ドラマ|天 天和通りの快男児の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2018年10月〜12月まで岸谷五朗主演で放送のドラマ「天 天和通りの快男児」

人気麻雀漫画の第一人者による同名漫画をドラマ化した本作。

演技派・岸谷五朗が、圧倒的な強さと意志を秘める主人公・天を演じ切っています!

ドラマ「天 天和通りの快男児」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「天 天和通りの快男児」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「天 天和通りの快男児」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「天 天和通りの快男児」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「天 天和通りの快男児」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「天 天和通りの快男児」に出演している岸谷五朗出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「天 天和通りの快男児」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「天 天和通りの快男児」の動画まとめ

ドラマ「天 天和通りの快男児」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「最凶の麻雀」
麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆき(古川雄輝)は、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷五朗)と出会う。天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」1話のネタバレ
井川ひろゆき(古川雄輝)は、理詰めのマージャンで素人の客を倒している人物です。

負けた客は、プロなのか問いてきますが、井川は違いますと笑いながら答えます。

彼は、大学で”確率論”というのを学んでいたから、それを活かしているだけだと言うのです。

常連の客が井川によって帰ってしまう状況を見た店の店主は、1人の客にお願いをしました。

賑わっている食堂”進宮亭”で焼きそばとビールを食べていた中年の男性は、店主に頼みを受け、彼に話しかけます。

髪の毛がピンピンと跳ねているその男性の名前は天貴史(岸谷五朗)です。

ちょっと来てほしいと言われた天ですが、今食事中だと返します。それでも雀荘に強い奴がいるから!と話を続けてくるので、どんな者なのか気になりだしました。

天は、焼きそばを口いっぱいに頬張ってから、井川の元へ向かいます。

そして、儲かってるなと声を掛け、自分と打たないかと誘いました。

ドラマ「天 天和通りの快男児」1話の感想
天は店主に呼び出されるくらいなので、麻雀が強いんでしょうね!井川は、何から何まで若いな~という感じです。煽り気味の口調が癖になりますね。良いヒール役です。本当にプロになりたいのかよく分からないのですが、天などと関わりを持つことによって、麻雀に対する姿勢も変化してくるのかなと思います。天は主人公らしい主人公ですね。飄々としながらも実力があるというところが、少年漫画に出てきそうです!次回はどんな展開を迎えるのでしょうか。ヤクザの見込まれてしまった井川ですが、ヤクザと仲良くするのはどうなのかな…と思います。天はイカサマの達人なのでしょうか?気になる点ばかりです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「全財産かけた麻雀」
天貴史(岸谷五朗)との勝負に敗れた若き雀士・井川ひろゆき(古川雄輝)は、ヤクザの沢田(山口祥之)にその腕を見込まれ、裏の麻雀界に足を踏み入れていく。土地の権利書を賭け、地上げ屋の代打ちとして戦うひろゆきだが、対戦相手は因縁の天。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」2話のネタバレ
若いながらも、理詰めで繊細な麻雀を打つ井川ひろゆき(古川雄輝)。

ひろゆきは異端な作戦を駆使し、無類の勝負強さを誇る天貴史(岸谷五朗)との試合に負けてしまいます。

しかし、人情味溢れるヤクザの沢田(山口祥之)にその才能を見出され、裏麻雀の道へ入っていきました。

地上げ屋の代打ちとして、ある土地の権利書をめぐる戦いに挑むひろゆき。

ですが、何とその戦いの相手は、先の勝負で敗戦を期した相手である天だったのです。

五戦中、先に三勝した方が勝つ半荘五回戦という勝負で、先んじて二連勝をなしえたのは天でした。

ひろゆきは、絶体絶命のピンチに陥ります。

しかし、天が放つ決死のある策略をひろゆきが冷静に見抜くと、劣勢だった勝負は、次第に五分の状態へと戻っていくのでした。

両者が見合う中、全てをかけた最後の場へと、試合は進んでいきます。

ドラマ「天 天和通りの快男児」2話の感想
さすが、ギャンブルの漫画をたくさんかいてらっしゃる福本伸行先生ですね!
登場人物たちの心理描写や感情の起伏、細かな目のやり場に現れる欲望などに、目が離せません!
ひろゆきがまだその才の片鱗が見えず、このままいってしまうのかと思ってしまう気持ちもあるですが、
これからどう化けていくかが楽しみでもあります。
合わせて、今のところ井川に負ける様子もない天が、これからどういった勝負を見せていくのかにも、期待しています!
次回は伝説の自分の力だけで、数々の困難を制してきた、吉田栄作さん演じる赤城しげるが出てくるとのこと。
期待して次回を待ちたいと思います!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「最強の雀士アカギ」
都心の一等地を賭けた半荘60回勝負の代打ちを請け負った井川ひろゆき(古川雄輝)は、相手の心を読む七対子の使い手・室田(相島一之)から勝機を見出せない。そんな中、突如現れた天貴史(岸谷五朗)がひろゆきの代わりに勝負することに。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」3話のネタバレ
井川ひろゆき(古川雄輝)は、東京都心一等地の権利書を賭けた麻雀の半荘勝負60回を代打ちとして勝負することを引き受けました。

勝負が始まりましたが、七対子の使い手室田(相島一之)にとてもかないませんでした。

自分が自摸ってくる牌を読みながら、相手が捨てる牌を予測して、単騎待ちで待ち構えるスタイルに翻弄されます。

そんな中同じアパートに住んでいる天貴史(岸谷五朗)が突然現れました。

以前は敵同士で戦った天はひろゆきにダメ出しをして、味方として室田を相対します。

序盤は天も室田に上がりを許しますが、そのからくりを見破ることができました。

天はここから挽回をしていきます。

室田の麻雀を降ろしの麻雀だと説明し、自分の読みを信じられなくなった室田はもう勝てないと断言しました。

その時白髪の男が室田の代わりとして現れます。

彼は不敗伝説を持つ“雀神”赤木しげる(吉田栄作)だったのです。

天と赤赤木木の勝負がはじまり、赤木は様子見で勝負を進め、天もそのことに気付きます。

赤木は問いかけます。

「何が一番美味しいものかと。」

そしてそれは全身全霊を賭けた牌、つまり人の心が一番美味いと答えます。

ドラマ「天 天和通りの快男児」3話の感想
若いころに漫画で読んでいた天のドラマはとても楽しみにしていました。
序盤の天の漫画では岸谷五郎ではかたいと思いましたが、後半のストーリーを考えるとあうのかもしれません。
緊迫した雰囲気の麻雀場面は迫力を感じました。
私も麻雀はできますが、七対子というのは中々難しい役で、すんなり天牌することもあれば、カブリまくりで全然手が進まず、そんな時に放銃したりするものです。
室田のような能力が少しでもあればとうらやましくなります。
あと終盤に登場した赤木のかっこよさが光っています。
セリフもかっこいいし、ストロングスタイルで吉田栄作が適役だと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「四暗刻地獄待ち」
天才的な博才と牌運で、天(岸谷五朗)を圧勝する”伝説の雀神”赤木(吉田栄作)。一見、成すすべなく敗れた天だが、無敗の雀神・赤木の唯一の弱点に気付く。それは天衣無縫で大胆不敵な麻雀を打つ赤木の本性である.…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」4話のネタバレ
伝説の雀神”赤木(吉田栄作)は恐ろしいまでの凄い自摸で、あがりを繰り返していきます。

ひろゆきは赤木の運気は100%と感じ、天 (岸谷五朗) を危惧します。

そこで天は赤木の自摸牌をポンをして、運気の流れを変えようとします。

実際に赤木が自模るはずだった牌の流れはすざまじく、遂にあがりにつなげることができました。

その後オーラスで赤木は天に+9500まで追い上げられますが、別の面子に振込んで、逃げ切りを図ります。

見破った天は同じ牌で上がれるように読み、見事にダブロンであがり、全員マイナスとなって延長戦に持ち込みます。

その延長戦、好調な天は自模り続け、大きなリードを保ったままオーラスを迎えます。

赤木は役満をあがらなければ逆転できない状況で、見ていたひろゆきはその可能性が無くなっていくのを確認します。

しかし赤木があがり、「俺の暗刻はここにある。」と裏ドラをめくります。

2枚目まで3枚ずつ手牌にあり、あと1枚で数え役満という最後の一枚は手牌にない牌でした。

赤木は「隣だったか。」と言い席をはずします。

実際に牌をめくり、ひろゆきは赤木の恐ろしさを実感しながら、代打ち引退を決意します。

ドラマ「天 天和通りの快男児」4話の感想
今回の闘牌はまさに伝説で、ストーリーは漫画で読んで知ってはいましたが、それでもおもしろく視れました。
赤木というキャラクターは他の漫画でも有名で、その雀士の晩期がうまく描かれており、吉田栄作も熱演だったと思います。
また、天を演じた岸谷五郎も、赤木の偉大さをうまく表現できていたのではないでしょうか。
ただこのドラマを作ったスタッフはあまり麻雀を知らないとみえて、ちょこちょこチョンボがあるようです。
私は麻雀が好きなので、許せない間違いもありましたが、もっと麻雀をする人が増えてくれればと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「350億賭けた東西戦」
天(岸谷五朗)と赤木(吉田栄作)の激闘から二年、ひろゆき(古川雄輝)は悶々と麻雀を打っていた。大阪の雀荘で勝ち続けるひろゆきに、健(星田英利)は近々行われる裏麻雀界の頂点を決める東西戦への出場を打診する。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」5話のネタバレ
天(岸谷五郎)と赤木(吉田栄作)の闘牌から2年たち、ひろゆきは悶々とした生活をしていました。

その時大阪の雀荘で骨のある雀士、健に誘われ裏麻雀界の覇権争いの舞台の東西対決に誘われます。

そして紹介されたのが何と天で、東軍の大将となっていました。

西軍の大将には代打ちで最強ながらも暴力団の組長、原田克美(的場浩司)でした。

他にも西軍には無敗の怪物雀士、曽我(でんでん)がいます。

ルール変更がお互い提案され、満願縛り、減点のみので折り合いを付けます。

闘牌が始まり、原田はひろゆきの麻雀を見抜き、カモにすることを決めます。

その時ひろゆきは健が少牌をしていることに気づきますが、諦めていない様子で闘いをつづけ、山牌から2牌を抜き手牌の1牌を隠すイカサマで、四暗刻をあがります。

しかし原田はそのイカサマを見破り、健を刀で突き刺します。

ドラマ「天 天和通りの快男児」5話の感想
東西対決と大きなスケールの話となった中で、東軍の大将が天という驚きのメンバーです。
今回、健役のほっしゃんの演技が原作のイメージを壊さずに熱演していると思います。
強者が集まっているので、これから裏の技術、イカサマなどが視られるかもしれません。
原作だと、今後曽我の不気味さや銀次の雁牌などの見どころが満載になると思います。
あと裏社会の恐ろしさ、特に原田を演じた的場浩司がいい味を出しており、男しか出ていないドラマでも楽しんで視ることができました。
今回は名セリフは原田の「人はハジキ(銃)で撃たれて死ぬ時、呆気なく死んでいく。しかし刃物っちゅうのは苦しんで死んでいく。」ですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「雀神アカギの闘牌」
東西戦序盤、西軍の大将・原田(的場浩司)を攻めた健(星田英利)は、イカサマを見破られ原田に刺される…。欠員が出た東軍の前に、天(岸谷五朗)と激闘を繰り広げた“雀神”赤木(吉田栄作)が現れる。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」6話のネタバレ
原田(的場浩司)の刀が刺さったのは健(ほっしゃん)の握ったように見せかけていた右手ではなく、実際に握っていた左手で、すべてお身通しでした。

失格を言い渡され、健は脱落となりますが、その時赤木(吉田栄作)が現れます。

西軍は赤木の参戦を拒みますが、条件付きで了承し、10巡交代の特殊麻雀となります。

ひろゆきは弱点が自分と感じましたが、天(岸谷五郎)が力を抜くようにアドバイスをします。

特殊麻雀で早上がりをする西軍に苦戦しますが、そこで銀次 (田中要次)のガン牌が炸裂します。

国士無双をテンパっていた原田はあがり牌が無くなり、安牌をきったつもりが銀次に直撃します。

原田はすぐにガン牌には気付きましたが、そのしくみまではわかっていませんでした。

対局開始から7時間たち、原田たちは休憩を求めますが、その時何かに気づきます。

再開後、自信満々に積もった銀次でしたが、その牌はあがり牌ではありませんでした。

そしてその牌は原田の倍満の当たり牌でした。

イカサマのしくみを悟られてしまった銀次は脱落してしまいます。

ドラマ「天 天和通りの快男児」6話の感想
今回は闘牌はひろゆきが狙われているところを赤木がカバーしながら進んでいきます。
その時に銀次の鮮やかなガン牌が炸裂しますが、原田のちょっとした変化の気づきで判明してしまいました。
これで東軍は明らかに不利になりますが、今後どのように展開していくでしょうか。
今回の名セリフは「勝とうという意志ではない。いつもどおりの打ち方をする平常心。見失うなよ。自分を。」とひろゆきにアドバイスをしたところでした。
ひとり脱落した東軍の闘いはどうなるのか、ひろゆきはこのまま負けていくのか、赤木がどのような麻雀を見せてくれるのかが楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「雀神アカギの逆襲」
東軍の劣勢は続き、“ガン牌”を見破られた銀次(田中要次)が原田(的場浩司)に討ち取られる。さらに、ひろゆき(古川雄輝)も苦戦する中、勢いに乗る西軍の怪物・僧我(でんでん)が力で押し切ろうとする。しかし…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」7話のネタバレ
銀次(田中要次)のガン牌が見破られ、原田(的場浩司)に倍満直撃で脱落し、東軍は劣勢になってしまいます。

そんな闘牌のさなか,西軍の怪物、曽我(でんでん)がすり替えを赤木(吉田栄作)に仕掛けます。

気が付いた赤木はあがることができずに、見逃すことになります。

徐々におされていく東軍、原田は大物手であがりを狙いますが、赤木のブラフで満貫以下の安目で牌を倒します。

次の局に原田と曽我は牌をすり替えますが、赤木は咄嗟にドラ表示牌をすり替え窮地から逃れます。

そして赤木に四暗刻の手が入り、違法の貫で聴牌後の迷彩で原田を打ち取ります。

そしてひろゆきもついに強気の打ち筋で、曽我は原田の安い聴牌に打ち込みに行くが、ひろゆきがダブロンで跳満をあがります。

今までとは違うひろゆきの打ち筋に、天や赤木も気が付きます。

ひろゆきは赤木の身を削るような打ち筋に心を打たれて、遂に開眼したのでした。

ドラマ「天 天和通りの快男児」7話の感想
お互いがイカサマ合戦となり、点棒が削られていく中、ついにひろゆきの渾身の麻雀が開花していくストーリーとなっています。
これまでは足手まといとされてきたひろゆきが、赤木の打ち筋や勝負への取り組みを見ながら成長していくという、このストーリーのおもしろさの肝が見られます。
そして今回の名セリフは赤木の「俺の意志じゃなく、ただ手が走っただけだ。勝負の最中は頭など使わず、ただ感じて準ずればいいのさ。今この時しか無いという好機に準ずる。その気持が好機を呼び、はぐくみ、育てる。結果的に勝ちへの道を開く」がかっこよかったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「起死回生の四暗刻」
“雀神”赤木しげる(吉田栄作)の闘牌を目の当たりにし覚醒した雀士・井川ひろゆき(古川雄輝)だったが、西軍の“怪物”僧我三威(でんでん)の執念の満貫で残り千点になり追い詰められてしまう。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」8話のネタバレ
曽我(でんでん)は天(岸谷五朗)のきったあがり牌を見逃し、自摸あがりをしてひろゆきの点棒を削っていきます。

つまり天と赤木(吉田栄作)が自摸あがりするとひろゆきが跳ぶようになり、つまりはあがれなくなるようにしました。

ここでひろゆきは執念の自摸で4枚目の牌を引き、天にバトンタッチします。

天も執念の自摸を続け純チャンや二盃口を捨て、四暗刻まで持っていき、見事に嶺上開花であがりきります。

天は「あの手牌から四暗刻への道のりはあまりに細く険しかった。だがそんな道の先にこそ、逆転の方法がある」と名セリフを残します。

四暗刻で2人がとんだ西軍の原田と曽我は手段を選ばないと決意し、また東軍も気合を入れ直します。

その時白が6枚あることにひろゆきが気が付きます。

その白で役満のあがりを宣言する原田に、赤木は本来その牌は5索だと言い、あがりだと宣言します。

さて、どちらの言い分が通るのでしょうか?

ドラマ「天 天和通りの快男児」8話の感想
遂に開眼したひろゆきとそれを上回る天の四暗刻の嶺上開花でした。
今回は名セリフが多かったですが、やはり「地に潜らせ、地を割って出てきた。」という表現は福本先生ならではで、とてもかっこいいです。
そして天の名言が「あの手牌から四暗刻への道のりはあまりに細く険しかった。だがそんな道の先にこそ、逆転の方法がある」と「自分の理に合う時は無法を認め、都合は悪うなったら無法や無法や騒ぎ出す。そんなん筋が通らんやろ」ですね。
今の社会にも通用すると思いました。
次回は赤木の賭けがどうなるのかで、決勝の4人のメンバーが決まります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「雀神アカギ敗北!?」
西軍・原田克美(的場浩司)はもともと4枚の“白”を2枚増やし、6枚にするイカサマを仕掛けており、原田はその“6枚目の白”で和了りを宣言。しかし、その原田に待ったをかけたのは…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」9話のネタバレ
残り牌を確認する原田(的場浩司)の部下たちですが、まず5筒が出て、これも赤木(吉田栄作)の当たり牌でした。

原田はもうそれでいいといいましたが、赤木は5索にこだわり、残りはなんと5萬でした。

原田の指示を部下が間違え、5筒と5萬を白と入れ替えていたのでした。

赤木は5筒子でもあがっていたとはいえ、「同じことだ。原田がなんと言おうと関係ない。俺は五索をロンと言い、余った牌にその五索はなかった。

俺はその結果がすべてと考える。

俺はいらねぇんだよ。そんな和了」と席を立ちます。

そして「原田!久しぶりにこっちに戻ってきたが、楽しかったよ」とその場を去ります。

別会場にて決勝戦が始まりますが、今回は主要の役「一気通貫、三色同順、混全帯么九、七対子、三暗刻、」を鳴いてもいいから一度ずつあがるというクリア麻雀です。

もちろん点棒制も併用して極端に高い手は差し込みができなくしています。

そこで難関の三暗刻を天(岸谷五郎)が聴牌しますが、手が高くひろゆきが振り込むと千点しか残らないが、きってしまいます。

天はひろゆきの覚悟を感じ、その三暗刻をあがります。

ドラマ「天 天和通りの快男児」9話の感想
入れ替えた牌が部下の手違いで5筒と5萬になっていて、赤木が脱落します。
本来は残れたのですが、赤木のプライドが許しませんでしたね。
勝ち負けの問題ではなく、あくまでも赤木しげるとしての生き様を見せてくれています。
そしてひろゆきの覚悟の放銃が以前からの成長が見られ、少し赤木に近ずいた気がします。
たしかにこの5役では一番の難関なのは間違い無いですし、私もほとんどあがったことがありません。
それを聴牌罰符だけで跳ぶ状態になる覚悟の放銃は、はじめてひろゆきがかっこよく見えました。
今後の対局がとても楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「逆転! 地獄の麻雀」
東西戦決勝序盤、井川ひろゆき(古川雄輝)の決意を受け止め、”クリア麻雀”の五つの役のうち、最も難易度が高い”三暗刻”をひろゆきから和了った天貴史(岸谷五朗)。残り千点、最悪の配牌という苦境にも決して諦めないひろゆきの…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」10話のネタバレ
ひろゆき(古川雄輝)は持ち点千点となり、背水の陣となりました。

曽我(でんでん)は鳴いてそれをつぶしにいきます。

天(岸谷五郎)はひろゆきの必死のあがりに答えようし、ついに成就し8千点の差し込みに成功します。

その後両軍3役ずつあがりますが、やはり西軍は三暗刻に苦戦します。

そこに原田(的場浩司)にそれらしい勝負手がはいり、天との鍔迫り合いののちに念願の三暗刻を自模上がります。

そんな中で天は混全帯么九、三色同順で一気に決める手作りをするが、西軍は点数でひろゆきをとばそうと考えて仕掛けます。

そんな中、天がリーチをかけて勝負に出ます。

原田はすぐさますりかえをして聴牌にもっていきます。

ひろゆきは原田を睨みつけますが、「今は最終局面、どんな手を使っても勝たなきゃいかんのや。

そのリーチ、後悔させたるわ」と意に介しません。

ドラマ「天 天和通りの快男児」10話の感想
ひろゆきの決死の麻雀がついに成就し、点棒が回復します。
その後接戦となりますが、西軍には三暗刻が重くのしかかります。
そのような中で原田に勝負手が入り、天が見逃したこともあり三暗刻をあがるところは勝負の駆け引きの面白さが出ていました。
私も麻雀をしますが、三暗刻という役はなかなかできないものです。
今回は原田の「今は最終局面、どんな手を使っても勝たなきゃいかんのや。そのリーチ、後悔させたるわ」が印象に残るセリフで、勝負への執念を感じさせます。
この勝負はどちらに微笑みを見せるのか?
息詰まる展開にとても楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「最終章! 二人麻雀」
東西戦決勝もいよいよ最終局面。残された”クリア麻雀”の条件、チャンタと三色を東軍・天貴史(岸谷五朗)がツモ和了りで同時にクリア。東軍の勝利と思われたが、裏ドラがのり三倍満となり、同時に井川ひろゆき(古川雄輝)の点棒が尽きてしまう。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」11話のネタバレ
天(岸谷五郎)は混全帯么九、三色同順で立直をかけ、一気に勝負をかけにいきますが、原田(的場浩司)もすり替えをして三面待ちの聴牌にもっていきます。

原田や曽我(でんでん)は危険牌を察知して牌を止めますが、天は自模上がりをします。

ひろゆき(古川雄輝)は二役同時にできたと喜びますが、天はうかない顔をします。

裏ドラ一枚乗ればひろゆきが飛び、勝ち負け同時の状態になってしまいます。そして乗ります。

原田は今までの闘牌を考えると引き分けはありえないと、天と2人で勝負することにします。

新たなルールは攻めと守りが交代するような麻雀となります。

聴牌をつくるステージA、当り牌をよんで当てるステージBと待ちが多くても不利な麻雀で、天に大物手が入りますが、なかなか聴牌宣言をしない天をひろゆきが心配します。

そしてようやく天が聴牌を宣言し、原田はセオリーとは違う八萬を指定します。

ドラマ「天 天和通りの快男児」11話の感想
勝つ条件と負ける条件が同時に発生した5役麻雀は意外な結末をむかえます。
天の「己の背後の扉を固く締め、自ら退路を絶つ。立直をしなかったら恐らくお前らの勝ちだった。お互いがしのぎを削っている以上、奪い取る気がなければ勝ちはない。相手のミスを待つような麻雀では道は開けない。」というのが、福本先生の麻雀への考え方だと思いました。
そして天と原田は似たもの同士であるから、激しくぶつかり合うのでしょう。
それにしても福本先生は他の作品も含めて、おもしろい特殊ルールを作るなーと感心してしまいますね。
この勝負はどのように決着つくのでしょうか?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「天 天和通りの快男児」
十巡交代制麻雀、クリア麻雀など、幾多の死線を抜け辿り着いた最終戦。全てを背負った天貴史(岸谷五朗)と原田克美(的場浩司)による究極の一騎打ち”二人麻雀”は、異端なルールの特性を熟知した原田の圧倒的優位で進んでいく。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「天 天和通りの快男児」12話のネタバレ
数々の変則ルールによる特殊麻雀を勝ち抜き、ようやく天貴史(岸谷五朗)は最終戦まで辿りつきます。

その戦いは、最後にふさわしく、原田克美(的場浩司)との一騎打ちとなる“二人麻雀”。

それぞれルールが異なるうえに、時間の経過が伏せられた特殊な2つのステージで戦う二人。

勝負はルールの提案者である原田が有利に勝負を進めていたが、肝心なところで決めの一手が引けません。

狙う一手が引けず、内心焦る原田に対して、天はただ、ある牌を静かに待っていました。

天の狙いは和了牌とにらんだ原田は当初、和了牌を見逃した天をあざ笑う余裕を見せています。

しかし、何度選択しても外すうちに、次第に原田は戸惑いをみせました。

混乱するなかで、原田は天がカンした牌を思い返します。

そこで初めて、天の狙いに気づきました。

天の狙う手は和了牌ではなかったのです。

だが、気づいた時には既に遅い状況でした。

「和了牌で和了らなかったのは、満貫の手に至らなかったから。しかしそれは今、成した。」

そう告げる天の手には、満貫が揃っていました。

ドラマ「天 天和通りの快男児」12話の感想
日本刀のような鋭い打ち筋と、目的達成のためには手段を選ばない非情な性格が特徴的な原田と、人情に篤い天、という対照的な二人による一騎打ちは、手に汗握る激戦でした!
東西戦の最終にふさわしい熱戦で、満貫の一手の時まで、終始ハラハラしながら見ていました。
最終戦の前までの二人の点差は一万千百点だったものが、最終戦終了後にはたった千二百点にまで肉薄していたことからも、この勝負がいかに接戦だったかを物語っていると思います。
常に最善を尽くす。勝因をそう語る天にたった一言「負けや」と返す原田の潔さは、見ていて気持ちいいものでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「天 天和通りの快男児」の概要

累計700万部を誇る福本伸行の伝説の麻雀漫画原作を初映像化!

関東一の雀士・天(岸谷五朗)は、麻雀を請負う代打ちとして、大金と命を懸けた決死の勝負に挑んでいく。(引用元:テレビ東京公式)
公式サイトやWikipediaから引用してください。

ドラマ「天 天和通りの快男児」の出演者、放送情報

天貴史:岸谷五朗
井川ひろゆき:古川雄輝
原田克美:的場浩司
僧我三威:でんでん
中西:おかやまはじめ
丸尾:田窪一世
室田:相島一之
沢田:山口祥行
浅井銀二:田中要次
五十嵐健:星田英利
三井:金子昇
阿久津:永岡卓也
金光修蔵:田山涼成
赤木しげる:吉田栄作

原作:福本伸行

主題歌:THE YELLOW MONKEY「天道虫」(ATLANTIC/ワーナーミュージック・ジャパン)

制作:テレビ東京

放送:2018年

ドラマ「天 天和通りの快男児」の見どころ

「カイジ」「銀と金」といった、計700万部以上のミラクルヒット作を多くたたき出した、ギャンブル漫画のカリスマ漫画家・福本伸行による同名漫画を堂々映像化した本作!

ドラマ化した「銀と金」制作スタッフが再集結、俳優陣にもこだわっています。

無敵の博徒である主人公を、ベテラン実力派俳優である岸谷五朗が好演、

原作者も納得した役どころを着実に演じ切っているのも見ものです!

脇を固めるキャスト陣も、古川雄輝、的場浩司や吉田栄作と味のある個性派俳優をキャスティング。

彼らが織り成すストーリー展開、そして原作再現に徹底してこだわった演出に要注目です!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「天 天和通りの快男児」の感想

30代男性
ドラマが深夜枠だったのがもったいない、ゴールデン番組としてやって欲しいと思えた、そんなとても面白い作品でしたよ!
内容がギャンブル系だからアウトなのかもしれませんが、なんにせよ真剣勝負に挑む男達の闘いは熱かったしカッコよかった。
原作をさわりだけ知ってる方でも没入できてしまう、放映時間が短く感じるドラマでした。
40代女性
原作漫画を見てからのドラマでしたけど、原作ファンも納得の忠実な内容だったと思います!
キャスティングも、彼らの演技もばっちりその登場人物でした。脚本もばっちり。
天役の岸谷五朗さんがまた似合ってて、数々の名台詞も心に響くものがありました。
吉田栄作さん久々に拝見しましたが、渋いし笑顔がカッコいい・・・彼もまた適役で最高でした。
40代男性
キャストの古川君って、麻雀10年以上経験してるんですね!プロと対決するスペシャル企画も別に放映されましたね。
主役の岸谷五朗らも良かったですけど、的場浩司がぴしゃり適役でびっくりしました!
イキイキして演技されてて、観ているこっちが嬉しくなる位。
このドラマって一室の麻雀勝負メインで、無駄な別シーンやヒロインみたいな蛇足なものも置かない硬派な内容。
なのに飽きさせないっていう、ひとえに彼らの名演技のおかげでしょう。

まとめ

以上、岸谷五朗主演のドラマ「天 天和通りの快男児」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

伝説の麻雀漫画がはじめて実写化されています。

岸谷五朗演じる関東一の雀士・天が、大金と命をかけて勝負に挑む姿は、麻雀を知らなくても感動ものです!

天 天和通りの快男児の動画はParaviで全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴