ドラマ見逃し|朝ドラおちょやんの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2020年11月から杉咲花主演で放送のドラマ「連続テレビ小説 おちょやん」

貧しい家で育った竹井千代は、小学校でさえ通えず9歳の時に芝居小屋へ住み込みで働きに出ます。

その時に見た華やかな芝居の世界に心惹かれ女優を目指した彼女が、「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得するまでの波乱万丈を描いたドラマです。

ドラマ「おちょやん」の見逃し動画は、NHKオンデマンドで配信予定です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「おちょやん」を無料で見ることができますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

朝ドラ「おちょやん」の見逃し動画配信を無料視聴する方法

ドラマ「おちょやん」の見逃し動画は、NHKオンデマンドで見放題配信予定です。

NHKオンデマンドは通常月額990円かかる動画配信サービスですが、U-NEXTを経由して登録すると初月無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

今回紹介しているドラマ「おちょやん」は、NHKオンデマンドで全話見放題で配信中です。

さらにU-NEXT経由で登録しているので、NHKオンデマンドだけの作品だけでなく、U-NEXTで配信されている作品も無料視聴できます。

そのため、ドラマ「おちょやん」と同じ朝ドラ

の動画も見放題配信されているため、全話無料視聴可能です。

また、ドラマ「おちょやん」に出演している杉咲花の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能となります。

是非この機会にドラマ「おちょやん」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「おちょやん」の見逃し動画まとめ

朝ドラ「おちょやん」は、NHKオンデマンドで全話配信予定です

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると、31日間無料で利用することができますよ。

朝ドラ「おちょやん」のあらすじ
明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン、竹井千代は小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳のときに、道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。(引用元:NHK公式サイト)

朝ドラ「おちょやん」のネタバレ
〜準備中〜
朝ドラ「おちょやん」の感想
〜準備中〜
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「おちょやん」の概要

京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。そこで、喜劇界のプリンス、天海一平と出会い、結婚。喜劇女優として少しずつ成長していく。千代は一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。彼女は芝居の世界から去ってしまう。(引用元:NHK公式サイト)

ドラマ「おちょやん」の出演者、放送情報

竹井千代:杉咲花(幼少期:毎田暖乃)
このドラマのヒロインで俳優の浪花千栄子が実在モデルとなっています。

〈竹井家の人々〉
竹井テルヲ: トータス松本
千代の父親で、養鶏場で千代たち家族を養っているが、実際の世話は母親と千代に任せっきりというダメな父親。

竹井栗子:宮澤エマ
新しい千代の母親。料理屋の仲居をやっていた栗子を父親が口説き落として連れてきました。
しかし父親以上に働かず、徐々に千代と意見が合わず対立し始めます。

竹井ヨシヲ:荒田陽向
千代の弟。なくなった実の母・サエのことは幼くて覚えておらず、いつも腹を空かせています。

〈道頓堀の人々〉
岡田シズ:篠原涼子
千代が働きに出る芝居茶屋「岡安」の女将。
厳しくも温かく千代のことを見守り、千代ももう1人の母親として慕っている存在です。

岡田宗助:名倉潤
芝居茶屋「岡安」の主人で、シズの夫。

岡田みつえ:東野絢香(幼少期:岸田結光)
芝居茶屋「岡安」のシズと宗助の一人娘。

岡田ハナ:宮田圭子
芝居茶屋「岡安」の先代女将で、シズの母親。

富川菊:いしのようこ
老舗芝居茶屋「福富」の女将。

富川福松:岡嶋秀昭
老舗芝居茶屋「福富」の主人で、菊の夫。

富川福助:井上拓哉(幼少期:松本和真)
老舗芝居茶屋「福富」の菊と福松の一人息子。

かめ:楠見薫
芝居茶屋「岡安」の女中頭。
働きにきた千代に掃除や洗濯など「岡安」の仕事を厳しく教えました。

富士子:土居志央梨
芝居茶屋「岡安」のお茶子で千代の先輩。
お茶子の仕事に誇りを持ち、お茶子頭として強い責任感を持っています。

節子:仁村紗和
芝居茶屋「岡安」のお茶子で千代の先輩。
負けん気が強くて富士子と年齢が近いこともあり、揉めることが多い。

玉:古谷ちさ
芝居茶屋「岡安」のお茶子で千代の先輩である。千代と年齢が最も近くて仲が良い。心配性でおっとりとした性格だが、言うべきことは口にする。

椿:丹下真寿美
芝居茶屋「福富」のお茶子で、噂話が大好き。

ぼたん:沢暉蓮
芝居茶屋「福富」のお茶子で、噂話が大好きでおしゃべり。

あやめ:藤本くるみ
芝居茶屋「福富」のお茶子で、噂話が大好きでおしゃべり。

〈喜劇界の人々〉
天海一平:成田凌(幼少期:中須翔真)
喜劇一座の座長で天海天海の息子。後に千代の夫となる相手。

初代 天海天海:茂山宗彦
天海一平の父で、須賀廼家千之助と「天海天海一座」を率いている。

須賀廼家千之助:星田英利
喜劇界のアドリブ王。天海天海とともに喜劇一座を率いた。

須賀廼家万太郎:板尾創路
「須賀廼家万太郎一座」を率いる喜劇王。

熊田:西川忠志
劇場の支配人を務める「鶴亀株式会社」の社員で大山鶴蔵の部下である。

〈上方演劇界の人々〉
大山鶴蔵:中村鴈治郎
「鶴亀株式会社」社長で、道頓堀の芝居小屋を牛耳る上方演劇界のドン。

高城百合子:井川遥
千代が憧れ続けるスター女優。

山村千鳥:若村麻由美
京都の「山村千鳥一座」の女座長で、千代の最初の師匠。

高峰ルリ子:明日海りお
新派出身の女優で、かつては東京の人気女優だったが大山社長に頼まれて鶴亀家庭劇に参加する。プライドが高くて初めは喜劇を卑下しているが、徐々に馴染む。

小山田正憲:曽我廼家寛太郎
歌舞伎 出身の俳優で大ベテランだが、人気を得られずに喜劇界で活路を模索する。

須賀廼家天晴:渋谷天笑
初代天海天海の時代から座員で、のちに新たに旗揚げた鶴亀家庭劇に参加する。名前とは相反して雨男である。

須賀廼家徳利:大塚宣幸
初代天海天海の時代から座員で、一座のムードメーカーである。後に新たに旗揚げた鶴亀家庭劇に参加する。

漆原要二郎:大川良太郎
初代天海天海の時代からの座員で、身体が大きい女形 の役者である。後に新たに旗揚げた鶴亀家庭劇に参加する。一平に特別な思いがある。

石田香里:松本妃代
歌劇団出身の女優で、歌って踊れることが自慢だが喜劇界は披露する機会がない。千代を密かにライバル視している。

須賀廼家百久利:坂口涼太郎
須賀廼家徳利の弟分で、千之助のあとを追い鶴亀家庭劇に参加する。

〈京都で出会う人々〉
宮元潔:西村和彦
千代が働くカフェー 「キネマ」の店主。

宇野真理:吉川愛
カフェー「キネマ」女給である。富山県の出身で、住み込み部屋で千代と一緒の部屋に。

若崎洋子:阿部純子
カフェー「キネマ」女給で、女優志望。

薮内清子:映美くらら
「山村千鳥一座」の座員である。

〈撮影所の人々〉
小暮真治:若葉竜也
「鶴亀撮影所」の助監督である。

片金平八:六角精児
「鶴亀撮影所」の所長で、「カタキン所長」として親しまれる。

守屋(もりや):渋谷天外
「鶴亀撮影所」の守衛である。

主題歌:秦基博「泣き笑いのエピソード」

制作:NHK

放送:2020年

ドラマ「おちょやん」の見どころ

幼少期から小学校もろくに通えず、家の手伝いばかりしていた千代。

父親が新しく連れてきた母親とも馬が合わず、芝居の世界だけが千代の居場所でした。

そんな千代も運命の相手と出会い、結婚するも離婚。

波乱万丈の中でもまっすぐに逃げずに立ち向かう強い女性の姿は、見ている人に感動を与えること間違いありません。

一度は芝居の世界から退いた千代でしたが、ラジオドラマでの誰もが驚く復活劇はこのドラマの見どころの一つです。

どんな時でも前向きに、進んでいく姿は朝ドラファンには見逃せない名作になることでしょう。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「おちょやん」の感想

40代女性
約2ケ月遅れでスタートした杉咲花さん主演の「おちょやん」。オープニングから大阪を舞台としたドラマらしいハチャメチャな感じでぐっと心を掴まれました。主人公の千代を演じる杉咲花さんの可愛らしいけれど凛とした姿やはきはきとした大阪弁はこれから毎朝元気を貰えそうな気がします。千代役は最初は子役のお子さんが演じていましたが、子供とは思えないほどの言葉でだらしない父親と口喧嘩をしたり父親が連れて帰ってきた新しい母親に向かっても言いたいことをハッキリと言う物おじしない性格で見ていて圧倒されました。
20代女性
第1話の冒頭でわいわい賑やかで楽しい雰囲気で始まったので、とてもわくわくしながら見れています。オープニングの優しい絵がすごく好みです。歌声も聞いていて心地よくて耳が幸せです。子供時代の竹井千代役の女の子が元気な笑顔がかわいくて毎朝癒されています。こんなに幼い女の子がお母さん代わりに一生懸命頑張っているんだから私も仕事頑張ろうと勇気をもらえました。千代ちゃんは駆け引きが上手だなと思いました。例えば、友達のおはぎを食べたくて先生やみんなの前で一演技して、みんなのことを味方にして結果おはぎを2つももらえるなんてすごい!とびっくりしました。この技どうやって覚えたんだろうと興味津々です。来週もまた楽しみです。貧しい家でお母さんがいないってかわいそうというシーンで「かわいそうじゃない!」と言えた千代ちゃんは自分の意見をはっきり言えてかっこいいなと思いました。
20代女性
主題歌、ストーリーの雰囲気においてはどこか懐かしく、朝ドラによくある貧乏で面倒な父親に振り回されるヒロインがよく表現されていてわかりやすい内容だと思いました。ただ、思っていた以上にヒロインがたくましく、子供とは思えないほどの悪賢さで驚きました。父親もただ悪い人というわけではなく、亡くなった母親を忘れたいからその母親と正反対の性格の女と一緒になろうとしていて本心は一途で良い人かもしれないなと思いました。でもその新しい母親が子供の面倒を見ないことで弟の行方がわからなくなりこの先が心配です。
40代女性
どんな大人にも物怖じせず、ガツンと河内弁で言いたいことを言う子供のお千代ちゃんが今日も愛嬌たっぷりでした!ガラス工場の峯岸社長に楯突くどころか、流星丸の声は「生きるための鳴き声」なんて、堂々とした売り込みまでやってのける辺りが痛快です。トータス松本さんのお父ちゃんはしょうもないけれど、お母ちゃんのことを心の中では想っていると遠回しに洩らしてしまう辺り、どうしても憎みきれません。妊娠したかも?の栗子に「いやらしい」なんて言われて、トボトボ山道を歩いていたヨシヲが足を滑らせてからどうなったかが、とにかく心配です!今週のお千代ちゃんは子ども時代で、賢くて、しっかり者で、強気な面がたくさん描かれていますが、夜にお母ちゃんのことを想ってビー玉を月にかざしてみたり、本当はまだまだ親に甘えたい年頃なんだということも気づかせてくれます。これからどんな風に成長していくのか、楽しみです!
30代女性
明るく奔放な父親とこれからも楽しく暮らせるのかと思いきや、まさかすぐに奉公に出されるとは予想外で驚いています。自分は捨てられたのではなく、家族を捨てたのだと言い張る千代の気持ちが切なくて、涙が止まらずやるせない思いです。大事な母の写真をぐっと握りしめる千代がかわいそうすぎて、まともに画面を見れないくらいでした。弟。ヨシヲは千代がすぐに帰ってくると思っており、彼女の名を呼び続けるヨシヲを見るのも辛かったです。奉公先がいい所だといいなと思います。
50代女性
主人公の千代の幼少期です。貧乏でダメ人間の父親に喝を入れながら可愛い弟のよしおを守るために精一杯生きていて本当に健気です。千代を演じている子役がとても力強くて迫力があり頑張って家を守っている姿にぴったりです。トータス松本さんのダメ父親ぶりが炸裂しています。ちょっと見せる悲しげな表情はこんなことではダメだと思っているのだと思いたいです。しかしくりことお腹の子の暮らしを優先させるため千代は奉公に出されることになりました。親から捨てられたのではなく自分が捨てたのだと言った言葉は自分を鼓舞したかったのだと思いますがとても悲しい言葉でした。

まとめ

以上、杉咲花主演のドラマ「おちょやん」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「大阪のお母さん」として絶大な人気を誇る大女優の波乱万丈の人生を描いたヒューマンストーリー。

ラジオドラマで女優として大復活を遂げるまでのストーリーは涙なしには見れない展開となっています。

U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すると、おちょやんの見逃し動画は無料視聴できる予定です。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴