ドラマ|失楽園の動画を無料で見れる動画配信まとめ

1997年7月〜9月まで古谷一行主演で放送のドラマ「失楽園」

不倫という禁断の扉を開き、愛に溺れていく男女の様を描いた大人のドラマです。

古谷一行が演じる主人公の久木祥一郎と川島なお美演じる松原凛子が、男女の愛し合うシーンを大胆に演じ、当時とても話題になりました。

ドラマ「失楽園」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「失楽園」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「失楽園」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「失楽園」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2,659円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「失楽園」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「失楽園」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「失楽園」に出演している古谷一行の出演作品

  • 金曜日の妻たちへ(全7枚)
  • 八つ墓村(全2枚)
  • 手塚治虫物語 いとしき生命のために(全1枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「失楽園」に出演している古谷一行の出演作品がたくさん揃っています。

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「失楽園」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「失楽園」の動画まとめ

ドラマ「失楽園」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「不倫夜曲」
新聞社勤務の敏腕編集者、久木(古谷一行)は調査部へ異動になり、沈んだ日々を送っていた。ある日、久木は同僚の衣川(金子賢)と知人を見舞った病院で、着物姿の美しい女性、凛子(川島なお美)と出会う。実は彼女は久木の娘・知佳(菅野美穂)の婚約者・宗互(大浦龍宇一)が好きになった女性だった。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」1話のネタバレ
東日新聞社に勤める敏腕編集者の久木祥一郎((古谷一行))は、53歳となったとき、調査部へ左遷されてしまいます。

久木はショックを受けたものの、これまで家族を顧みなかったことを反省します。

ある日、帰りの電車を待っていると、反対側のホームに、娘の婚約者の衣川宗吾(金子賢)がいました。

宗吾は娘とは違う女性と一緒でした。

その夜、久木の娘の知佳(菅野美穂)は、相互から結婚の延期を告げられます。

宗吾は、松原凛子(川島なお美)という女性に恋してしまったのだといいます。

一方、久木は友人を見舞いに行った病院で、松原凛子とすれちがいました。

彼女は夫の医師・松原晴彦(国広富之)とともに、その病院で働いているのでした。

娘の知佳から相互との結婚が延期になったことを知らされた久木は、その原因が松原凛子にあることを知り、病院ですれ違った女性のことを思いだします。

実は知佳は、血のつながっていない娘ですが、生まれたときから妻とともに育ててきた大事な娘です。

久木は大事な娘のために、凛子と会い、相互と別れてくれるように頼みました。

そうして、激しい恋が始まろうとしているのでした…。

ドラマ「失楽園」1話の感想
「失楽園」といえば、不倫の代名詞ともなった渡辺淳一の同名小説をドラマ化したものです。
今回はそのスタートですが、かなり入り組んだお話だということがわかり、話の展開にそそられます。
主人公の久木は左遷されて腐っています。彼の娘の結婚式がもうすぐのはずだったのが、恋人の心変わりで延期になります。娘の結婚式が延期になるなんて、親としては許しがたいですよね。
しかもその娘は、実は昔あることで夫に死に別れた妻を娶ったときに、すでにおなかにいた子供です。
さらに、娘の恋人が心変わりした相手の女性には、夫がいます。
等々、かなり複雑な事情があるなかで、主人公の久木と、もうひとりの主人公の凛子が出会うことになるのです。
しかし川島なお美さんはとても妖艶で、どこか影のある、美しい女性に惹かれてしまう気持ちもわかります。
中年男の恋と不倫の物語がここから始まるのかと思うと、ドキドキしますね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「京都初夜」
久木(古谷一行)は、初対面の凛子(川島なお美)に宗互(大浦龍宇一)と別れてほしいと頼む。凛子は、娘を思う久木に好意を抱き、再会したある日、薪能に誘う。翌日、凛子のことを気にかけつつも家にいた久木は、部下が京都で警察に捕まり、身元引受人として京都へ行く事になる。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」2話のネタバレ
凛子(川島なお美)と衣川宗互(大浦龍宇一)とは仕事上の付き合いしかなかったが、突然九木(古谷一行)から衣川と別れて欲しいと言われ、凛子は不快感を露わにします。

そして席を立つ凛子に対し、九木は父親が娘のことを心配してのことだと言い、自分の非礼を詫びました。

若い宗吾は娘の知佳(菅野美穂)とデートをしているが、凛子のことが気になって結婚に踏み切れないようだといいます。

凛子はそれを聞いて逆に九木に対して好意を持つようになります。

ある日、凛子は書道の受賞パーティーに出席したところ、偶然立ち寄った九木と再会します。

パーティーが終わると二人は近くのすし屋で食事をし、凛子は自分の生い立ちを九木に話します。

翌日、凛子は九木に電話し、書道の先生と京都に行くので京都で会えないかと誘います。

ちょうど部下が京都で不祥事を起こして身元引受人という口実ができたため、九木は京都に向かい、部下を引き取ったあと凛子と待つ寺に向かいます。

その夜、二人で能の舞台を楽しんでいると、凛子を心配して京都まで来ていた宗吾がその二人を見かけ、嫉妬に苦しみます。

その後、二人は旅館に入り激しい”京都初夜”を迎えるのでした。

ドラマ「失楽園」2話の感想
色気のある男と女の激しい情事。小説でも読み応えはあったが、実写となると主役の二人があまりにリアルにはまって艶めかしい。川島なお美の体当たりの演技には賛否があるだろうが、女性から見ても美しい体だったと記憶している。女性として一番美しい時期に話題作に出演できて彼女としては良かったのだろう。凛子のような大人でもきれいな女性だと若い男からもストーカーされてしまうのかと思うと、生きていくのも楽じゃなさそうだと思った。宗吾や知佳たちにはまだまだ大人の恋愛はできないし、庶民には縁遠い恋愛話だと思いながら冷めた目で見てしまった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「妻の疑惑」
久木(古谷一行)と凛子(川島なお美)は、京都の旅館で結ばれた。そんな二人を見ていた男がいた。久木の娘・知佳(菅野美穂)の婚約者・宗互(大浦龍宇一)だ。ある日、宗互は久木の名前を使い、凛子をホテルへ誘い出す。久木と寝た凛子が許せず、ベットに凛子を押し倒す宗互。やがて駆け付けた久木は、宗互に責め立てられる。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」3話のネタバレ
京都で一夜を過ごした九木祥一郎(古谷一行)と松原凛子(川島なお美)は、その日の午後、同じ新幹線で東京に戻りました。

凛子を追いかけてきた宗互(大浦龍宇一)は、東京に戻ると父親の道夫に二人のことを報告します。

凛子は以前道夫の会社の秘書で、九木は道夫の親友だったので、道夫は宗互に他言無用と釘を刺しました。

ある日、九木からホテルに呼び出された凛子は、喜んでホテルに向かったのですが、そこにいたのは宗互でした。

迫ってきた宗互を凛子が突き飛ばしたところ、椅子で首の後ろを打って気絶してしまいます。

慌てて凛子が九木に電話をすると、九木がホテルに着いた頃には宗互は意識を取り戻していました。

妻子もいるのに不倫している九木を罵倒し、あげくに一発殴って出て行ってしまいます。

そして宗互が飛び出していった部屋で、残された二人は抱き合うのでした。

その後、家に帰った九木は、来ていた衣類をすべて脱いで妻・文江(十朱幸代)に渡したのですが、靴下がいつもと違って裏返しになっていたことに文江が気づき、夫の浮気の疑い始めるのでした。

ドラマ「失楽園」3話の感想
最低な登場人物ばかりでうんざりしてくる。京都まで追いかける宗互もおかしいが、ホテルに呼び出されてウキウキと出かけていく凛子もかなりいかれている。そして宗互に殴られた後にちゃっかりとその部屋を利用してしまう二人。色ボケというのか、渡辺淳一の原作でもここまでひどい展開ではなかったような気がする。親友の道夫や宗互、そして妻の文江にまで凛子との関係が知られていく中、二人の関係はさらにエスカレートしていくのだから恐ろしい。本人たちでさえ抑えきれない感情を今後どういう結末に向かって描いていくのか、少し不快な気分になりながらも、思わず続きも見てみたいと思った。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「通夜密会」
文枝(十朱幸代)は、久木(古谷一行)が自分に内緒で携帯電話を持っていたことを知り不審に思う。凛子(川島なお美)からの連絡を待っていた久木は、文枝からの電話に動揺する。久木は凛子の携帯電話に連絡。父が急死した凛子は横浜の実家に帰っていた。会いたい気持ちを抑え切れない久木は横浜へ向かう。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」4話のネタバレ
凛子(川島なお美)が帰宅したのは深夜三時過ぎ。

夫の晴彦(国広富之)が起きてきて言い争いになっているところを、夫の姉・昌子に制されます。

久木(古谷一行)は衣川大浦龍宇一から飲みに誘われ、凛子との関係について苦言を呈されるのですが、彼の凛子への思いはもう止まりません。

翌日、久木の娘・知佳(菅野美穂)が働く病院で、凛子の姿を見かけます。

後を追いかけると凛子が見舞いに入った病室に後から自分の父の久木が入っていくのを目撃して愕然とします。

知佳は元婚約者・宗互に続いて父親までも凛子に夢中になっていることを知りショックを受けます。

周囲に浮気が気づかれているため、久木と凛子は携帯電話で連絡をとりあうことにしました。

久木は妻の文江には内緒で携帯を買っていましたが、すぐにばれてしまいます。

そして、しばらく携帯電話で話すだけで二人が会えないでいる間に、凛子の父が突然倒れてなくなってしまいます。

横浜の実家で凛子の父の通夜が行われていましたが、久木はそんな時に凛子を電話で呼び出しホテルに誘います。

そして、通夜の席を抜け出してホテルで久しぶりに再会した二人。

久木は来てくれた凛子に驚きながらも、喪服の上から激しく抱きしめるのでした。

ドラマ「失楽園」4話の感想
周囲の意見もまったく聞き耳を持たなくなってきた二人。もはや病気というか異常なほど不倫にはまりまくっています。連絡をとりあうために携帯を買うというあたりが時代を感じさせて面白い。携帯でちゃんと通話しあう時代だったなと懐かしく思った。今だったらLINEで怪しいスタンプを送りあう時代なのでしょうか。通話だけで色気を出しまくる二人の演技が素晴らしいと思った。それにしても父親の通夜の席を抜け出して、しかも喪服のままでホテルに直行とは呆れてしまった。周囲の関係者だけではなく、親戚中に二人の関係が知れ渡ってしまうのではないだろうか。極端な二人の行動に目が釘付けとなってしまった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「愛欲の日光」
久木(古谷一行)は凛子(川島なお美)と日光へ。一泊して帰るはずが、大雨のせいで道路が寸断され、帰れなくなる。凛子はそのことをむしろ喜んだ。久木も今さら家に電話する事もできず、二人は無断でもう一泊する。そのころ、文枝(十朱幸代)の店に現れた昌美(加賀まりこ)が、二人の密会写真をつきつけていた。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」5話のネタバレ
久木(古谷一行)との情事の後、凛子(川島なお美)はすぐに実家で執り行われていた通夜の席に戻ります。

母には急病を装いますが、医師の夫・晴彦(国広富之)にはそんな嘘は通用しませんでした。

一方、久木は久しぶりに娘の知佳(菅野美穂)とドライブに出かけますが、知佳から凛子と付き合わないでほしいと言われ、娘にも知られていたことに驚くのでした。

しかし、翌日、久木が凛子から呼び出されて渋谷に行ってみると、自分の誕生日の祝いに旅行に連れて行ってほしいと言われます。

久木の提案で二人は日光に旅行に行きます。

凛子は泊りがけのクラス会、久木はゴルフコンペとお互いの家族に嘘をつきますが、どちらの家族も浮気を疑っていました。

凛子の夫の晴彦は調査会社に依頼して日光を旅行する二人を尾行させます。

旅館に入ると久木は自分の書いた記事のせいである男を自殺に追い込んだこと、そしてその男の妻・文江が現在の自分の妻であることを告白します。

しかし、その話を聞いても凛子は別れようとせず、逆に浴衣を脱ぎ捨て、久木に抱かれるのでした。

一方、凛子の義姉の昌子が日光での密会写真をもって久木の妻・文江が経営するブティックを訊ねてきました。

ドラマ「失楽園」5話の感想
通夜を抜け出して情事にふける妻、夫を自殺に追いやりその妻をめとることになった男、どちらも夫婦関係に事情を抱えているようだが、不倫を正当化する理由にはなっていないところが不思議だ。どういう事情があろうと理性が働かない二人はとにかく二人っきりになると抱き合ってしまう。お互いが依存症かと思えるほど狂おしい恋愛?に見ている方はお腹いっぱいになってきた。いつまでこの二人の関係は続くのか。不倫って周りが騒いでも何の役にも立たないのか。二人とも離婚して正式に再婚できればいいのだろうが、そういう問題でもなさそうで腑に落ちない漢字のドラマだと思った。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「妻と女の炎」
晴彦(国広富之)から不倫旅行の証拠写真を突き付けられた凛子(川島なお美)は、離婚を申し出るが、しっとに狂う晴彦は承知しない。文枝(十朱幸代)は凛子がどんな女性か一目見るため、凛子が教えるカルチャーセンターへ。一方、凛子も久木(古谷一行)の妻がどんな女性か知りたくて、客を装い文枝の店を訪れる。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」6話のネタバレ
凛子の義姉・昌美(加賀まりこ)は不倫の証拠写真をもって久木の妻・文江(十朱幸代)の店を訪れました。

文江は夫の浮気に感づいていましたが、昌美からは久木(古谷一行)のせいで自分たち松原家の家庭が崩壊したといって苦情を言いに来たのです。

久木と凛子(川島なお美)の二人は暴風雨で交通機関が泊まったため、日光にもう一泊して混浴風呂を楽しんでいました。

一方で文江は、娘の知佳(菅野美穂)に久木との出会いを話し、本当の父親は知佳が赤ん坊のころに自殺したことを打ち明けます。

翌日、東京に戻ってきた久木は1日帰宅が遅れたことを知佳から攻められただけでしたが、凛子の方は、夫の晴彦から不倫旅行の証拠写真を突き付けられていました。

凛子は晴彦に離婚を申し入れるが、晴彦は拒否します。

知佳は母親から久木が本当の父親ではないことを知らされ、そのことを相談したいため、宗互の会社に行きます。

そこで宗互(大浦龍宇一)が一人でいるところを見つけ声をかけますが、ちょうどその時、落合秋美が弁当を差し入れに来てしまい、それを見た知佳は嫉妬して帰ってしまうのでした。

一方、凛子は客のふりをして文江の店を訪れ、凛子と文江の直接対決が始まってしまいます。

ドラマ「失楽園」6話の感想
久木の過去が明らかになり、文江との間には亡き元夫への償いの気持ちしかないことを確認する凛子。凛子の夫にばれた後は開き直って離婚を口にする。自分たちさえよければ他の人を不幸にしてもかまわないという態度を見て不快な気分になった。ちょっとした火遊びのような不倫であればまだ、お互いの家族に許してもらえる可能性があるのに、なぜか凛子は久木を離そうとしない。このしつこさが狂気を感じさせるのだが、川島なお美の美貌なら自分の立場を捨ててでも愛を全うしようと思うのだろうか。熟年熟女だからこそ最後の恋愛を全身で楽しもうとしているのを感じた。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「家庭内離婚」
晴彦(国広富之)は久木(古谷一行)を料亭に呼び出し、妻・凛子(川島なお美)に対する思い、妻を奪われた夫の心情を語った。しかし、「妻を返してくれ」と頭を下げ、最後には手切れ金まで持ち出した晴彦に、久木は「凛子と別れるつもりはない」と言い放つ。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」7話のネタバレ
公園で凛子(川島なお美)と対峙した久木の妻・文枝(十朱幸代)は、自分は別れるつもりがないことをきっぱりと凛子に告げます。

新橋駅で久木(古谷一行)と待ち合わせをしていた凛子は時間を気にしながら文枝の話を聞き終えると、急いで新橋駅に向かいました。

駅で合流した二人は鎌倉へ行き、そこからタクシーで海の近くのホテルに入ります。

文枝のことを気にかけながら食事を終えた二人は、ホテルのプールサイドで今後の不安を話していました。

これからお互いの気持ちが風化していくのが怖いという凛子を愛おしく感じた久木は、そのままホテルの部屋で激しく求めあうのでした。

翌日、出社した久木の元に差出人不明の封書が届き、中には淫らな姿をした凛子のポラロイド写真が入っていました。

凛子の夫・晴彦の仕業です。

また、仕事を終えた久木は帰宅途中にオヤジ狩りに会い、金を奪われてしまいます。

久木の親友・衣川の次男・透が仕掛けた罠でした。

久木の娘・知佳から相談を受けていた透が仲間に頼んで襲わせたのです。

一方、凛子は夫の晴彦に離婚届を手渡しますが、その場で破られ離婚を拒否されてしまいます。

晴彦は再び久木宛に封書を送り付け、料亭で話をしようと持ち掛けるのでした。

ドラマ「失楽園」7話の感想
新橋で合流して高跳びするかと思いきや鎌倉のホテルというところが意外と近くてびっくりした。今がピークだという凛子の言葉には思わずうなずいてしまったが、もう老後が迫っている二人の恋愛は確かに今がピークで、今後は恋愛感情は落ち着き、お互いの体調を心配しあうような仲になるのだろうか。離婚を拒否する晴彦はともかく、久木は家庭に戻ったほうがいいのにと思いながら見ていた。大人の不倫を辞めさせるためにオヤジ狩りの効果があるのかどうかは怪しいが、久木の方はだいぶ凛子との恋愛につかれ始めているのではないかと変な心配をしてしまった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「妊娠」
凛子(川島なお美)はついに家を出て、新しいマンションで暮らし始めた。半同棲を始めた二人はますます互いの肉体におぼれ、究極の快楽を追い求めるようにむさぼり合った。そんなある日、知佳(菅野美穂)に呼び出されホテルの一室を訪れた久木(古谷一行)は、「抱いてほしい」と迫られる。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」8話のネタバレ
凛子(川島なお美)は、久木の娘・知佳(菅野美穂)から久木(古谷一行)への愛を競うという挑戦を受けてしまいます。

それでも凛子の久木に対する思いは衰えることなく、日増しに強くなっていくのでした。

凛子は夫の晴彦と離婚が叶わないのであれば、松原家を出ることを決意し、久木と一緒に新しいマンションを借りて暮らし始めます。

そこは久木と凛子の愛の巣となり、お互いに究極の快楽を求めて肉体を貪りあう日々を送っていました。

そんなある日、久木は娘の知佳からホテルの部屋に呼び出されます。

行ってみると知佳は、突然父親の久木に向かって「抱いてほしい」と言いながら服を脱ぎ始めるのでした。

いくら血のつながりがないとは言っても子供の頃から面倒を見てきた大事な娘として知佳と接していた久木にとっては衝撃的なことで、久木はすぐさま娘の行動を止めたのでした。

凛子はそんな久木の家庭での変化に気づき始めていましたが、久木への愛は変わらず、むしろ深まる一方なのでした。

ドラマ「失楽園」8話の感想
娘の知佳までおかしな行動をとるようになってしまった。父親の不倫相手である凛子にずっと嫌悪感だけでなく、嫉妬心を抱いていたのだろう。親子愛と男女の愛は全く違うものだが、同じ女として父親に迫ろうとする知佳の行動は見ていて悲しくなってきた。ここまで娘を追い詰めていたのだ。久木はこれでも凛子との関係を諦める気にはならないのだろうか。凛子はほとんど性欲の塊であって、反対されるほど燃え上がってしまうのか、まったく久木と別れる気配がない。夫の元から逃げ出し、マンションを借りて愛の巣にするなど、ふとその資金はどうなっているのかと現実的な野暮な疑問を抱いてしまった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「阿部定絶唱」
久木(古谷一行)に復讐する為、晴彦(国広富之)は当直の日、知佳(菅野美穂)を呼び出し、乱暴しようとするが未遂に終わる。文枝(十朱幸代)からその件で責められた久木は、返す言葉がない。凛子(川島なお美)は宗互(大浦龍宇一)から「地獄へ落ちろ」と言われ、打ちのめされる。その矢先、久木が会社で倒れる。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」9話のネタバレ
久木(古谷一行)は凛子(川島なお美)と暮らし始めた新しいマンションで抱き合っていましたが、凛子はその行為の途中に自分の首を絞めて欲しいと言い出します。

凛子の様子を見て、久木は以前調べたことがある阿部定のことを思い出し、凛子にそのことを話し始めるのでした。

また一方では、凛子の夫で医師の晴彦が当直の日に久木の娘・知佳(菅野美穂)を病院へ呼び出します。

久木への復讐として知佳を犯そうとするが、知佳に拒否されて未遂に終わりました。

久木の妻・文恵は娘からその話を聞いて、久木を責め立てますが、久木には何も言い返せませんでした。

また、凛子の方は、知佳の婚約者・宗互から以前はストーカーのように付きまとわれていたが、今では”地獄へ落ちろ”と恨み節を言われる始末。

そんな矢先、久木は出社した後と突然倒れ、入院することになりました。

久木の同僚・衣川がこのことを凛子に伝えますが、凛子は病院に見舞いにも行けず、久木に会えないことで思い悩むのでした。

ドラマ「失楽園」9話の感想
  
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「別れの予感」
心筋梗塞で入院した久木(古谷一行)は、文枝(十朱幸代)の献身的な看病で順調に回復した。一方、久木に会えない凛子(川島なお美)は泣き暮らし、げっそりやつれていく。そんな折、知佳(菅野美穂)が宗互(大浦龍宇一)の子を妊娠している事に気づいた文枝は、衣川(金子賢)に相談する。衣川から話を聞いた宗互は驚き知佳に問いただすが、彼女はきっぱりと否定する。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」10話のネタバレ
出社後に突然倒れた久木(古谷一行)は、緊急入院した病院で心筋梗塞と診断されました。

病室では妻の文枝(十朱幸代)が献身的に看病した甲斐もあって、久木は順調に回復していきます。

一方、久木の友人・衣川(金子賢)から緊急入院の知らせを受けた凛子(川島なお美)は、見舞いに行くべきではないとわかっているものの、我慢できずに病院まで行ってしまいます。

しかし、文枝から固く断られ、結局久木の姿を見ることは叶いませんでした。

久木が入院してから一人マンションに残された凛子は、日々泣き続け次第にやつれていくのでした。

その矢先に、久木の娘・知佳(菅野美穂)が宗互(大浦龍宇一)の子を妊娠していることがわかります。

文枝は宗互に相談しようとしますが、宗互は父親の衣川を通して知佳の妊娠を知らされ、心当たりがないとばかりに驚きます。

そして知佳を問い詰めた結果、知佳は宗互の前では妊娠を否定してしまうのでした。

数日後、回復した久木が無事、退院する日がやってきます。

ドラマ「失楽園」10話の感想
不倫で体力も気力も使い果ててしまったのか、突然久木が倒れてしまう。年齢的に無理がたたったのだろうが、それでも凛子の気持ちは離れていかないのが怖いと思った。妻の文枝がここぞとばかりに正妻の貫禄を見せつけるところは面白い。不倫に溺れるような夫でも長年連れ添っているとそう簡単に別れることはできないのだろうか。久木もこれを気に凛子ときっぱり別れてほしいと思いながら見ていた。知佳の妊娠は真実なのか、知佳の嘘なのか今回はわからないが、考えられる男性はたくさんいるので誰が父親でも驚かないだろうという気がしてきた。それよりも退院した久木に凛子がどう近づいていくのか、そればかり気になって仕方なかった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「運命の殺意」
衣川(金子賢)は久木(古谷一行)に新しい仕事を紹介しようとするが、久木には再就職の意思がない。その上、文枝(十朱幸代)に全ての財産を渡すと言う。一方、母・邦子(南田洋子)に晴彦(国広富之)から金を受けとらないよう頼んだ凛子(川島なお美)は、逆に邦子に身勝手さを責められ親子の縁を切られる。ある日、晴彦が酔った勢いでマンションに押しかけ、凛子にナイフを突きつける。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」11話のネタバレ
心筋梗塞から回復した久木(古谷一行)が退院しました。

そして、凛子(川島なお美)の待つ部屋に行こうとする久木の前に、妻の文枝十朱幸代がある封書を手渡します。

中には、文枝が署名・捺印した離婚届が入っていました。

それを受け取った久木は、真っすぐに凛子のマンションに帰っていくのでした。

マンションに戻った久木は凛子とこれからのことを相談します。

久木は勤め先の出版社を辞める決意をし、再就職はしない上に家や財産をすべて妻の文枝に渡すつもりだといいます。

凛子は自分も書道教室から離れることを決意。

一方で、久木の娘・知佳(菅野美穂)は元婚約者の宗互大浦龍宇一の子供を妊娠していることがわかりましたが、子供を下すため、宗互の弟の透に付き添われて病院へ行きます。

だが、堕胎手術の直前になって知佳は迷いと恐怖で病院から逃げ出してしまいました。

数日後、凛子のマンションに彼女の夫・松原が酔っぱらった状態で押しかけてきます。

そして凛子の部屋に押し入りナイフを突きつけるのでした。

ドラマ「失楽園」11話の感想
久木の妻・文枝は夫が回復したことで自分の役目を終え、これ以上夫の世話になるのはやめようという気持ちで一大決心をしたのだろう。久木もそんな文枝に感謝の気持ちを込めて家も財産も渡して、自由な身になろうとしている。すべてを投げうって凛子の元に帰ってしまう夫を見送る文枝の姿がかっこよかった。知佳は結局宗互の子供を妊娠していたようで、病院から逃げ出してシングルマザーとして育てていくのかが気になった。すべてを捨てて自由になった久木と凛子。罪を償う覚悟を決めたように見える二人が海辺を歩くラストシーンは美しく幻想的な映像として記憶に残っている。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「衝撃‼最終回スペシャル-愛の永遠」
世間とのつながりを断ち、ひっそりとした日々を送る久木(古谷一行)と凛子(川島なお美)。そんなある日、久木は知佳に呼び出され、子供を産んでもいいかと相談された。「産むべきだ」という久木の言葉に安心して帰って行く知佳。凛子は久木との愛を成就させる為、晴彦にある事を頼む。一方、久木は離婚届を文枝に渡そうと、久しぶりに家に戻った。「いつまでもお前たちを見守っている」という言葉を残して家をあとにする。(引用元:DVD)

ドラマ「失楽園」12話のネタバレ
凛子(川島なお美)と久木(古谷一行)は社会から距離を置き、二人とも仕事を辞め、静かに暮らしていました。

二人は、死を意識していたのです。

そんな覚悟をしていたある日、久木は娘の知佳(菅野美穂)から、彼女が妊娠しているという事実を打ち明けられます。

知佳は、久木に子供を産むべきかどうかの相談をしました。

久木は出産するべきであると励まし、知佳は決心がつきます。

その夜、知佳は透(金子賢)からプロポーズを受けます。

透は、お腹の中の赤ちゃんの父親である宗互大浦龍宇一の弟です。

知佳は、透の気持ちを純粋に受け取り、透との結婚を決めることにしました。

一方、凛子は久木と一緒に死ぬために、医師の夫である晴彦から猛毒を入手することを試みます。

凛子は晴彦の病院へ行き、青酸カリを見せて欲しいと頼みました。

凛子は、晴彦に電話がかかってきた隙を狙い、青酸カリを持ち出すことに成功。

そして、二人は楽園へと向かうのでした…。

ドラマ「失楽園」12話の感想
この最終回は、不倫の最後にいきつく、究極の選択の結末だと思います。二人で死ぬために、医師の夫を利用して、猛毒を手に入れるとは、皮肉な話だと思います。久木は会社を辞めて、妻との離婚も承諾しました。凛子も夫の晴彦や、実母との縁を切りました。二人とも、身辺整理をしたのに、新しい生活を選ぶのではなく、死を選ぶとはなんとも悲しい結末。どこか遠く離れた、外国でも別の場所で、一緒に新しい生活を送って、一から幸せに暮らせば良いのにな。そこまで、追い詰められた状況にあるとは、なんとも不幸なことでしょう。凛子を演じる川島なお美さんは、終始妖艶で、このドラマが初回から最終回まで高視聴率であったことは、容易に納得できます。センセーショナルで、いつまでも語り継がれる話題作だと感じます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「失楽園」の概要

出版社に勤める久木祥一郎(古谷一行)は敏腕編集者として会社でも一目置かれる存在だが、

突然異動を命じられて窓際の閑職に追いやられれることに。

失意の中、友人の勧めでカルチャーセンターに行ってみたところ、

久木の前にカルチャーセンターで書道講師をしている松原凛子(川島なお美)という人妻と出逢う。(引用元:公式サイト)

ドラマ「失楽園」の出演者、放送情報

久木祥一郎:古谷一行
松原凛子:川島なお美
久木文枝:十朱幸代
久木知佳:菅野美穂
松原晴彦:国広富之
松原昌美:加賀まりこ
衣川道夫:みのもんた
衣川宗互:大浦龍宇一
衣川透:金子賢
田辺常務:勝部演之
落合秋美:粟田麗
江藤邦子:南田洋子
水口吾郎:河原崎建三
妻良英彰:鶴田忍

原作:渡辺淳一

主題歌:ZARD「永遠」

制作:日本テレビ

放送:1997年

ドラマ「失楽園」の見どころ

原作小説も250万部以上のミリオンセラー、そして映画化もされた人気作。

映画公開よりまもなくドラマ版として放送されたのが今作になります。

娘の婚約が解消されてしまったきっかけの女に接触したが最後、その女性に惚れ込んだ男。

そしてそれを受け入れた女ーそんな男と、女との熱く切ない情愛の最果ては・・・。

主人公の久木祥一郎役は、人気名俳優の古谷一行。

そしてその相手役、麗しの人妻・松原凜子を美麗な女優・川島なお美が熱演しています。

互いの家庭に影響を及ぼすほどの狂おしいまでの男女愛模様はもちろん、

その中で注目は、テレビ放映可かスレスレのラインの、2人の”大胆な濡れ場”。

セクシーシーンも多く話題となり、目の離せないストーリーから平均視聴率20%を越えた人気作。要注目ですよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「失楽園」の感想

40代女性
放送当時は、映画もあってすごく話題作でしたよね!ヒロインの川島なお美さんが綺麗で妖艶で。本当に惜しい女優さんを失くしたなと改めて思わせる一級作品です。
すごく切ないラストですが、人って盲目的に愛し合うとこういう結末になるのかなと。不倫は肯定しないけど、こんなに激しく愛された経験を得たのはすごく幸せな事だな、と羨ましくも感じました。大人ドラマの名作です。
30代男性
リアルタイムでは、濡れ場シーンも多い作品なので、家族もいる中でのテレビ視聴はちょっと気まずかった記憶がありますが(笑)今見直してみても、川島なお美さんが綺麗な身体をさらけ出しての身体を重ねるシーンにはドキっとしますけど、どこか悲哀に満ちていて芸術性をも感じました。本当の愛や、幸せって、というのを考えさせられた名作品です。
50代男性
失楽園は、当時センセーショナルで、映画もドラマも拝見しましたが、大人の”遠慮のない”濃厚な恋愛物語として面白く拝見しました。映画に集まったのは男性より女性が圧倒的に多かったって知りましたが、それだけ女性が真に求めている何かがあったんでしょうね。大人の男女ともに支持されたこのドラマ。川島なお美さんの放映禁止スレスレの濡れ場は衝撃的でしたけどとても良かったです。
40代男性
失楽園と聞くだけで、若い頃にみて衝撃を受けた作品だったことを覚えています。ストーリーがどうとかはほとんど覚えていないのですが、やはりエロスがとにかく見入ってしまった印象です。川島なお美さんがとにかく綺麗でと言う視覚的記憶しか残っていないといっても過言ではないです。さらには古谷一行さんの大人の色気は、私も当時意識して真似していた気がします。

まとめ

以上、古谷一行主演のドラマ「失楽園」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「失楽園」は、渡辺淳一の同名小説を、古谷一行、川島なお美の共演でドラマ化した作品。

久木の前に現われた人妻・松原凛子と不倫の恋に落ちていく禁断の恋愛ドラマとなっていますよ。

TSUTAYA DISCASで失楽園のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴