ドラマ|弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2014年4月〜6月まで二宮和也主演で放送のドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」

高橋秀実によるノンフィクション書籍『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』を元に脚色を施した、フィクションドラマ。

二宮和也演じる田茂青志が、進学校の臨時教師に赴任。

へっぽこ野球部の監督となり甲子園出場を目指して奮闘する、青春ドラマです!

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」を無料視聴できる動画配信サービス

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルが可能です。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは通常月額2,659円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスではないですが、著作権に厳しい事務所に所属している俳優や、ジャニーズ所属のメンバーが出演している作品もレンタルできます。

他では見ることのできない作品も楽しむことができるのでおすすめのサービスです。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYATOPの「今すぐ30日間の無料トライアル」をクリック
  2. Yahoo!IDでログイン
  3. 「TSUTAYA DISCASに新規登録する」をクリック
  4. メールアドレスを入力して「次へ」をクリック
  5. 届いたメールの承認用URLをクリック
  6. 必要な情報を入力して「次へ」をクリック
  7. お支払い方法を選択し、入力したら登録完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYATOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. 「サービス停止申請」をクリック
  4. 解約するサービスを選び、アンケートに答えたら解約完了

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の見逃し動画

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」が動画共有サイトで配信されているか調べた検索結果を以下にまとめています。

動画共有サイト 配信状況 検索結果
Youtube × 検索結果はこちら
TVer × 検索結果はこちら
GYAO! × 検索結果はこちら
ニコ動 × 検索結果はこちら

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の関連作品、概要

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

そのため、ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」に出演している二宮和也の出演作品

  • ブラックペアン(全5枚)
  • 流星の絆(全5枚)
  • 南くんの恋人(全5枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」に出演している二宮和也の出演作品がたくさん揃っています。

  • 山田太郎ものがたり
  • 拝啓、父上様
  • Stand UP!!
  • フリーター、家を買う。
  • 優しい時間

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品も多くあります。

他では見れないと諦めていた作品もレンタルできることがあるのでチェックしてみてくださいね!

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」をお楽しみください。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」のあらすじ

「弱くても、勝てる。きっと、うまくいく!」

アイツはそう言って、俺たちの前に現れた。

日本有数の進学校。

そこにやってきたひとりの青年。

田茂青志(たもあおし)。

30歳目前だが、新人教師。

東大で生物の研究を続けてきた男。

そんな青志がこの高校で発見した、生き物。

それは・・・超へっぽこ野球部。(引用元:公式サイト)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の見どころ

東大合格者数日本一の有名進学校・開成高校の野球部が、平成17年に東東京予選ベスト16まで勝ち進み、注目を集めました。

ユニークな監督の元、ぐんぐん強くなっていった野球部の傑作ノンフィクション『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』が、このドラマの原作

ドラマならではのアレンジを加え、見ごたえたっぷりでお送りします!

小田原城徳高校の臨時教師として赴任した、主人公・田茂青志(二宮和也)。

部員が6人しかいない弱小野球部の監督をすることになりますが・・・?

野球部員を演じるのは、福士蒼汰、中島裕翔、山﨑賢人、間宮祥太朗、本郷奏多ら、今をときめく人気俳優陣。

マネージャー役には有村架純。

青志がどうやって彼らを「勝利」へ導くのかが見どころです

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」のキャストスタッフ、放送情報

田茂青志:二宮和也
赤岩公康:福士蒼汰
樽見柚子:有村架純
白尾剛:中島裕翔
江波戸光輝:山﨑賢人
亀沢俊一:本郷奏多
岡留圭:間宮祥太朗
志方英介:桜田通
樫山正巳:鈴木勝大
牛丸夏彦:栁俊太郎
光安祐太:平岡拓真
伊勢田秀人:阿久津愼太郎
増本信樹:荒川良々
三条光茂:笹野高史

原作:高橋秀実『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』

主題歌:嵐「GUTS !」

制作:日本テレビ

放送:2014年

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の各話動画まとめ

第1話「変人!? 教師の野望」
国内有数の名門進学校・小田原城徳高校から東大に進み、生物学の研究者になった青志(二宮和也)。しかしある事情から彼が所属する研究室の閉鎖が決定し、しかたなく1年間だけ城徳高校で教師として働くことになる。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」1話のネタバレ
青志(二宮和也)は、生物学の研究者。

名門神学校・小田原城徳高校から東大へ進学したエリート。

しかし、彼が所属していた研究室の閉鎖が決定したため、やむなく1年間の予定で城徳高校で教師となる。そこでへっぽこ野球部と出会うことになる。

その野球部員は、トータルで6人。

マネージャーの柚子と新入生を含めた生徒だけ。

グランド練習が可能なのは週に一度の3時間のみ。

監督の増本は野球の知識は皆無状態。

白尾は唯一やる気を見せ、同級生の赤岩を野球部に戻ってきてほしいと懇願するが、赤岩には届かない。

そんな野球部には関心がないように振る舞っていたが、恩師の楓と柚子にのせられ野球部の問題に巻き込まれることになってしまう。

しかし、本当は、青志にとって「野球」は忘れることが出来ない大切な存在であった。

その後、因縁の相手の強豪・堂東学院との親善試合が決定する。

青志は、「野球部」を再生するために、まずは、部員の9人を集めようと必死になって奔走するのだが…。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」1話の感想
家族全員で見ていても気まずくならない、ほのぼので爽やかなドラマ。青志は、先生役が少し早過ぎたんじゃないかとは思ったけど、とても初々しい感じが出ていてよかった。教師になるつもりがなっかたのにどうしていくんだろうと心配になったが、周りの生徒や恩師に囲まれ、野球の理論を考えたり、生徒みんなで打ち込んでいくようになっていく過程は、とても応援してあげたい!もっと頑張れと励ましてあげたくなる。やる気のなかった生徒たちがこれからどんなふうにへっぽこじゃなくなっていくのか、もしくはそのままのへっぽこなのかすごく楽しみにしているところ。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「実話原作ドラマ化! 先生走る! 秀才へっぽこ野球部にイジメと切ない初恋」
城徳高校野球部の監督を務めることになった青志(二宮和也)。いったいどうしたら勝てるのか?青志なりの仮説をたて実践しようとする。しかし、そんな青志に反発する城徳高校唯一の天才球児・白尾(中島裕翔)。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」2話のネタバレ
青志(二宮和也)は城徳高校野球部の監督となり、青志なりに勝つための仮説を考えて実際にやってみようとするのだが、城徳高校に1人だけ存在する天才球児の白尾(中島裕翔)は青志に反抗する。

白尾はメジャーリーガーになることを真剣に考えており、勉強より野球に力をいれることを心に決めていた。

青志の方針はセオリーから逸脱していたため、真っ直ぐな性格の白尾は受け入れることができず、野球部を去ってしまうのだが、このことの裏には柚子(有村架純)に対する白尾の胸にしまい続けてきた思いがあることを青志は知り、考えもしなかった野球部内の恋愛模様に放り回されることに!?

一方、青志が高校時代に野球から離れる決定的な原因となった谷内田(市川海老蔵)が堂東野球部コーチに就任した。

堂東野球部は城徳高校野球部にとって永遠のライバルであり、切っても切れない関係の相手と再び顔を合わせた青志は自らの過去を見つめ直すことになる…。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」2話の感想
野球部の監督としての生活をスタートさせた青志ですが、白尾と上手くやっていけるかどうかが今後の青志の監督人生に影響してくるのではと思ってしまいました。白尾は野球に本当に真剣に向き合っているようで、自分の野球のスキルや考え方にも自信があるのではと思います。そんな白尾を動かすことは簡単ではないように感じますが、それができるかどうかが青志の腕の見せ所なのではと感じてしまいました。また、野球部内の恋模様に翻弄されるとありましたが、どのようなものなのか気になりますし、真っ直ぐな白尾を動かすためには恋の力を借りることも必要なのではと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「亡き父に誓った母娘の野望! 女で上等よ!! 学費滞納の貧乏部員を救い出せ」
柚子(有村架純)の父の命日がやってきた。そのことと何か関係あるのだろうか。柚子の様子がなんだかおかしい。ついには、自ら選手として野球をやる!と宣言する柚子。青志(二宮和也)はそんな柚子に選手としては認めない、と宣言を拒否。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」3話のネタバレ
柚子(有村架純)の様子がどこかいつもと違うのだが、彼女の父の命日であることと何らかの関連はあるのだろうか。

柚子は選手として野球に取り組むと言い出すのであるが、選手として認めることはできないと青志(二宮和也)は受け入れないのであった。

しかし柚子は納得しようとしない。

父の命日になると毎年言い出すことだと楓(薬師丸ひろ子)は言うのだが…。

一方、楓に思いを寄せている父親の晴敏(光石研)と考え方が合わないために赤岩(福士蒼汰)は家出をしたままの状態であったが、その最中、練習中に起きていることができないほど疲れている亀沢(本郷奏多)が抱えている問題を知ってしまうのであった。

その問題とは、家庭の経済的な事情の影響で懸命にアルバイトに励んでいる亀沢は身体を壊してしまうようなギリギリの状況であるということであった。

亀沢のためにできることはないかと野球部の仲間や青志に話してみる赤岩であったが…。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」3話の感想
柚子の様子の変わりぶりを少し面白くもかわいく感じてしまいました。亡くなったお父さんとの間には野球に関連した思い出がたくさんあったりするのかなと思いました。柚子の母の楓もそんな柚子を温かく見守っているように感じられました。一方の赤岩ですが、父親が柚子の母に恋をしているようで、複雑な気持ちなのではと感じました。複雑というよりも受け入れたくないことなのではと思いました。晴敏の自由ではありますが、赤岩のことも考えて行動してあげてほしいと思ってしまいました。赤岩の家出状態が早く解消されるといいなと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「実話原作ドラマ化! ついに発見! 秀才弱小野球部が弱いまま勝つセオリー」
城徳高校に中間試験の季節がやってきた。その間、部活動は全面的に禁止。東大を目指す彼らにとって勉強が学校生活の中で最も重要なのは当然のことだが、野球においても練習なくして勝利への道はない。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」4話のネタバレ
中間試験シーズンが城徳高校に到来し、この期間中は部活動をすることは禁止されていた。

彼らは東京大学入学を目指しており、学校生活において勉学に励むことが一番大切であることは言うまでもないのだが、野球においても練習しなければ勝つことは不可能だ。

制限された時間内で野球の練習と勉強を両立できるよう、青志(二宮和也)は城徳高校野球部員だからこそできる方法を考えようとするのであるが…。

その最中、赤岩(福士蒼汰)は父の晴敏(光石研)の助けで経済的に苦労することもなく生活することができており、恋愛も勉強も特に努力しなくても何となく良い感じになることに、この状況を続けていたら挫折を経験することなくダメな大人になってしまうのではないかと思い悩み、修行に取り組むことを心に決める。

璃子(麻生久美子)にそのような様子を見てもらおうと宣伝するのだが…。

ついには「練習相手」に堂東野球部になってもらうために堂東野球部に乗り込むのであった…。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」4話の感想
城徳高校は本当の進学校なのだと感じました。試験期間中に練習禁止というのは野球に本気で取り組もうとしている者にとっては厳しいものなのではと思ってしまいました。1日練習しないだけで感覚など変わってしまうこともあると思うので、このような状況下で他の高校と勝負していくためには、青志が考えているような城徳高校野球部員だからこそできる方法が求められるのではと思いました。監督として対応しなければならないことがたくさんあり、青志も大変なのではと感じました。また、赤岩ですが、急に修行をする気になったようで面白く感じましたが、今後どのような行動をするのかとても気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「初試合! 守備を捨て(秘) ドサクサ打法爆発! 苦学生の大決断と恋の三角関係」
練習試合が決まった。 相手は赤岩(福士蒼汰)の父・晴敏(光石研)の融資を受けて甲子園出場経験のある優秀な監督を招き、急成長中の武宮高校。晴敏が、城徳野球部を痛い目に遭わせようと仕組んだ試合だった。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」5話のネタバレ
練習試合の対戦相手は武宮高校であり、赤岩(福士蒼汰)の父親である晴敏(光石研)の融資で甲子園出場経験のある優れた監督を迎えたことですごいスピードで成長中だ。

城徳高校野球部にひどい経験をさせようと晴敏がセットした試合であるのだが、青志(二宮和也)は何も知らず、序盤に大量得点でコールド勝ちという“ドサクサ”に紛れて得点を稼ぐ“ドサクサ打線”というセオリーから逸脱した方針で試合をすることに。

だが、部員らは各々予想もしない問題を抱えていた。

白尾(中島裕翔)が柚子(有村架純)に真っ直ぐなアプローチを繰り返すことに赤岩は大いに動揺し、亀沢(本郷奏多)は実家の工場が窮地にあると知り、退学するかどうかの決断に迫られていた。

加えて、江波戸(山崎賢人)は岡留(間宮祥太朗)との仲が良好ではないのだが、野球への岡留の熱い気持ちに触れて…。

そして練習試合当日、部員らは各々の問題に対する答えを自分なりに見つけられるのか、また青志はどのような行動に出たのか!?

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」5話の感想
練習試合の様子がとても気になりました。晴敏はただ柚子の母の楓に恋をしていて、考え方が息子と合わないだけであると思っていたのですが、息子が所属している高校をひどい目に合わせようと考えるところなど、少し残念に思いました。息子がいる父親という雰囲気はあまり感じず、自由人なのではと思ってしまいました。またせっかく練習試合をすることになったのにもかかわらず、部員たちの心は違うところにあるようで、こちらも残念に感じました。試合に集中できる状態のメンタルではないと思ったので、この試合は思う通りにはいかないのではと感じてしまいました。試合結果がどうなったのかとても気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「さよならホームラン涙の最終打席…野球部が旅立つ友へ贈る別れの文化祭」
アルバイトをしながら学業と部活を両立してきた亀沢(本郷奏多)が学校を辞めると言い始めた。退学に反対の青志(二宮和也)は両親ときちんと話し合うよう亀沢を諭すが、彼の決意は固い。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」6話のネタバレ
亀沢(本郷奏多)はアルバイトに懸命に励みながら、部活と学業を両方頑張ってきたのであるが、退学すると言い出した。

青志(二宮和也)は亀沢の退学に反対し、両親と話をするように言うのであるが、一度決めた彼の考えは固かった。

一方で、先日の練習試合における実践と打撃集中型の練習の効果があってか、野球部員らのスイングのフォームがしっかりとしてきたのだが、この時点ではタイミングがぴったりと合うところまでには到達していなかった。

青志は部員らの様子をチェックし、新たな戦法を考える。

その最中、文化祭のシーズンが到来し、柚子(有村架純)は亀沢が退学するかもしれない状況にあるということを知り、亀沢を退学の方向に行かせないように、野球部の出し物として亀沢を中心とした企画を考えるのであった。

最終的には、青志が脚本を担当し、亀沢が主役の劇を行うこととなったのだが…。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」6話の感想
城徳高校は進学校であるようですし、その中でアルバイトもしながら学業と部活の両立に努めてきた亀沢はとても苦労していたのではと思いました。一般生徒は恐らく学業優先で部活との両立だけでも苦しいと思うので、亀沢はすごいと感じました。ここまで来たからには退学しないで今後も頑張ってほしいと思うのですが、最終的に亀沢がどのような選択をすることになるのかとても気になりました。柚子はそのような亀沢の状況を知り、文化祭の企画を考えたようで、この柚子提案の企画も亀沢の心に響いてほしいと思ってしまいました。青志が担当する脚本の中身がとても楽しみに感じます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「強化合宿! 男だらけでケンカ続出! (秘)打法で東大にも兄弟喧嘩も恋も勝て!」
亀沢(本郷奏多)が退学してからいまいち元気のない野球部。気持ちを切り替えようと、青志(二宮和也)の提案で堂東学院の合宿所を使って強化合宿を行うことになった。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」7話のネタバレ
野球部は亀沢(本郷奏多)の退学後に活気がなく、雰囲気を変えようと堂東学院の合宿所で強化合宿を行うことを青志(二宮和也)は考える。

個人的な事情で部員たちがそれぞれ文句を言う中、光安(平岡拓真)は特別に気が乗らないようだ…。

それから数日経過し、合宿所に到着するなり堂東学院野球部も共に合宿をすると知った城徳野球部員らは…。

その最中、堂学エースで4番の藤一郎(宮里駿)が突如城徳部員に話しかける。

藤一郎は光安の実の兄であり、中学時代からライバルの白尾(中島裕翔)との対決を夢に野球に励んできた彼の直球の言葉と、堂学のかなりハードな練習内容に触れた城徳部員は本当にこのままで勝てるのかと疑問を感じ始め、部員らの間の雰囲気は良いものではなくなり始めた。

そんな時、浦瀬監督(酒井敏也)が監督を務める武宮高校が堂学合宿所を訪れ、3校が顔を合わせることとなり…。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」7話の感想
スキル不足の上に部員間の仲も思わしくないようでは試合に勝つことは難しいのではと感じてしまいました。堂東学院との合宿は城徳野球部員にとって、この段階では早すぎるのではと思いましたし、気持ち的にも追いつかないのではと思いました。スポーツには気の持ちようも大きく影響してくると思うので、今回の合宿での経験が今後の城徳野球部にプラスに働けば良いなと思いました。練習内容の差やスキルの差を感じて、自信を無くしてしまうようなことがなければと感じました。堂東学院、武宮高校と城徳高校3校が揃うこととなりましたが、どのような展開になるのかとても気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「不祥事!!」
甲子園に向けた県予選、城徳野球部の一回戦の相手が武宮高校に決まった。武宮に勝利しても二回戦で堂東学院と対戦すると知り、赤岩(福士蒼汰)をはじめとする部員たちは意気消沈。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」8話のネタバレ
城徳高校は甲子園を見据えた県予選において、一回戦で武宮高校と対戦することになる。

赤岩(福士蒼汰)を含む部員らは武宮高校に勝利し、一回戦を突破しても二回戦の対戦相手が堂東学院だと知り、肩を落とす。

その上、東大の研究室が再びスタートすると青志(二宮和也)のところに連絡が入り、部員らは次の春には青志が教師を辞めて研究室に再び行くと耳にし、大騒ぎをする。

三條(笹野高史)や柚子(有村架純)は青志に考え直させようとするのであるが、青志の一度決めた決心は固かった…。

その最中、武宮高校、堂東学院、城徳高校が関連した一大事件が発生する。

時を同じくして、武宮高校野球部のために晴敏(光石研)は楓(薬師丸ひろ子)にとある事柄の相談に乗ってもらっていた。

城徳高校野球部や青志にとって、このことが最も大きな試練となるのであった!

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」8話の感想
城徳高校野球部にとって、武宮高校と堂東学院は切っても切れない関係にあるのだと感じました。今後も様々な場面でこの3校が関わることになる予感がしており、少し気の毒に感じました。青志にとってもあまり気分が良いものではないのではと思いました。その青志ですが、東大の研究室が再開するにあたって研究室に戻ろうとしているようで、野球部の監督として力を尽くしていると思っていたのでとても意外に感じました。三條や柚子が説得するも、既に心は決まっているようで残念に感じました。青志にはこのまま教師を続けてほしいと思ってしまいましたし、部員の力で青志の心を動かしてほしいと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「甲子園予選1回戦! 勝てる確率は1.9%なるか!? 弱い奴らの涙の初勝利」
甲子園予選一回戦の武宮戦まで2週間。楓(薬師丸ひろ子)が武宮の特別コーチに就任したことを知った青志(二宮和也)。 柚子(有村架純)と赤岩(福士蒼汰)は反対するが、楓は聞く耳を持とうとしない。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」9話のネタバレ
2週間後に甲子園予選一回戦である武宮戦を控え、青志(二宮和也)は武宮の特別コーチを楓(薬師丸ひろ子)が務めることになったと知る。

楓は赤岩(福士蒼汰)と柚子(有村架純)に反対されるが、聞き入れようとしない。

青志は楓がやろうと考えていることを武宮の練習の様子を目にして理解し、楓のためにも良い試合となるようにしようと心に決め、一回戦勝利に向けて部員らも最後の調整を行なっていく。

メガ振り子打法、流し目スイング、ネジネジ打法に水平斬り打法など、実験を繰り返して生み出した手法で勝つことを目標とする!

いよいよ、武宮高校と城徳高校の試合当日がやってくる。

力があるチームにとっての勝つための理論から逸脱し、ハイリスクハイリターンの“ドサクサ野球”で勝負に勝とうとする城徳高校がこれまで行なってきた“実験”の成果が試される場となる。

青志は城徳のグラウンドにて試合前日に本当に勝てると考えているのかと楓から聞かれ、何と答えたのか?

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」9話の感想
楓は何を思って対戦相手である武宮高校の特別コーチを引き受けることにしたのかとても気になりましたし、晴敏がなぜ楓に打診したのかも気になりました。敵の高校のコーチに自分の母親が就任した柚子は複雑な気持ちだと思いますし、赤岩も何とも言えない気持ちなのではと思います。赤岩に関しては、このことで親子仲が悪くなるようなことがなければと感じました。青志は練習の様子を見て楓の考えを理解したようですが、楓にとっても良い試合をしようという青志の考えが少し気になりました。他の高校の野球部とは異なる独自の練習方法で備えてきた城徳野球部が試合でどのような結果を残すのかとても楽しみに感じます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「へっぽこ野球部に最高の監督あり! 超弱小校が強豪校に勝つ!? 涙のラストへ」
甲子園予選初戦で“弱くても勝てる”ことを証明してみせた青志(二宮和也)たち城徳ナイン。自分たちのやり方に自信を持った部員たちは、その勢いに乗って宿敵・堂東学院撃破に挑む。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」10話のネタバレ
青志(二宮和也)率いる城徳高校野球部は“弱くても勝てる”ことを甲子園予選初戦で証明することができ、部員らは自分たちのやり方に自信を感じ、この勢いのまま因縁の相手である堂東学院との試合に臨む。

堂東学院は俗に言う“勝ちパターン”を持っており、堂学突破のために城徳野球部ができることは、“普通の野球”を相手にさせないことであった。

青志はそのために強打者である白尾(中島裕翔)を4番としたよくある“普通”の打順で相手を負のループに陥らせようという戦法を考える。

岡留(間宮祥太朗)は誰にも負けることのない俊足で相手を混乱させようと考える。

キャッチャーとして打者を混乱させるような戦法に人見知りの江波戸(山﨑賢人)も挑戦する!?

ついに堂学戦がスタートし、赤岩(福士蒼汰)は相手打線に打たれながらもピッチングは安定し、赤岩を含む城徳部員は相手のペースを乱す機会をじっくりと狙い待ちしていた。

城徳打線はコールド負け瀬戸際を保ちながら堂学の勝ちパターンを崩すわずかなチャンスを待っており、その時がいよいよ訪れる!!

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」10話の感想
青志の監督としての指導はすごいと思いました。他の高校ではトライしないような独自の手法を生み出し、勝利へと導いていくことは簡単なことではないと思いますし、青志には研究室に再び戻ることなく、このまま野球部の監督を続けてほしいと思ってしまいました。城徳高校の野球は進学校ならではのものではとも感じました。部員たちも試合に勝つことができたことで、自信を手にすることができ雰囲気も良くなってきているようなので、このままの調子で堂学にも勝利できればと思いました。赤岩や白尾だけではなく、岡留や江波戸もそれぞれの強みを活かして試合に臨もうとしているようですし、どのような結果になるのか気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「卒業…二宮和也、涙の15分間のラストメッセージ!! 失敗を恐れず思いきり振り切れ!!」
受験シーズン本番を迎えた3年生が引退した城徳野球部は、部員不足状態に逆戻り。2年生は練習に励むが、春で学校を辞めることを決めている青志(二宮和也)はどこか上の空だ。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」11話のネタバレ
城徳は、試合に敗れてしまい、3年生は部活を引退した。

柚子(有村架純)たちは野球のことは一旦忘れて、将来のために勉強し出す。

赤岩(福士蒼汰)は、「野球がしたい」と呟くが、柚子に咎められる。

その後、A判定を貰えなくて落ち込む柚子。

赤石は「大丈夫だって!」と珠投げをしながら話す。

そんな赤石に対して、真面目に話を聞いてくれないと腹を立てる柚子。

勢いで、言わなくてもいい事まで口にしてしまう。

居づらくなって先に帰ろうとする柚子に、赤岩は「好きだ!」と叫ぶ。

ついに、お互い素直になれた2人。

一方で、青志(二宮和也)は、楓(薬師丸ひろ子)引退試合ができないことを嘆かれる。

だが、「お気持ちだけで」と謙遜する青志。

そして、卒業式の日がやって来た。

亀沢(本郷奏多)は、高卒認定試験に合格。

嬉しさを嚙み締めた後、制服姿で学校に訪れる。

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」11話の感想
最終回らしくて良いなと思いました。赤岩と柚子がついに結ばれて良かったです。また、亀沢が最後、学校に来たのには驚きました。当たり前のような感じに描かれていましたが、辞めた生徒が卒業式に来るのは、すごいことのような気がします。卒業式後は、野球部で集まって青志から最後の言葉を貰っていましたね。今まで目立たなかった野球部員たちにもスポットが当たっていたのが印象的です。ドラマ内では主要人物以外は、あまり触れられていない感じでしたが、部員1人1人、青志との思い出があるんだなと分かりました。青志含めて全員号泣で、青春を感じましたね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の感想

40代男性
原作も読みました。ドラマはドラマなりの華やかさがありますね。高校生の恋や進路問題なども描いた、青春群像劇の色が濃いです。私自身あるスポーツをやっているのですが、勝つためには既成概念を取り去ったり、常識(と思われていること)を覆すような角度から物事を考えたりなどは非常に重要です。生きていく上でいろんな場面に活かせるヒントが詰まった作品だと思います。
20代女性
ニノもついに先生役をやるようになったか、と感慨深く観ました。生徒役たちがめちゃくちゃ豪華です。福士蒼汰や、中島裕翔、山﨑賢人らイケメンぞろいで、彼らを観ているだけでも眼福です♪こんな面々に囲まれている、マネージャー役の有森架純が羨ましくなっちゃいます!進学校だからかあまりに野球が下手すぎるのですが、そこがまた可愛くて応援したくなります。
30代男性
弱小野球部がどんどん勝ち上がっていく成り上がりストーリーかと思ったら、少し違いました。勝つためには何をどうするのか、理論的な考え方に基づいたチーム作りで、少しずつ強くなる過程が描かれていきます。めきめき上手くなるわけではないけれど、出来ることをよりブラッシュアップしていく手法は現実的で、参考になりました。素敵な仲間たちの青春ストーリーが、笑って泣けます!

まとめ

以上、二宮和也主演のドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

青志先生の指導により成長していく、野球部員たちの姿を描く、笑いと涙の物語

高校生ならではの恋や友情、進路の悩みなども盛り込まれた、青春学園ドラマです。

豪華キャスト陣にもご注目下さい!

TSUTAYA DISCASで弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴