられたり、操作されることもあります。しかし、実那子の場合は記憶を呼び覚まされたことで、直巳が父親で直季とは姉弟だということが判明しました。彼女にとっては、国府のことも含めて良かったのだと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「眠れる森」の感想

40代男性
これは傑作でしょう!今では観ないような、繊細かつ重厚なドラマ作品です。野沢尚さんの脚本という事でさすがという他ない。ストーリー、加えて演出も素晴らしかったものの、俳優陣がこれまた皆さん素晴らしい演技だったんですよね。
特に主役の中山美穂さん、最高の演出に加えてのあの眩しいまでの美しさと高い演技力。彼女の真骨頂ともいえるドラマだったと述懐。観ていない方は、是非観てほしいドラマの1つですね。
40代女性
ラブストーリーなどで主役のキムタクが、謎に満ち溢れた・主人公を付け狙う悪役を演じていた珍しいドラマでしたね。
しかし、彼は格好いいというか、とにかく美しかったんですよね。森を駆け抜ける姿、芸術の域だったと思います。
内容としては暗いサスペンスなんですけど、けれど演出が良かったのかのめり込んで観ちゃったのと、後竹内まりあの主題歌が良かったんだと思います!
50代男性
非常に面白い作り込み方をしたサスペンスドラマだったと思います。これは面白かったですよ。
伏線がいくつも張り巡らされてるんですけど、その回収からの怒涛の結末、サスペンス好きは太鼓判のドラマではないでしょうか。ドラマ全体も、重い真実と美しい幻想が入り混じった感じで独特の雰囲気。キャストもミポリン初め皆さん良かったと記憶しています。とにかく良かったです。

まとめ

以上、中山美穂・木村拓哉主演のドラマ「眠れる森」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

主人公が抱える”真の過去”と、その真相を巡るサスペンスドラマ。

先の読めないストーリーに加え、俳優陣たちの名演技、映像にもぜひご注目下さい!

TSUTAYA DISCASで眠れる森のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴