ドラマ|パーフェクトワールドの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2019年4月〜6月まで松坂桃李主演で放送のドラマ「パーフェクトワールド」

事故で下半身不随となってしまった男性と、高校時代の同級生が再開したことにより、恋が再熱するというラブストーリーです。

障害を恋愛のハードルとして捉えたリアルな描写が話題となりました。

「パーフェクトワールド」はFODプレミアムにて見放題配信中のため、2週間のお試し期間もあり1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「パーフェクトワールド」を無料視聴できる動画配信サービス

ドラマ「パーフェクトワールド」は、FODプレミアムで全話無料視聴可能です。

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムの見放題作品の中には、ドラマはもちろんアニメや映画、FODでしか見ることのできないオリジナルドラマも多数配信しています。

また動画だけでなく、漫画や書籍・雑誌も幅広く楽しめるため満足度の高いサービスです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

FODプレミアムの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

FODプレミアムの登録方法
  1. FODプレミアムTOPの「今すぐはじめる」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを設定し、「アカウントを作成する」をクリック
  3. お支払い方法を選択する
  4. 購入内容を確認して問題なければ、「決済に進む」をクリック
  5. 以下の表示で登録完了です
FODプレミアムの解約方法
  1. FODプレミアムTOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録コースの確認・解約」をクリック
  3. 「解約する」をクリック
  4. もう一度「解約する」をクリック

ドラマ「パーフェクトワールド」の見逃し動画

ドラマ「パーフェクトワールド」が動画共有サイトで配信されているか調べた検索結果を以下にまとめています。

動画共有サイト 配信状況 検索結果
Youtube × 検索結果はこちら
TVer × 検索結果はこちら
GYAO! × 検索結果はこちら
ニコ動 × 検索結果はこちら

ドラマ「パーフェクトワールド」の関連作品、概要

ドラマ「パーフェクトワールド」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

他にも、ドラマ「パーフェクトワールド」に出演している松坂桃李の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「パーフェクトワールド」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「パーフェクトワールド」のあらすじ

建築士の鮎川樹(松坂桃李)は、大学生の時に事故に遭ったことが原因で、
脊髄を損傷し、下半身が不随に。

“恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”
心に固く決めていた。

そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。

閉ざされていた樹の心が、少しずつ開かれていくー。

二人の前には、さまざまな“困難”が立ちはだかる

つぐみに思いを伝えられない幼なじみ・是枝洋貴(瀬戸康史)
自暴自棄になっていた樹を励まし続けた“恩人”・長沢葵(中村ゆり)

突然障がい者となった息子を、誰よりも心配する、樹の母・文乃(麻生祐未)
障がいのある樹との恋に反対する、つぐみの父・元久(松重豊)

お互いを“幸せにしたい”と思えば思うほど、二人はすれ違い―。

無限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とはー?

障がいで恋をあきらめた建築士
車椅子に乗った初恋の相手に恋心が再燃したヒロイン

2人がつむぐ愛の物語
(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」の見どころ

障害により、好きだったバスケも恋も諦めていた青年、鮎川樹を松坂桃李が演じています。

もし自分の足が動けば…と、あらゆる場面で苦悩する主人公の様子がリアルに描かれて話題となりました。

そんな松坂桃李さんの、見る人の感情を揺さぶるような表情やセリフは見どころです。

また、ヒロイン役の山本美月さんと、その幼馴染役を演じた瀬戸康史さんが結婚したことにより、「パーフェクトワールド婚」と再び注目を集めました。

作中で主人公の鮎川樹の恋のライバル役となった瀬戸康史さん演じる是枝洋貴と、ヒロインとのシーンは見返したくなること間違いなしですよ。

ドラマ「パーフェクトワールド」のキャストスタッフ、放送情報

鮎川樹:松坂桃李
川奈つぐみ:山本美月
是枝洋貴:瀬戸康史
長沢葵:中村ゆり
渡辺晴人:松村北斗
川奈しおり:岡崎紗絵
沢田一馬:池岡亮介
三村芳正:高島豪志

原作:有賀リエ

主題歌:菅田将暉「まちがいさがし」

制作:関西テレビ(フジテレビ

放送:2010年

ドラマ「パーフェクトワールド」の各話動画まとめ

第1話「再会した初恋の人は車いすの建築士・・・変わる運命」
川奈つぐみ(山本美月)は、父・元久(松重豊)の反対を押し切って東京の大学へ進学。妹と暮らしながら、今はインテリアデザイン会社で働いている。ある日、上司から設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所で建築士として働いていたのだ。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」1話のネタバレ
建築士の鮎川樹(松坂桃李)は、大学時代に遭った事故により下半身不随の障害を抱えていた。

恋も好きだったバスケもあきらめていた彼の前に、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)が12年ぶりに現れる。

そんな再会に樹は少しずつ心の扉を開いていき、つぐみも樹に対する懐かしい初恋の気持ちを思い出すのだった。

しかし、そんな二人の前にはたくさんの困難が待ち受けていた。

幼馴染でつぐみのことを一途に思う是枝洋貴(瀬戸康史)、荒れていた樹に寄り添い励ましてきた恩人の長沢葵(中村ゆり)、ひたすら障害を抱える息子のことを心配する母・文乃(麻生祐未)、二人の恋を反対するつぐみの父・元久(松重豊)など、それぞれの存在は二人にとって大切なものである一方、二人の恋の障害になってしまう。

彼らがお互いの幸せを願うほど、うまくいかない現実に直面する。

困難を抱える彼らが向かう道はいかに?

ドラマ「パーフェクトワールド」1話の感想
ある日突然、思いもかけないことで障害を背負い自分の周りの世界が一変してしまったら、どんな気持ちになるだろう。きっと、大多数の人は樹と同じように荒れて自暴自棄になってしまうだろう。また、初恋の相手が、障害者になってしまっていたことを知った時のつぐみは、ショックを受けるとともに、彼を理解しようとし、かいがいしく世話するが、そんなつぐみの存在は彼にとって、暖かい陽だまりのような存在だったのだろうと思う。様々な困難があるけれど、お互いのことを思いやり幸せになってほしい。また、現在のバリアフリー事情に関してもきちんと描写されているのには好感が持てた。次回の放送も楽しみだ。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「きみを守れない」
樹の元担当看護師でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみ(山本美月)は胸がざわつく。一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた焦りを覚えていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」2話のネタバレ
大事なコンペの準備で無理をし、急病で入院した樹。

絶望していたが、つぐみの献身的な支えにより無事に念願の仕事を獲得できた。

このことにより、樹とつぐみは急接近。

しかし、樹をずっと支えてきた看護師兼ヘルパーの長沢葵(中村ゆり)と樹の信頼でつながっている様子を見て、もやもやした気持ちのつぐみ。

一方、つぐみに思いを寄せる洋貴(瀬戸康史)も、彼女が樹の影響を受けインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知り、心中穏やかではない。

ある日、つぐみは樹を、彼の同僚である晴人(松村北斗)からの依頼で体育館に連れて行く。そこで樹は行われていた車いすバスケの練習への参加を促されるが、樹はその気になれなかった。しかし、彼女の依頼ということもあり、参加することに。

そのうち、樹はバスケの楽しさを思い出したのかチームに加入することに。

つぐみは、以前のようなきらきらした樹の笑顔を間近で見てときめきを覚えるが、同時に自分が恋愛の対象でないことにジレンマを感じていた。

そんな中、樹のマンションには母・文乃の姿が。仲の良い2人に、文乃は樹の恋人だと喜ぶが、樹は友人と否定。

それを聞いたつぐみはショックを隠せない…。

ドラマ「パーフェクトワールド」2話の感想
樹を一途に思うつぐみのせつない気持ちが痛いほど伝わってきた。一般的に女性は好きでもない男性に尽くしたりしないと思うけれど、樹は女性の気持ちに対して少し鈍いのかなと思ってしまった。また、つぐみのことを好きな幼なじみの洋貴も、自分の好きな相手が自分ではなく違う方向を向いているというのは、やるせない気持ちだっただろうなと思う。樹は、車いす生活で行動範囲も限られてしまい事故から今までの毎日を楽しく笑って過ごすことが難しかっただろうと思うけれど、周りの心遣いで車いすバスケの出会えて、生き生きと楽しめる時間を持てるようになったのは本当に良かったと思う。すべての障害を持って生きている人々が、生きがいを持って生きることができる未来を望んでいる。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「あきらめた恋再び・・・二人をはばむ障壁」
付き合うことになった樹とつぐみは、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴は大きなショックを受けていた。ゴールデンウィーク、つぐみとしおり(岡崎紗絵)は樹の車で長野へ帰ることに。その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念する。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」3話のネタバレ
下半身不随という障害を背負ってしまったことから樹は恋愛をあきらめていたが、自分を丸ごと受け入れるというつぐみの気持ちに打たれ、もう一度恋をしてみようと思うのだった。

恋人らしく江の島などに2人で出かけたりもした。

そんなつぐみと樹の様子を見て、洋貴は傷ついていた。

GWに、つぐみとしおり(岡崎千絵)は帰省するため樹の運転する車に同乗した。

つぐみの父・元久(松重豊)が、つぐみと樹の交際をどう思うかしおりは不安に思っていたところ、ばったり鉢合わせ。

父は樹が車から降りて挨拶をしないことに、礼儀がなっていないと容赦ない態度。

見かねたつぐみが事情を話すと激高し、母も彼女のことを心配している様子。

つぐみと樹は、翌日つぐみの同級生と会うことに。

楽しいはずの懐かしい時間も、父との一件がひっかかり心から楽しめない様子のつぐみ。

そんなつぐみを見て洋貴は複雑な心境に。

長野から戻った二人を待っていたのはヘルパーの葵(中村ゆり)。

樹とつぐみが一緒だとわかると彼女はたちまち浮かない顔に。

さらに、今まで樹の苦しみに寄り添ってきた彼女は、思わずつぐみに対し怒りをあらわにするのだった。

ドラマ「パーフェクトワールド」3話の感想
今回は、親としての目線で見てしまった。相手がどんなに良い人であったとしても、下半身不随の障害を持っている男性と娘が交際し、将来的に結婚・・・ということになった場合、娘が相手の世話などで苦労させられないかと心配してしまうと思うので、つぐみの両親の気持ちは理解できる。けれど、挨拶はきちんとしているのだから、車から降りてこなかったとしても、それだけで判断するのはひどいのではないか。ましてや、娘が事情を話しているのだし頭ごなしに叱るのは人間としてどうかと思う。話をして、樹の人となりもわかってあげてほしいと感じた。ただ、父親は娘がかわいい人が多いので、このような対応になりがちなのかなとも感じた。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「想うほどすれ違う・・・衝撃の波紋」
樹の生活をもっとサポートしたいと考えたつぐみは、毎日仕事帰りに樹の家へ。「毎日来てくれなくてもいいんだよ」と気遣う樹に対し、会いたいから来ていると答えるつぐみだったが、葵(中村ゆり)が作った惣菜を見つけ思わず嫉妬してしまう。一方で、つぐみが献身的に樹を想えば想うほど、洋貴の一途な想いが膨れ上がる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」4話のネタバレ
樹(松坂桃李)と葵(中村ゆり)の親しげな様子を目撃してしまったつぐみ。

二人の間には、自分が入り込む余地などない事を悟る。それでも、樹と過ごす時間は、掛けがえの無い一時でつぐみは幸せを感じていた。

そして次第に、生活全般に渡って樹を支えたいと思うように。その一方、想いを寄せるつぐみと樹が親密になるほど洋貴(瀬戸康史)の心は掻き乱された。

洋貴は意を決して「俺はつぐみが好きだ」と樹に対して、自分の思いを打ち明ける。

愛する樹の生活を、今まで以上にサポートしたいと考えたつぐみは、毎日会社帰りに樹宅を訪ねる。

「毎日きてくれなくてもいいんだよ」と、自分のサポートを優先するつぐみを気遣う樹。

だが「会いたいから来てるの」と素直な想いをつたえるつぐみだった。しかし冷蔵庫には葵がつくった食事が用意されていて、嫉妬心を抑えきれないつぐみ。

つぐみは樹の為を思い、内緒で介護の勉強を始めていた。

毎日遅くまで勉強に勤しむ姉の姿に、妹しおり(岡崎紗絵)は呆れ顔。セミナーを終え帰路に着くつぐみ。

その頃足の激痛に苦しむ樹。異常なまでの痛みに耐え兼ね、ある人物に電話を掛け助けを求める樹。

その人物は・・・

ドラマ「パーフェクトワールド」4話の感想
一途に樹を想う、つぐみが本当にいじらしいですね。
葵の存在を認識しながらも、愛する人の為に、自分の全てを投げうってでも尽くしたいと願うつぐみ。
車椅子の障害者とそれを支えるヘルパー、そして健常者の彼女。つぐみが樹を思えば思うほど、
樹にとっては負担に、そして葵にとっては厄介な存在に。そしてそこに絡んでくる洋貴の想い。
報われないと薄々感じながらも、断ち切れないつぐみへの想い。そして樹への対抗心。良い人オーラ全開の洋貴ですが、
これから男として、どう変貌するのか楽しみです。それにしても、樹の足を襲った激痛の原因は何だったのでしょうか?
感覚がないはずの足に感じる痛み。もしかして感覚が戻ったの?それとも・・・次回複雑に絡み合った、四人の想いは
どんな展開を迎えるのでしょうか?そして樹が助けを求めた人物とは・・・来週も目が離せない展開になりそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「幸せを願って」
つぐみが駅のホームから転落した。車いすから懸命に手を伸ばすが届かず、線路に落ちていくつぐみをただ見ているしかできなかった樹は激しく自分を責める。さらに洋貴から、つぐみが介護セミナーに通っていたことや、身の回りの世話をしようと樹のマンションに毎日通っていたことで、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされ愕然とする。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」5話のネタバレ
つぐみ(山本美月)が誤って駅のホームから転落した。

慌てて懸命に手を伸ばすが届かず、どうすることも出来ず、転落したつぐみを見つめ、救助を要請することし出来なかった樹(松坂桃李)は、傍にいたのに助けられなかった自分を激しく責める。

さらに洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが仕事の帰りに、樹の為介護セミナに通っていた事、樹の身の回りのサポートの為、毎日マンションに毎日通い、疲労困憊だったことを聞かされ、自分のふがいなさに呆然とする。

しばらくして、つぐみの両親が病院に駆けつける。

愛娘の命を危険に晒した樹の事が許せないつぐみの父元久(松重豊)は、樹を追い込むように声を荒げ責め立てた。

浴びせられる暴言に、ただ頭を下げて詫びることしかできない樹。

その姿を見た葵(中村ゆり)や渡辺(木村祐一)はただ心配することしか出来なかった。

翌日、つぐみがしばらく仕事を休み、療養の為、実家のある松本の病院に店員すると聞いた樹は、一目つぐみに会いたいと病院を訪れ、居合わせた元久と再会してしまう。

一心に愛娘の幸せを願う元久は、意を決して樹にある思いを伝え…。

ドラマ「パーフェクトワールド」5話の感想
樹の為を思って、毎日仕事にセミナー、そして樹の自宅へ通い、かなり疲れがたまっていたんでしょうね。それにしても、電車がこなくて本当によかった。この時程、動かない下半身を苦々しく思ったことはないでしょう。目の前にいるのに、一番傍にいたのに、何も出来ない自分、本当に胸を締め付けられるほど苦しいですよね。そして、つぐみが自分の為を思って、努力してくれていたことを知った時、きっと樹は心の中で「つぐみに相応しいのは俺じゃない」と思ってしまったのかもしれません。その上、つぐみの父から浴びせられた言葉に、何も言えなかった樹。元久と対話する中で、改めて自分の立場を認識させられたのかもしれません。樹の中で、覚悟が決まってしまった瞬間です。つぐみの想いとは裏腹に・・・
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「新章突入・・・決意」
樹に突然別れを告げられ、失意のどん底で帰宅したつぐみに実家からある知らせが届いていた。しおりと洋貴とともに急いで松本へ向かったつぐみは、これを機に、まだ心に残っている樹への想いを断ち切るためにも仕事を辞めて東京から離れることを決意。洋貴はそんなつぐみの胸の内を察しつつも、改めてつぐみへ想いを告げる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」6話のネタバレ
「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」娘の幸せを願い、偽らざる心情を吐露する元久(松重豊)の話しを聞き、つぐみ(山本美月)との将来を真剣に考えた樹(松坂桃李)。

このまま俺といても、俺はつぐみを幸せにできない、何かあっても駆けつけることもできない。

つぐみの幸せを願うからこそ、樹は“別れ”を選んだ…。

突然樹から別れを告げられ、深く落ち込み呆然と帰宅したつぐみに、実家から思いもよらない連絡が入っていた。

洋貴(瀬戸康史)の運転で、妹しおり(岡崎紗絵)とともに急いで松本へ向かう。

父が倒れた事をきっかけに、心にくすぶる樹への思いを断ち切ろうと、仕事を辞めて両親の住む松本に戻る事を決意。

洋貴は、つぐみの苦しい胸の内を知りながらも、改めてつぐみへ愛を告白する。

自らの決断で、つぐみとの関係に終止符を打った樹だったが、やはりつぐみへの思いを捨てきれずに苦しんでいた。

そんなある日、上司の渡辺(木村祐一)から、つぐみが松本へ戻る事を聞いた樹。

今会わなければ後悔すると……焦る気持ちを抑えて、急いで高速バスの乗り場へ向かう樹。

しかしそこで待っていたのは・・・。

ドラマ「パーフェクトワールド」6話の感想
娘を大切に思うが故の、父の台詞。確かに背負うのは、樹には無理な話ですが、それって物理的にっていうことですよね?このあたりは、最終話で出てくるエピソードなので、ここでは控えますが、樹にはこの言葉突き刺さったんでしょうね・・・愛るが故に自ら身を引く決意をした樹。でもそれって、本当につぐみの為?それとも自分の気持ちに決別するための言い訳?どちらにしても樹が苦渋の決断をした事。そして必死に抵抗するつぐみの涙。思わずもらい泣きです。卑怯と言えばそれまでかもしれませんが、洋貴にとっては今しかないというチャンスが訪れましたね。樹を失い、悲嘆に暮れるつぐみ。弱り切った心の隙間に入り込もうとする洋貴。思わずテレビの前で「樹、急いで~」なんて絶叫してしまいました。でもそこには既につぐみの姿はありませんでしたね。そこにいたのは洋貴・・・交錯する思いは一体どこに向かうのでしょう?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「巡り会う運命」
松本に戻りインテリアコーディネーターとして働くつぐみは、ある日東京の樹の元へ。久々に会った樹とつぐみの間に気まずい空気が流れるが、つぐみは松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と、車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために力を貸してほしいと頼み込む。高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」7話のネタバレ
東京を離れ、松本に戻ったつぐみ(山本美月)はインテリアコーディネーターとして働きながら、穏やかな時を過ごしていた。

そしてはつぐみを東京に呼び寄せた洋貴(瀬戸康史)は、ついにプロポーズ!

つぐみも、想いを寄せてくれる洋貴を思い、彼との結婚を決意する。

橋の上で肩を寄せ合う二人を、偶然見かけてしまった樹(松坂桃李)。

そんなある日、つぐみは、ある決意を持って、東京の樹を尋ねた。

松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)が、車いす生活を送る妻・楓(紺野まひる)のためにバリアフリー住宅を計画している事を知り、樹の力を借りたいと考えたのだ。

しかし夫の願いとは裏腹に、余命僅かの楓は、夫の思いを素直に受け取れずにいた。

自分は圭吾を幸せに出来ない。

そんな楓の姿につぐみは樹の言葉を重ねた…。

高木夫妻の願いを聞いた樹は、会いに行くと約束。

樹からの連絡で、二人の再会を知った洋貴。

新たな二人の関係に焦りを感じ、プロポーズの返事をせまる洋貴。

そしてつぐみは改めて自分の本心を見つめなおすのだった。

その頃葵(中村ゆり)はつぐみと再開したと話す樹の表情に、不安を感じていた。

それを察知した樹は…?

ドラマ「パーフェクトワールド」7話の感想
ついに再開した樹とつぐみ。もうこれは運命以外の何物でもありません。洋貴の思いは、空回りするばかりですね。やっとの思いで、つぐみの気持ちを振り向かせたと思ったのに、また樹が現れて・・・松本の大自然をバックに描かれる夫婦の愛情劇。本当に素敵なご夫婦ですね。夫を思うが故に、自分の為に時間を費やしてほしくない妻と、それこそが夫婦の幸せと考える夫。まるでお互いを思いあったまま別れた、樹とつぐみを彷彿とさせますね。そしてついに、運命の再開を果たした二人。再び回り始めた運命の歯車、それを止めたい洋貴と葵。そしてその歯車は、どこに向かって回転していくのでしょうか?それにしても、事務所に樹を訪ねたつぐみを見た、キム兄の表情。絶妙なキャスティングに脱帽です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「本当の想い・・・君に今伝えたい」
高木夫妻が建てる家の地鎮祭当日、つぐみは元久(松重豊)に樹と一緒に仕事をしていることを打ち明けようとするが、次の瞬間、強い揺れの地震が起きる。幸いつぐみの家は被害が少なかったが、地鎮祭に参加するため同じく松本にいた樹と連絡がつかない。つぐみは、元久や咲子(堀内敬子)が止めるのも聞かず家を飛び出す。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」8話のネタバレ
圭吾たち夫婦のどちらの夢も叶えることができるプランを樹から聞いて夫婦は笑顔になる。

つぐみは高木夫婦の家の設計を担当することになった樹と共に仕事をすることになる。

その頃葵がつぐみと樹の様子が気になり松本にいるつぐみに会いに行く。

葵から「樹と付き合うことにした」と嘘の報告をされたつぐみは高校時代に描いた絵を捨て、樹への思いをかき消すようにした。

洋貴とつぐみが結婚すると聞いた樹はつぐみに幸せになれと言う。

つぐみは地鎮祭の日に樹と仕事をしていることを伝えようとする。

その時、大規模な地震が起こりつぐみの実家は被害があまりなかったがつぐみと同様に松本にいた樹に連絡をするも繋がらない。

つぐみは家を飛び出して樹のもとへ向かった。洋貴と葵は自信のニュースを東京で知り急いで松本に向かって出発した。

排泄できずにいる樹が死に至ることもある尿毒症にかからないかつぐみは心配になり不安が募っていった。

ドラマ「パーフェクトワールド」8話の感想
樹とつぐみが二人で仕事をすることになったと聞いた葵が慌てて松本に行ってつぐみに嘘をついたのがすごく切ないなと思いました。葵の不安でどうしようもない気持ちもすごく理解できてリアルだなと思いました。地震が起きて真っ先に樹のところへ向かうつぐみが純粋で本当に素敵だなと思いました。車の中で二人がトランプをするシーンがすごく素敵でした。洋貴と葵の車の中での会話がすごくリアルで二人の演技力が本当にすごいなと思いました。樹が死ぬの思った時につぐみの笑顔が浮かんだというシーンがすごく素敵で憧れるなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「もう諦めない」
自分の気持ちに嘘をつけなくなった樹とつぐみは周囲の人を傷つけることを承知のうえで、洋貴と葵、そして家族にも正直な気持ちを打ち明けることに。ところが、つぐみが会いに行くより一足先に洋貴は樹の元を訪ねていた。さらに、樹は葵に正直な胸の内を明かす。しかし葵は樹の気持ちをさえぎるように食い下がり・・・。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」9話のネタバレ
樹は地震で下敷きになり死んでしまうかもしれないと覚悟をしたが、駆け付けたつぐみに助け出され命の危険を免れた。

樹はまたつぐみに会えたことを喜ぶが東京からやってきた葵や洋貴の姿を見てもう元には戻れないと思い知った。

高木夫婦の仕事をつぐみへの思いを断ち切るために樹は同僚に引き継いでもらうことにした。

樹は地震をきっかけに失くしていた生きる事への欲が出てきていることを実感しつぐみのところへ行き隠しきれなくなった後悔を話そうと決めた。

その頃後悔はないという圭吾たちの話を聞いたつぐみも樹のもとへ向かおうと決めた。

家族や洋貴、葵につぐみと樹は自分の正直な思いをそれぞれ打ち明けることになった。

樹のもとを訪ね、つぐみとやり直したいと告白された洋貴は「殴らせてくれ」とおさまらない怒りを樹にぶつけた。

葵にも区切りをつけようとヘルパーの契約を解除する話を持ち掛けた。

正直に話す樹に対して葵はヘルパーとして残りたいと食い下がる。

ドラマ「パーフェクトワールド」9話の感想
つぐみと樹がそれぞれ自分の本当の気持ちに気づいてまたやり直そうとするのがすごく素敵だなと思いました。樹と洋貴の二人のシーンは迫力があって二人の演技力が本当にすごいなと思いました。登場人物それぞれの思いが明らかになった回ですごく面白かったです。洋貴がしおりを傷つけずに優しく断っていたのがすごくかっこいいなと思いました。晴人のしおりにたいして俺が受け止めてやるというセリフもすごくキュンとしました。つぐみと離れないと決心した樹が何度もつぐみの実家に通っているのが本当に健気だなと思い、つぐみのお父さんが心配して反対する気持ちもすごくわかるなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「未来への誓い」
二度とつぐみと別れないと決め、プロポーズした樹。2人の交際に断固反対するつぐみの父・元久に結婚の許しをもらおうと何度も家を訪ねるが、そのたびに門前払いされてしまう。そんなある日、樹と2人で話をしたいと申し出た元久。つぐみの幸せを願うなら、なぜ苦労をかけると分かっているのに結婚を望むのかと問う元久に、樹はつぐみと別れてから今日までの気持ちを包み隠さず話す。(引用元:公式サイト)

ドラマ「パーフェクトワールド」10話のネタバレ
高校の同級生だったつぐみ(山本美月)と運命的な再会を果たした樹。

事故で下半身の自由を奪われ心を閉ざした樹に、再び芽生えた人を愛する気持ち。

つぐみに思いを寄せる幼馴染の洋貴(瀬戸康史)や、ずっと樹を支えてきたヘルパーの葵(中村ゆり)様々な思いが交錯する。

つぐみの幸せを願い、一度は別れを切り出した樹だったが、運命が二人を再び引き合わせた。

もう二度とつぐみの手を離さないと決意した樹は、つぐみにプロポーズ。

共に人生を歩む覚悟を決める。

そんな二人の決断に、つぐみの父・元久(松重豊)は娘が苦労するのは目に見えていると断固反対。

それでも、結婚を許してもらおうと何度も家を訪ねる樹とつぐみ。

しかしいつも門前払いされてしまう。

そんなある日、元久は突然樹と二人で話をしたいと申し出た。

娘の幸せを願うなら、なぜ苦労をかけると分かっているのに結婚したいのかと問う元久に、樹はつぐみと別れてから抱いた気持ちを包み隠さず話す。

それでも決して結婚を許そうとしない元久だったが…!?

樹とつぐみは、逆境に立ち向かい、その手で幸せをつかむことができるのか?

二人の一途な愛と強い絆が奇跡を起こす…!?

ドラマ「パーフェクトワールド」10話の感想
ついに、樹がつぐみにプロポーズ!洋貴や葵の事を考えると、ちょっと複雑ではありますが、やはりこの二人には切っても切れない強い絆があったのですね。断固反対するお父さん。頑固だなと思いながらも、病弱だったつぐみを背負い病院へ急いだあの日。自分の代わりに娘を背負える人に任せたい。そう思うのも、父親として至極当たり前な感情ですよね。苦労することが分かっているのに、娘を嫁がせるのか・・・揺れ動く心情を、言わずもがな表情で語る松重さん。車椅子の樹を気遣いながら、微妙な距離感で歩く二人。この距離が、偽らざる元久の気持ちなのかもしれません。そして元久に襲い掛かった・・・これは本編を見てのお楽しみですが、神様が手を差し述べたのかもしれません。ちょっと荒手のやり方ですけどね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「パーフェクトワールド」の感想

40代男性
親子の対立シーンなど、精神的にくるところなどもありましたが、障害について改めて考えさせられるドラマでした。障害を持った人との恋愛というのを、美化しすぎずに丁寧に描いているところに好感が持てました。主演の松坂桃李さんの演技もすごく良くて、本当に毎回胸が締め付けられ、涙涙でした。車椅子生活の大変さについてすごく勉強になって、もっと考えて行動するようにしようと思いました。
20代女性
原作の漫画も少し読んでいて、ドラマも気になって見ました!原作の雰囲気を崩さずに作ってくれてる感じが伝わってきてよかったです!漫画でも思いましたが、車椅子ってこんなに大変なんだとドラマを見て改めて感じました。毎回色々と考えさせられるドラマでした。あとは山本美月ちゃんのファッションも良かった!あと菅田将暉くんの主題歌も凄く良かったです!
30代女性
好きな人が障害を持ってしまったら、自分ならどうするだろうって思いながら見てました。お互いに気を使うだろうけど、好きな気持が消えるわけじゃないし、このドラマみたいにいろんな葛藤があるよなぁと色々考えました。いつも明るい晴人が、障害を乗り越えるとか受け入れるとか無理なんだって、みんな平気なフリしてるだけなんだってと叫んだシーンは号泣しました。障害に苦しんでる姿は、本当に見ていて辛かったです。車椅子、大変そうと軽く考えてたけど、そんなもんじゃないって見せつけられた気がしました。

まとめ

以上、松坂桃李主演のドラマ「パーフェクトワールド」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスについてまとめました。

足が不自由になった主人公と、初恋の相手が障害を持ったことに戸惑いながらも気持ちを止められないヒロインとのラブストーリー。

主人公やヒロインが葛藤し、突きつけられる現実に悩む姿に涙すること間違いなしです!

FODプレミアムでパーフェクトワールドの動画は全て無料視聴できます。

2週間のお試し期間があるので、ぜひFODプレミアムをチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴